パソコンでホームページとしてGoogleの検索画面が表示されるようにしてあるのだが、

今の画面は「ベートベン」

時計の八時は、たまたまなのかな?

再生ボタンの表示があるのでクリックするとお馴染みの「運命」が流れる。

「運命」は、交響曲第5番 ハ短調 作品67はベートーヴェンの作曲した5番目の交響曲である。
日本では一般に「運命」と呼ばれ、クラシック音楽の中でも最も有名な曲の1つだ。

「運命」という通称は、ベートーヴェンの弟子アントン・シントラーの「冒頭の4つの音は何を示すのか」という質問に対し「このように運命は扉をたたく」とベートーヴェンが答えたことに由来するとされる。

交響曲第5番の「5」

作品67の「67」

ハ短調の「8」

そして、年末年始には恒例のベートーヴェンの「第九」があちらこちらで聴かれることになるだろう。

「第九」は、9番目にして最後の交響曲だ。

「このように運命は扉をたたく」

たたいた扉の向こうには何があるのだろう?

表示: 87

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

1:17pm の 12 月 18, 2015 にある 獅子 ark 666 のコメント

ご心配をおかけしたようですね(笑)

いつも考えてるわけないじゃないですよ。

時折、周波数がそちらの方に合わさると、言葉が聴こえてくるだけです。

むしろ、真っさらな状態でないと、依り代にはなれません。

5:01pm の 12 月 17, 2015 にある 獅子 ark 666 のコメント
またまた。。。旅支度さん、「オワッタナ」はいつものお決まり文句ですね (笑)
終わりと始まりは聖なる双子ですから、また始まるのです。
創世記です!
まっ、三次元のDONパッチが終焉するのは大歓迎。
あとは終わりよければ全て良しとなるよう、どう締めくくるかだけですね!

くくる→ググる(Google)

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約