こんなイメージがきた

1週間前に突然、まな板がモノにあたったはずみで真っ二つに割れた

私は実家の離れに住んでいるので、離れということもありキッチンは狭く、以前使っていたヒノキのまな板を置いたらもう空きスペースがなくなるので100均で小さな木製のまな板を買って使っていた

ところで、まな板って、変な名称と思ってしまった

ひょっとしたら、「まないた」の「まない」は

「真名井」かも!?


それならば、「まないた」の「た」は何?

「田」かしら?

あっ、「田」の字だとしたら、真っ二つに割ると面白いことになる!

2つの「日」がひょっこり飛び出てきた!!

2つの太陽

2人のアマテラス

男神と女神の、 2人の日の神

表と裏の2つの太陽

「まな板」は当て字であり、
元々は「まないた」という言霊なのだ

そして、真名とは、無限に溢れ出てくる食のみなもと

食いはぐれることは元々ないのである

だって、己が生み出している現実世界なのだから。。。


喰うために働くのではないのである

あなたの霊を輝かすために、

あなとの生を煌めかせるために働くのだよ

表示: 71

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

11:40am の 1 月 22, 2016 にある 獅子 ark 666 のコメント

まあまあ、また皮肉を仰って。。。(^_^;) ハンドルネームを変更された大量着陸さんは、今までとは違ったカタチで働いていらっしゃるので魂はより一段と輝きと生が煌めいてみえますよ。

私の言葉足らずでした。

働くとは、本来は喰うためにするのではんく、今後はみんなの意識が変わり、働く意味が違ってくるということを言いたかったのです。

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約