実は先日電車の中で奇妙な人を見かけたのを記憶しています。

大やけどを負った少し目が異様に大きい人!?で、今思うとレプティリアンだったのかもしれません。その人は、手が焼けただれたケロイド状態の異常な人で、普通にスーツを着ていてかばんを持っていた人でしたので、会社員風でしたが、どうも奇妙だったのを記憶しています。誰も何もとがめないしみんな普通にスマホを見ているので気にかけなかったのかもしれませんが、「目が普通の人の二倍位」でしたが、大やけどを負った怪我人風でしたので、みんな見てみないふりをしたのかもしれません。

東京ですから、様々な外国人が既に来日しているので、騒ぎを起こさない状態であれば、普通に宇宙人が乗っていても「異常でない」のでしょうか?でもひょっとすると自分が少し目覚めていて、かれらのカモフラージュする本質を通り越して見えているのかもしれません。

これは近年エリザベス女王の目が異常とか、プーチンが女王に近づかなかぅた等の紹介例の様に、最近のレプティリアン等はカモフラージュする能力が抑圧されているからでしょうか?

アニメでは無いですがコナンが言うように「真実は一つ」でしょう。宇宙人が今、身近に存在していないという思い込みは捨てる必要があると思います。

表示: 77

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2018   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約