はじける


弾(はじ)ける


はじける 水しぷき

水ははじけて、飛び散っても、

バラバラになっても

やはり、ひとつひとつの雫は

水にあることに何ら変わりはないのである

水は言う


弾けて、柔軟に、しなやかになれと。。。

私という水は、分離してバラバラになれども、

飛び散った先のカタチ(環境)に合わせて、

一瞬にして姿を変容する

丸い器ならば丸になり、

くねくねの川という器にすら、

その器に身を委ねて私は流れていく

あなたと言う肉体の大部分も水が占め、

あなたも水なのだ

破壊と創造

弾けて飛び散っても、

水は次の瞬間には降りたった先の

新しきカタチ(瓶・甕)を創造していく

何事にも恐れず、

ただ流れていくがいい

行く先にグレンとひっくりカエルような、

大きな大きな大災害が待ち受けていようともである

あなたの恐れも水のように弾けて、

弾けて、立て替えていけばいい

恐れは、祓って、祓って、

弾けてしなやかな心にひっくり返せばいい

そうすることで、結果として、

大難も小難に転じるということが起きてくる

あなたの道は ただ1つではない

あなたの道は360度、

いたるところに道はつくれるのです

水は流れていきたい方向の岩を削ってでも、

破壊して扉を開き、新しい道を流れていく

自由自在に流れていくといい


弾けて、しなやかに流れていくといい

無限の可能性を手にしている、あなたは水なのだから。。。

鬼は内の節分を終えて、

立春という新しいステージの始まりの日が来た

九時

九字

久慈

「Q(九)時羅」、クジラ

「九」は一の位では一番大きな数

不可能という縛りは

あなたの意識を向けることで、

固い岩盤は砕かれて扉が開く

次に行きたい先をみつけたら、

その方向に道をつけるために


魂(霊)という血球の球(キュー)に、

「ゝ(チョン)」をつけよう

それが、あなたを乗せた船の

羅針盤のQ(キュー)サインとなり、


「九の時」を終えて根源の「0(ZERO)」になり、

新しいステージでの航海が始まるのだ

表示: 81

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約