この世の万物は、元々はすべて尊きものである


宇宙から派生した「借りもの」であり、「仮もの」である





それであるがゆえに、何ひとつとして害なるものはないのだ



人がそれを害あるものと意識し、概念を与えたから
それは同時に人体に、環境に、害あるものとなっていくのである



あなたが「この食べ物は体内でいつか毒と化していく」と思うがゆえに
それはその通りに顕現されていくのだろう





あなたは自分自身が思ったことを現実化することができる魔法使いだということを、
長い間、記憶の中から消し去って生きてきたのだよ



この世には「害」もなければ、「敵・味方の敵」もいないのだ



すべて自分が蒔いた種を刈り取って体験し、味わい尽くそうとしているだけのこと





可笑しき「ひとり芝居」


愉快な人生という冒険者





なぜ日本の言葉の中で、「素敵」という言葉は、敵・味方の「敵」の字を当てはめるのだろう?



「素敵」の「素」は、「そのまま」であり「手を加えていない本質」を意味する。


そのままの敵とは、なんだろう?





そして、問題の「敵」は、接尾語の「てき」で、そのようなもの」という意味を表している。



要するに、「敵」は当て字であり、「素敵」は「素的」とも書くことができるようだ。





また、「出来過ぎ」の倒語の「すぎでき」が変化して、「すてき」になったという説もある。
つまり、「素晴らしすぎて敵わない」といった意味合いからとそのように言うようになったと考えられている。





そして、「敵」という文字から連想されるものに「戦」や、武士の「武」がある。



「戦」は、武器を持って戦う様子を表す形声文字で、単(上下にパタパタ動かす)+戈(ほこ・武器)=戦(武器を持って戦うとなり、意味は「戦う」、「戦(いくさ)」、「戦いにふるえる」などがある。





この『単・單(タン)』という漢字の(上下にパタパタ動かす)というところが重要なポイントとなる。



『単』の意味は『うちわ』、『一枚』、『上下に動く』で、藤製の団扇(うちわ)を動かす様子を表す象形文字。


一枚の着物を単衣(タンイ・ひとえ)、一人で馬に乗ることを単騎(タンキ)、全集などと違って一冊の出版物を単行本(タンコウボン)、ひと振りの刀で敵に切り込むこと・すぐ要点に触れることを単刀直入(タントウチョクニュウ)という。



また、「戦」という字は「たたかい」「たたかう」という意味のほか、「風が吹いたりして、木の葉がそよそよと音を立てる」という意味の「そよぐ」という意味があり、「そよぐ」と読む。


さらに、「戦く」(おののく)とも読む。



「戦」には、「ふるえる」「振動する」の意味の、「顫」のあて字としても使われてもいるが、
ちなみに「そよかぜ」は「戦」の字を使わず「微風」と書くのだが、「風が木の葉を戦がす」とも書く。





次に、「武」についてみていこう。



「武は矛を止むるをもってす」


「武」→「武道」



「武道」という言葉は「武士道」のことをもとは指していたようだが、現代では「武術」を含めた広い意味で使われている。



「武道」の「武」という漢字は「戈」と「止」からできており、「戈」は矛(ほこ)を示し、両刃の剣に長い柄をつけた武器を意味している。



「止」は足跡を表わしていて、「止まる」と「進む」両方の意味で使われている。



このことから「武」は、「矛を止める」=「争いを止める」と言う説と、「矛を持って進む」=「抵抗にさからって切り進む」という二つの説がある。





日本語は、その時代によって変化を繰り返してきた。





また、「武」とは「心」でもあり、その原義のとおり武器を持ち相手に向かって行く心であるともいえる。



目先にある苦労から目をそむけているのでは「武」ではなく、己の力不足を棚に上げ、時代のせいにするようでは「武」ではないのだろう。



つまり、「武」とは、自分に出来る精一杯の力をふりしぼり、向かって行く心なのだ。





これらのことから、「敵」も武士の「武」という字にも、本来の意味合い以外の後付けの意味が加えられ、ひとり歩きしていったように感じる。



元々は己の内側と向き合うという意味合いの「戦」であり、「武」であったのだろう。




「単」の字の意味にみられたように、上下にパタパタ動かすというのは、神道での禊ぎ祓いで行われる鎮魂法であり、体内の背骨と平行して備わっている剣を上下にバタバタ揺り動かすことで、己の穢(けがれ)を祓っていくのである。





布瑠の言

『ひ ふ み よ い む な や ここのたり ふるべ ゆらゆらと ふるべ』






※素敵の語源・由来
http://gogen-allguide.com/su/suteki.html

※「武」説
http://www.geocities.co.jp/Athlete/2338/budo/busetsu.html

※漢字の成り立ち「単」
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/703317/587183/80118059

※合気道から学ぶ
http://www.aikido-shugo.com/index.php?%E6%AD%A6%E9%81%93%E3%81%A8%E...

表示: 174

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

11:05pm の 12 月 28, 2015 にある 獅子 ark 666 のコメント
そうですね。新年会、いいですよね!皆さんとお会いした日を懐かしく思い出します。
6:03pm の 12 月 28, 2015 にある 獅子 ark 666 のコメント
あっ、先程、書き忘れたのですが、私は是非、旅支度さんの講義を受けたいと思います。よろしくお願いしま~~す\(^-^)/
5:04pm の 12 月 28, 2015 にある 獅子 ark 666 のコメント
旅支度さん、こちらこそ、いつも拙い文章をお読みくださり恐縮しております。
講義だなんて、とんでもない。
残念なことに、言葉を吐き出すと、スーっと記憶から消えてしまうので、きっと改めては何も話せないと思われます。
アカシックのように、必要な時に情報を出し入れして、用がすんだらリセットされて消えてしまいます。

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約