最近はどうだかわかりませんが、
お店で買い物をして、「領収書ください」とだけ言うと、
お店の人はこう言うだろう。

「領収書の宛名は上さまでよろしいですか」と。。。

「上」さまの、おな~~り~~

今までそれが普通のことで、そういうものだと思い込んでるから気がつかなかったけど、お客様は「上さま」なんですよね(笑)

しかも、「上」は「かみ」とも読む


お客様は「上(かみ)さま」です。三波春夫でございます!

それならば、上があるなら「下」はなに?

上と下をくっつけてみたら、

あれれ?

何か上と下をくっつけた漢字があったよな。。。

あっ、山をつければ「峠」となる

「峠」で「とうげ」

「下」は「げ」とも読むから、
「山と上」とで「とう」となる!?

「山上(やまかみ)」→「とう」→「ウトウ」→「ウトゥ」となり、
山の神は、シュメールの太陽神であり、日の出の神であるウトゥ神なのかもしれない!?

そういえば、昨日はウドちゃんと遭遇したしね(笑)


名古屋テレビ系列の番組の撮影でキャイーンのウドちゃんが私の会社の最寄り駅に来ていたんよ


ウドちゃん→鵜土神宮?

なになに?って、思ってたわ、アハハ


それに、1週間ほど前に近所の建物が解体されて、さら地になったところになぜだか峠の釜飯の器がゴロゴロと幾つか転がっていたのはここに繋がるためだったのかな(笑)

目にするものは、すべてがメッセージ

そして、「まぼろし~」

表示: 87

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約