★緊急報告★日本に入国した中国共産党スパイに要警戒!

日本や世界や宇宙の動向さんより

中国共産党は、2月以降、複数の国にスパイを送り込んでいるそうです。その目的は反中派の暗殺だそうです。
それと内モンゴルでペストが発生したそうです。中国本土でペストが広がる恐れがあります。それでも日本政府は日本に中国人を入国させるのでしょうか。しかもその中に大量のスパイが紛れ込んでいます。

★今年2月ころから中国国家安全部+宣伝部が大量のスパイを海外に送り込んでいる。少なくとも5千人のスパイが中国から米国、ドイツ、フランス、日本に流入している。華僑総会にも中国のスパイたくさんいる。米国には100人くらいの中国共産党のスパイの記者がいるが日本も同じ。

★日本にも特にこの4月から大量の中国人共産党スパイが入国している。中国共産党に批判的な日本人200人の暗殺名簿が作成された。それらは、マスコミ関係者、歴史家、企業CEO、文化人などを含む。中国共産党はこれらの日本人を暗殺しようとしている。

★米国も同じ。中国共産党は海外で彼らの事実を報道するのを妨害している。中国共産党は崩壊前に何をするかわかからいので警戒すべき。

★昨年11月に内モンゴルでペストが発生。これまでに3人が死亡している。健康課の公文書で内モンゴルの3分の1の地域でペスト菌が発見された。。そのため内モンゴル政府は20トン以上のペストの薬を購入した。内モンゴルでも武漢肺炎の感染が拡大している。同時にペストも発生した。

★日本政府は、中国人の入国を完全に禁止すべき。彼らは武漢肺炎とペストを日本に持ち込む。国民の命を守るために中国人を日本国に入れるのはやめるべき。
日本では武漢肺炎が急激に広がっているが、これから爆発的に広がる。ペストと武漢肺炎が同時進行したら大変なことになる。日本政府は自国民を守るので精いっぱい。

★中国政府はペストについて隠蔽している。米国はこのことを知っている。日本政府はまだ知らない。中国から送られてきた荷物はペスト菌や武漢ウイルスに汚染されているかもしれない。注意しないと日本人にも感染が広がる。

表示: 71

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

6:43pm の 4 月 20, 2020 にある ETseizin のコメント
中国から5000人超のスパイが米日に潜入!目的は情報妨害と反中勢力の暗殺!?/内モンゴルでペストが発生!https://youtu.be/lH7tgzlTnmY

© 2020   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約