私には郡山に親戚がいます。
地震の時、郡山のおばちゃんは母が電話した時すごく怯えていました。
新地町の母の知り合いは、家の10m近くまで津波が来たといっていました。
その後原発の放射能が問題になって、もしもの事があったら家においでって母は言っていました。
でも、メルトダウンが明らかになった後もここに残りたいって言って離れません。
出来れば事故の直後にでも家で受け入れたかった。でもそれは不可能でした。
私も福島のために何かをしたかったです。だけど・・・何もする事も出来ない。何の力にもなってやれないのです。
被災地の皆様がこのようなのに、私は何もしてあげられない。私は無力でしか無いのです。
私には存在する意味はあるのだろうか?いっそのこと消えてしまった方が世の為かもしれない・・・。

問題の記事は、削除致しました。
最悪の場合、ブログの閉鎖も考えています。

表示: 44

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

8:23pm の 7 月 23, 2011 にある 松宮 浩 のコメント

草を生やす程度の能力さん・・・こんばんわ。

私と同じ指摘された仲間になり申し訳ありませんでした。

自分自身の探求・・・宇宙の真実・実在を探す旅に出たばかり・・・あきらめない女子サッカーの様に宇宙の真理を探しましょう。

惑星直列の情報ありがとう。

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約