「獅子座の満月」 (ルミナさんのメルマガより転載)

ルミナさんの「獅子座の満月」のメルマガの内容がとても興味深い内容でしたので、シェアいたします

メルマガ第124号
*:::::*:::::*:::::*:::::*:::::*
 【ネオルミナス】Moon Letter
    しし座 満月
*:::::*:::::*:::::*:::::*:::::*

今日24日午前10時46分
しし座で満月を迎えます。

今回の満月は
2016年に発揮する創造性の完成。

しし座の物語は
こちらをご覧ください。
http://ameblo.jp/neoluminous/entry-12120702289.html

この1月前半
2016年創造性を発揮するための
「スペース」が完成しました。

スペースは
それぞれの「志」とエナジーに
あわせて準備できています。

それは、
新しいキャンバスのようでもあり
新しい船と言ってもいいでしょう。

今までのスペースよりも
大きく広くなった場合
体調の不調などあったかもしれません。

わたしたちは
「スペース」と「エナジー」を
からだで調整しています。


そして、1月中ごろは
そのキャンバスに色を塗る
新しい絵具をインストール。

このしし座満月で創造性を発揮する
「こころ(精神・エナジー)」の
完成となります。

新しい絵具(ソフト)を
使うためのこころと脳がそろった
ともいえます。

春に出航する「船」の出来上がりです。

ここからは
しばらく出航のための準備です。

太陽がみずがめ座に滞在している期間
ともに新しい船に乗るメンバー、
ともに地球の希望をひらいていく仲間が
決まっていきます。

この次元の働きをサポートする
惑星や暦の動きは

水星、木星は逆行しながら
わたしたちの「内観」を
サポートし、

変容の冥王星と変革の天王星は
わたしたちの目覚めを促す角度にあり
20日辺りから水星と冥王星が重なっています。

節分まで水星と冥王星は重なりながら
「思考」の転換をうながします。

情熱の火星と夢の海王星は
ゆるやかな角度で
わたしたちの「志」を照らします。

26日水星の逆行が終了
冥王星と天王星、火星と海王星の
「サポート」が解かれ
27日あたりから
ぐっと空気感が変わってくるでしょう。

27日はマヤではGAP
銀河エネルギーが降り注ぐ日。

そして、暦の上では季節のうつりかわりを
あらわす「土用」の期間。

木星は引き続き逆行しています。

まさに船出への「準備期間」です。

これから
さそり座で下弦の月、立春を迎えるまで
それぞれの中に2016年発揮する「方向性」が
より明確に見えてくるでしょう。

見えないときは焦らずに
一度フォーカスを外して
こころやからだを養ったりする時間に
あててみてください。

わたしたちは
こころとからだが満ちていると
正確な判断ができますし
方向性への信頼を持てます。

自分が満ちてあふれるまで
「堪える(こらえる)」
そんな冬の期間です。

「堪える」について
http://ameblo.jp/neoluminous/entry-12119833388.html

満月の瞑想
http://moon-cycle.com/fullmoonmeditation

<今後の星の動きや暦>
※水星逆行中(~1月26日)
※木星逆行中(~5月9日)

1月24日 しし座満月
1月26日 水星逆行終了
1月27日 GAP
1月31日 一粒万倍日
2月1日 さそり座で下弦の月
2月3日 一粒万倍日 節分
2月4日 立春

━━*:--☆--:*━━*:--☆--:━━
 太陽中心の占星術と
地球中心の占星術について。
━━*:--☆--:*━━*:--☆--:━━
メルマガ読者様よりいただきました
質問にお答えいたします。

