目の前に起きてくる出来事には、

無駄なもの、

無意味なもの、

目を背けなければならないものなど一切なく、

それら、すべてが恩恵であり、

それをどう味わい尽くすかで

心はよりしなやかに強くなっていく。

直線よりも曲線のほうが

柔軟で受容力がある。

陰陽は「引用」、

つまり、引くマイナスをどう使いこなすかで、

陽はますます輝きを増していく。

陰陽とは大地の要石であり、

扇の要である。

要となる陰と陽が、

しっかりと手に手を取り合えば、

金の扇の花が咲く

 誰にも見せない泪(ナミダ)があった
 人知れず流した泪があった
 決して平らな道ではなかった
 けれど確かに歩んで来た道だ
 あの時想い描いた夢の途中に今も
 何度も何度もあきらめかけた夢の途中

 いくつもの日々を越えて 辿り着いた今がある
 だからもう迷わずに進めばいい
 栄光の架橋へと…

 悔しくて眠れなかった夜があった
 恐くて震えていた夜があった
 もう駄目だと全てが嫌になって
 逃げ出そうとした時も
 想い出せばこうしてたくさんの
 支えの中で歩いて来た
 悲しみや苦しみの先に それぞれの光がある
 さあ行こう 振り返らず走り出せばいい
 希望に満ちた空へ…

 誰にも見せない泪があった
 人知れず流した泪があった
 いくつもの日々を越えて
 辿り着いた今がある
 だからもう迷わずに進めばいい
 栄光の架橋へと…
 終わらないその旅へと
 君の心へ続く架橋へと…

表示: 277

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

10:58am の 10 月 29, 2015 にある 獅子 ark 666 のコメント

阿閉研一郎さん、いつもコメントをありがとうございます。

日本語は実に面白いし、叡智に溢れています。

この世界の元祖が日本に起因し、日本語にはこの混沌とした世界をひっくり返すほどの秘密が詰まっています。

それを自然に使いこなせる日本人。

真実がどんどん世に出てくると、他国の人は日本語を自由に操る日本人のことを羨ましがるでしょうね。

いや、もう他国の人たちは気づいているのかもしれない。

日本人だけがわからないように情報を伏せられてきた。

私が心の聲とも思える目に見えない存在からのメッセージを意識して耳を傾けるようになった頃の話ですが、メッセージの送り手はよくダジャレを言うのです。

神様って親父ギャグが好きなんだと、当初は思っていたのですが、もっと深い意味があったのですよね。

日本語の同音異義語に日本人の覚醒を促す仕掛けがあるようです。

問題と思えることも、違う視点からみるとプラスに展開していく要素があるんです。

性格の短所が、違った角度からみると長所に思えてこともそうですよね。

陰陽という統合された自分から引き出される光は、清麗で澄み渡るパワーがあるのでしょう。

今まで分離の時代を生きてきた人間の恐れという「マイナス思考」を逆方向に転用させ、「陽」と合致させて新たに生まれ出る新生(神聖)なる光こそが栄光への架橋となって黄金世界ほと導いていくのでしょう。

4:10pm の 10 月 28, 2015 にある あべ のコメント


「陰陽」は「引用」。


「陰陽」が混沌と存在している、
ありのままの世界から
「引用」するのは、誰??


それは、神の似姿で産まれた
私たち人間なのでしょう。


今までは、「陰陽」渦巻く世界から、
陰(闇)ばっかり取り出してきた・・・


もう、いいですよね?
十分ですよね?


これからは、陽(光)を取り出し、
栄光の架け橋となりましょう!!


何度も何度も躓き、
諦めかけて、啼いてきたけど、
魂の旅は、決して終わらない!!


魂が、求め、求めた
希望の王国を創造するのは・・・
「今でしょ!!」


「陰陽」混沌の世界から、
光を取り出せるのは、
少なくとも3次元では、
私たち人間だけなのだから。

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約