造化三神

古事記によればまだ天地も定まらず混沌として時に最初に現れた神は天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)であったとします。そしてその次に現れたのが高御産巣日神(たかみむすびのかみ)と神産巣日神(かみむすびのかみ)で、この三神を一般に造化三神(ぞうかさんしん)と言っています。

http://www.ffortune.net/spirit/zinzya/kami/zoka.htm
http://amatsu-jinja.jp/kamisama/

 

古事記現代語訳

表示: 431

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

11:54am の 8 月 8, 2014 にある 古谷 茂 のコメント

太古に天神第5代天一天柱主大神を祀ったとされる天柱石。下に祭祀跡が残る

「竹内文書」は、謎のヒヒイロカネと呼ばれる金属で造られた神宝類を含む4000点にも及ぶ古文書群であるとされる。「竹内文書」の中の神名天皇名宝巻(かみのみなすめらみことなたからのまき)の系図によると

【天神七代 宇宙天地万物創造の時代】

 

天神第一代元無極躰主王(もとふみくらいぬしのお)大御神
天神第六代国万造主(くによろずつくりぬし)大神
上古二十五代 「天浮舟」で世界をかけめぐったスメラミコト時代
皇統第 3代 天日豊本黄人皇主天皇の時代(第1回大天変地異)
皇統第 4代 天之御中主天皇の時代(第2回大天変地異 500万年前 ムー大陸最初の陥没)
皇統第14代 国常立天皇の時代(第3回大天変地異)
皇統第21代伊邪那岐天皇の時代(第4回大天変地異)
皇統第22代天疎日向津比売天皇(天照皇大神)の時代(第5回大天変地異 20万年前?)
不合朝七十三代

【スメラミコトの世界統治が揺らぐ時代】

皇統26代(不合初代)武鵜草葦不合(たけうがやうきあえず)天皇
不合69代 神足別豊耡天皇の時代(第6回大天変地異・前1500年頃ノアの洪水)

神倭朝

【日本の天皇の時代】

不合73代(神倭初代)神日本磐余彦天皇(神武天皇)

となる。

© 2017   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約