今回は太陽中心の占星術と
地球中心の占星術について。

これは、同じものを違う方向から
見ていることを表し
どちらも同じです。

たとえば、今月は地球からみると
太陽はみずがめ座です。
太陽からみると地球はしし座に
滞在しているように”見えます”。

地球から見た星座と
太陽から見た星座は真逆
つまり180度の関係性です。

ちょうど、この満月の
月と地球、太陽の関係も同じですね。

太陽はみずがめ座、
月はしし座の領域にあります。

この真逆にある星座って
実は「同じもの」を
真逆の視点からみているだけ。
真逆の視点から学んでいくけど
ゴールは一緒なのです。

みずがめ座もしし座も
創造性の発揮がテーマです。

しし座は「個人」の視点から、
みずがめ座は「社会」の視点から
創造性の発揮にとりくみます。

最終的に学び終えると
「同じ場所」にたどりつきます。

それは、一見違うように
見えるかもしれませんが
わたしたちは、個人から学ぼうが
社会から学ぼうが同じです。

みんなそれぞれの道を
同じ場所を目指して生きています。

このとき人は
この視点の違いをなかなか認められない
場合があります。

これが正しいと思う視点と
その真逆の視点は
実は同じなのです。

いつもわたしたちは
同じ場所を目指していることが
太陽からみた地球の星座
地球からみた太陽の星座
両方の視点を持つことで
視野がひろくなります。

自分の太陽星座を活かしたければ
真逆の地球星座も活かしてあげるといいのです。

そして、どちらがいい悪いでなく
自分のものの見方はこういうものの見方なのだと
知ることに占星術は役立ちます。

それは、同時に他者のものの見方を
知ることでありますね。

そして、これまでは
他者のものの見方を認めて
自分にあわなければ離れるという概念が
スピリチュアルの普及により育ってきています。

それによりみなさんは
それぞれの「平和」を獲得しました。

ここからはその平和なこころ、
「違い」とともに創造していく段階。

創造とは、男女という違いから
赤ちゃんが生まれるように
違うエナジーの混じり合いによって
生まれます。

それ違うんじゃない?
そう思うところに創造性があります。

─────────────
発行者:ルミナ事務局
メール:info@neoluminous.com
HP:http://neoluminous.com
─────────────
●このEメールはルミナメンバーズクラブネオルミナス
【無料メルマガ】登録してくださった方にお送りしています。

表示: 279

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

6:04pm の 1 月 25, 2016 にある 獅子 ark 666 のコメント
人類観察者さんも水瓶座なんですね!
結構、水瓶座って、引き寄せあうのか、私のまわりには水瓶座の人が多いんです\(^-^)/
1:40pm の 1 月 25, 2016 にある 獅子 ark 666 のコメント

出航に向けて阿閉さんのもとへ新たなインスピレーションが降りてきそうですね!

新たな作品ができるのを楽しみにしています

12:54pm の 1 月 25, 2016 にある あべ のコメント

あららラララ♪♪
みずがめ座さん なんですね!
今後とも、よろしくお願いしますm(_ _)m

創造性を発揮するための「スペース」が完成したようですので、
冬の蓄積の時期を越えて、春へ向かって、Let's Go!

「スペース」は、新しい船のようなものと書いてありますね。
春に出航する「船」の出来上がれば、まさに、未来へ向かってGo!
だから、「みなとみらい」だったんですね。

未来へ出航する港。
とっても嬉しいシンクロでした。

出航までに、新しい絵の具をインストールしておきます。
心と脳の準備とバランス。エッサホイサ、エッサホイサ♪♪

12:20pm の 1 月 25, 2016 にある 獅子 ark 666 のコメント

阿閉さんのコメントを読んでいたら、ナルホド~って笑ってしまいました。

実は私は水瓶座なんです(笑)

そして、獅子座の阿閉さんがこの記事に反応したっていうのも、まさしく真逆の星座の関係性から新たに春に出航する「船」の準備のためになにがしらの創造をしていくのでしょうね。まさしく、「みなとみらい」です!!

そうそう、自分で何気なくつけたハンドルネームの「獅子ark666」ですが、獅子=水瓶座ですし、arkは「甕」でもありますし、666は弥勒。面白いな~って、あらためて思ってしまいました。

11:27am の 1 月 25, 2016 にある あべ のコメント

そうそう。昨日は、横浜の「みなとみらい」から、「獅子座の満月」を見ました。

天気予報が外れて、快晴の中、大きい美しい満月を見ることができました。

「みなとみらい」という地名も何かあるのかな??

11:24am の 1 月 25, 2016 にある あべ のコメント

僕も、この記事からたくさんの気付きをもらいました。

みずがめ座もしし座も
創造性の発揮がテーマ。

しし座は「個人」の視点から、
みずがめ座は「社会」の視点から
創造性の発揮にとりくみ、
最終的に学び終えると
「同じ場所」にたどりつく。

僕は、しし座です。
このみずがめ座の始まった時代の自分のお役目が、
少し分かったような気がしました。


獅子 ark 666 さんも、お名前にあるように

獅子を起こすお役目。
どんどん、叩き起こしてください!(笑)

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約