「おる」ですよ、「おる」

そう心の声が囁いてきた





「織る」に「折る」


「降る」というのもあろう





織るは、織物

折るは、紙を折る折り紙



あっ、紙を同じ音の読み方の「神」に置き換えると「折り神」





そういえば、「紙(神)折り符」というものがあることを思い出した。





以下は下記のリンク先から転載
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

日本には一枚の紙を折ることで神と通ずるとする考えが古来からあります。

神社のしめ縄に下がっている幣や熨斗などがいまもその考えを残したものですね。



神折符は願い事にあわせた形に折ることで願いを叶える力を得るとされるものです。


【紙は神】


紙を折ったり、結んだりして出来た形に特別な意味を持たせる。

これは日本にはこういう独自の考え方があります。

祝儀袋についている水引の結び方が、葬儀や結婚など繰りかえすのは縁起が悪い場合には端を引っ張っても解けない結び方で、出産など何度繰り返されてもおめでたい場合には蝶結びにすることなどがその一例です。



神折符の折り方は熱心な古神道研究家の間でのみ伝えられてきたものとされています。

いま、世界中で折り紙がブームになっているようですが、世界に誇る伝統の折り紙は折り紙=降り・神とする考えが元になっているようです。



一枚の紙をさまざまな形に折ること、そこには形には魂が宿るとする型霊の考えも汲み取れます。

神折符は神に通ずる形に折ることで祈りを神に届け、願いを叶えることができるのです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



紙に神が降る(り)た神折り符



「織る」と「折る」を合わせたものが、私たち日本人には馴染みの深い御守りの姿なのかもしれない



神社で授かる御札も、神に言霊を記して神を降ろしたものと捉えてきたから、私たち大和の民は御札の御前で頭を下げ、柏手を打つのだろう





この国に先人たちから受け継がれてきた尊き習わし



それが、「おる」なのだ





最後に、こんな「おる」も思い付いた



「オルゴール」を「織るゴール」とするとオモシロイ!





縦と横の糸(意図)を織り成し、出来上がった一枚の織物。



それこそが、あなたが生まれる前に決めてきた人生の羅針盤であり、目指すゴールとしたもの





人生とは、私という魂の震えで生じる音たちが連なって奏でる「織るゴール」









※古来から伝わる神折符~一枚の紙から生れる神秘的な力
http://hinoex.com/%E5%8F%A4%E6%9D%A5%E3%81%8B%E3%82%89%E4%BC%9D%E3%...

表示: 176

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

8:39pm の 3 月 21, 2016 にある 獅子 ark 666 のコメント
キャハハハ(*≧∀≦*)
11:08pm の 3 月 20, 2016 にある 獅子 ark 666 のコメント
キャハハハ(*≧∀≦*)

奇行人類観察者さん、UFOに反応してしまったんですね(笑)
2:50pm の 3 月 20, 2016 にある 獅子 ark 666 のコメント
ムフムフ(^-^) 思わず、映画「ハムナプトラ」を思い出してしまいました。UFO、あっ、SS.が降りてくる夢が近いうちに正夢になりそうな予感がしますね。

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約