米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表

重要度:
  • 次回 2019年3月20日 27:00発表予定
  • [usa][jpn]米ドル/円変動幅-0.411円
  • 結果:--
  • 予想:--
  • 前回:2.5%                     
  • 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
    19年 2.5
    18年 1.5 1.75 1.75 2 2 2.25 2.25 2.5
    17年 0.75 1 1 1.25 1.25 1.25 1.25 1.5
    16年 0.5 0.5 0.5 0.5 0.5 0.5 0.5 0.75
    15年 0.25 0.25 0.25 0.25 0.25 0.25 0.25 0.5
    • ※修正値は反映していません。
    • (単位:%)

    [usa]米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表とは

    連邦公開市場委員会(FOMC:Federal Open Market Committee)とは、アメリカ合衆国(米国)の中央銀行にあたる連邦準備制度理事会(FRB:Federal Reserve Banks)が定期的に開く、金融政策の最高意思決定会合(機関)をいいます。6週間毎の火曜日に年8回開催され、その他にも金融危機などの際には必要に応じて随時開催されます。メンバーは12人からなり、FRBの7人の理事とニューヨーク連銀の総裁は常任委員で、残りの4人は地区連銀総裁が持ち回りします。世界経済の中心である米国金融の最高意思決定会合の為、米国のみならず各国の金利や政策方針などにも大影響を与える重要な指標と言えます。

                        

表示: 78

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

7:29pm の 2 月 20, 2019 にある ETseizin のコメント
現在の米(FOMC)政策金利は2,5%です。2017年は仮想通貨市場も株式市場も大きくブレイクした年でした。15年、16年は仮想通貨が驚くほど低価格でした。2018年は仮想通貨市場が大きく暴落した年でした。仮想通貨市場を含む金融市場の情報を読む時は常に頭に入れておいて損はないと思います。今の経済情勢は、約10年前のリーマンショック発生前の情勢に非常に酷似している感は否めません。それほど世界経済は減速してきているのが現状ですね。金利を上げ続ければ金融危機は発生しますし、低金利政策を続ければ世界経済は回復に向かうことは小学生でも解ることですから。そういえば、この惑星は実験惑星だったのですね。神様にも早めに対策を講じてもらわないとたいへん困ってしまいます。金融危機が発生してしまう前に、ぜひ寝皿を交付してもらいたいものです。

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約