森の奥深くで祈りとエネルギーを送り続ける美しい女性アナスタシア

(Sumie Iwakami さんの記事を転載)

とても素晴らしい本に出会いました!

友達からの紹介でこの本の題名は以前聞いていたのですが。

読む機会がきました♡

真理のカケラがちりばめられています!

タイガの森の中で育った、アナスタシアは叡智に富み、身体能力も高く、不思議な感性と力(エネルギー)をもち、筆者ウラジーミルに語りかけます。

『両親は微笑みながら、カタカタ、キーキーと音を出す物体やおもちゃを、宝物のように彼のところへ持ってくる。…赤ちゃんには、人工的な世界が産みだした様々な物が次から次へと与えられる。』

『3歳の子供を畑に連れて行った親は、宇宙の本当の優先順位を乱す、人口のおもちゃを持って行ってしまった・・。』

『子供を連れて庭に出るたびに、新芽が出てるか見せてあげて。そしてあなたがそれをみつけたなら、おもいっきり喜んで、その姿を彼に見せてほしい。』

なにやら深いところで教えられる言葉がたくさん出てきます。

子育て然り。
畑で作物を育てる時も、驚くような方法を語ります!

《闇の勢力》がはびこる現代社会に、《光の世界》を広げようと、シベリア タイガ森の奥深くで祈りとエネルギーを送り続ける美しい女性アナスタシア

これはまぎれもなく真実のお話だと。
はい、ワタシはそう感じました。


嬉しくワクワク、そして考えさせられながら第一巻、読み終えました。

アラモデ☆図書においておきますね(^_^)v♡

表示: 120

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約