ふと「私は今、女として生きているのか?中性、いや、男になってないか?」と自分に問いかけたくなった

女として、母として、

女性としての性を
生ききっているだろうか?

なぜ、今世では女に生まれてきたのだろう?

この問いには明白な答えが即、出てきた

女性が持つ「しなやかさ」「柔軟性」を発揮して、あらゆる視点から世の中を観察し、見極めるためだ!

今まで永きにわたって女性性を押さえ込む社会が続いてきたのは、この柔軟な見方をされては困るからであったのだろう

女性のしなやかさで、あらゆる面において、調和する方向に促されてしまってはビラミッド構造が成り立たない

様々な隠蔽やからくりも見破られてしまっては統治できないからなのだろう

この大きな大転換の時代に女に生まれてきたことを微笑ましく思う

胸を張って、物怖じせず、
女性だからこそ活かせる力を、
思う存分、発揮していこう!!

表示: 60

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約