今、私たちは地球号という船に乗りながら、
グルグル、グルグルと
廻って、廻って、
洗濯(選択)を迫られている

せんたく機の中で撹拌されて、
時には同胞の闇の泡をかぶることもある

純水で、無垢(69)な仲間の光の泡に
身も心も癒されることもあるだろう

こうやって、グルグル、グルグル、
廻って、廻って、
吐き出したい嗚咽はみんな出して、

よし、これでOKと、
グーなグルになったら完了!

「グル」というと、悪だくみをする仲間というように
悪いイメージを連想してしまうが、
語源を調べてみるとオモシロイ発見があった


************************

語源は諸説あり、同じ輪の中に入る意味で「グルグル」や「包(ぐるめ)」などの略。
江戸時代には着物の帯を「グル」と言っていたため、帯のイメージから連想したとする説があり、どちらも輪になる意味を持つため有力と考えられる。

グル(Guru, サンスクリット語: गुरु)は、サンスクリット語で「指導者」「教師」「尊敬すべき人物」などを意味する単語。「導師」「尊師」などとも訳される。
グールーとも発音する。巨匠、師匠、熟練者なども意味する語。

************************

さて、グーなグルになって、
キレイさっぱりと洗いあがり
命の選択をすることも出来たかい?

どちらの道を行く?


どちらの太陽を選ぶのかい?

また、苦行をおさらいしたいと
せんたく機の中に舞い戻る道を選ぶのかい?

せんたく機の中には
もう旧式のものにあったような芯棒は取り払われ、
代わりに心の御柱が据えられている

それは何を意味するのかい?


もう思い出す時が来ているのだよ

あなたは何ものにも縛られない
自由な存在であったのだと。。。

表示: 98

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

5:04pm の 1 月 22, 2016 にある 獅子 ark 666 のコメント
大量着陸さん、あらまぁ、這い上がらなくとも、最後の一段は引き上げてもらえますので大丈夫です。
それに這い上がりきれなかったのは洗濯機ですよね(笑)せんたく機の方でちゃーんと弥勒世界を選択されてる意志を「大量着陸」というハンドルネームで意思表示されてますから大丈夫です。

人類観察者さん、そうそう、締めの部分でGoogleに繋げようかとも思いましたが、読み方それぞれに違ったGoogle感がありそうなので敢えて止めました。
それに、Googleにもの申して、敵味方みたいな関係を生み出す段階ではないので。。。
最後は闇側と思われた方たちとも、みんな仲良くチャンチャンと締め括りたいですしね☺(^-^)

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約