荒れる地球は自転軸の傾きの変化ですか

地球のあちこちで気象が荒れたり、謎の陥没が起きたりしています。野生動物が原因不明で大量死したり。

地球の自転軸はいままで23.5度に傾いていました。この角度は、ちょうどいい季節のバランスを生み出しました。

北極圏では北極点がふらふらと移動しているらしい。ポールシフトの前兆かな。それとも自転軸が23.5度から

それ以上に傾き始めたのか…。すでに言われているように、今年から地球に大きな変化がスタートしていて、私たちは

劇的な、場合によっては命がけの変化を体験すると感じています。

表示: 40

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

おしんさんが追加したコメント (水曜日)

よく勉強されてますね。地軸は意識の進化段階を現しており、惑星の次元上昇に伴い地軸移動が起きるようで地球に限ったことではないようです。心の様相が物質重視から神への全託へと変化して行くのに連動しています。以上はスピ的解釈ですが、磁場変動も含め地軸移動も実際起きつつあると聞きますし、そして私自身も日の出、日の入りなどで実感しています。ニビルについてですが、数年前ある本に「一度地球を捨てた人たちが戻ってくる」と書いてありさらに「この存在たちは物質的な体を持たず情報的なプログラムの中で宇宙船を操り、その意識はいつでも物質化できる能力を持っています」「彼らはもうこの地球上に降りはじめています。そして私たちの意識をコントロールし始めています」とあります。ニビル宇宙船説もあり、この話が事実だとするとアヌンナキの存在が浮かび上がります。

© 2017   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約