地球からの警告メッセージ! 環太平洋火山帯の活動が活発化、地球全体が地震頻発周期に入っている!

2018年に世界的に大規模な地震の発生数が大幅に増加する可能性について、2017年にアメリカ地質学会が「大地震と唯一の相関関係を持つ過去の事象」として「地球の自転速度が乱れ始めて遅くなっている」という発表をしました。そして現在もその回転速度が 1日に数ミリ秒遅くなっていることが計測されています。自転速度低下の明確な原因は究明できていませんが、ひとつの仮説として、地球のマントルの下を循環する外殻が、時にマントルに「固着」して、その流れが中断することによって起きるという説です。これにより地球の磁場が変化し、地球の自転の乱れを生み出すのではないかということです。

 

これと直接の関係は未確認ですが、2018年に入ってから環太平洋火山帯での地震が頻発しており、96日に発生した北海道地震の直後、日本のメディアは報道していませんが7日と8日にかけて、中米のパナマ、南米のエクアドル、ペルー、チリの4ヶ国で地震が発生。それぞれの震度はパナマでM5・6,チリでM4・8、ペルーでM5・2,エクアドルでM6・2、という規模でした。幸い震源地が山岳地帯であったため、人的被害が僅かであったのは幸いです。 

 

また、世界各地では地球上全ての生命にとって有害な原子力発電所が稼働しています。特に原発の再稼働は絶対許されるものではありません。原発事故が発生すれば、大量の人工放射線が放出され、殺人兵器と化すことを知るべきです。人工放射線汚染は地球全土へ広がり、外宇宙へも影響を及ぼしています。

 

2018年後半も、気象異変、地震、火山噴火、殺人ウィルスの突然発生「毎年流行するインフルエンザもバイオテロの可能性あり」などに十分警戒が必要です。現在の地球上は、いつ何が起きるか分からないサバイバルゲームのような状況です。決して油断してはいけません。これからも地球人類は色々と大変です。

 

普段からリュックにサバイバル用品を備えておきましょう。寝袋、衣料品、靴、スリッパ、缶詰、飲料水、長期保存可能なお菓子、お薬、スプーン、ホーク、ナイフ、ハサミ、一体化になったキャンピングナイフ、ホイッスル、爪楊枝、爪切り、髭剃り、歯ブラシ、ヘアーブラシ、石鹸、ごみ袋、ガムテープ、ウェットティッシュ、タオル、バンドエイド、携帯トイレ、生理用品、ヘルメット、携帯電話と予備バッテリー、ラジオ、懐中電灯「リチウム電池式が望ましい」ライター、マッチなど。

 

原始の地球惑星は、自然豊かな緑と海に覆われていました。特に現代文明になってからの人類はやりたい放題であり、道路をアスファルトで覆い、高層ビルを建設し、世界各地で開発という名で自然破壊を行っています。要するに自分たちの利益しか考えていないため、天罰として災害が起きるのです。まさに現代文明において、人類は大峠に差し掛かっていると言えるでしょう。私たちは現在も大量の化石燃料を採掘し、消費しています。「全世界の自動車メーカーへ警告する! ガソリンを大量に無駄使いする自動車レースは直ちに中止せよ。 F1レースへ復帰など論外である!」 

 

地球惑星は、現在も活動を続ける巨大な生命体であるということを決して忘れてはいけません。人類滅亡への道を辿るか、存続への道を辿るか、選択は皆さん一人一人に任されています。地球外文明の方々も注目しています。☆S.V★

表示: 90

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約