レムリアの記憶を訪ねて:よみがえる太古の智慧(覚書)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

浅川嘉富氏は、縄文文明とマヤ文明は共通するムー文明から派生したという説を提起している。

・・・・・・・・・・

今からおよそ1万2000年前に、一夜にして太平洋に沈んだと言われているのがムー文明である。その時、東の大陸・南北アメリカに渡った人々の末裔がインカ族、マヤ族、ホピ族である。一方、西を目指して逃げ延びた人々は、琉球諸島や日本本土、それに台湾や東南アジアへ渡り、その地の先住民となった。

埴原和郎氏が1991年に提唱した日本人の起源に関する「二重構造説」では、次のように述べている。

「日本人は現日本人と渡来人との混血によって生じたものである。前者は数万年前に日本列島に渡来した後期旧石器時代人から生まれた縄文人で、後者は弥生時代以降に大陸から新たに渡来した集団である。両者の接触によって、九州や本州では両者の混血が進んだが、北海道と沖縄では縄文人の系統が比較的純粋な形で残り、アイヌと沖縄の人々になった」

私は、埴原氏が東南アジア系の縄文人と述べている人々こそが、ムー大陸から移住して来た人々であったのではないかと考えている。元々日本列島にはすでに原住民が暮らしていたに違いないが、ムー文明の高度の知識をもった移住者たちが主導権を握って、 地球規模の大異変で原始時代に戻った文明を、再び開花させてきたものと思われる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プレアデス人は地球の大半の古代文明とかかわりを持ちましたが、中でも日本とは、深いつながりがありました。古代のプレアデス人にとって、とても縁が深い場所の一つに広島県の安芸の宮島があります。実はあの周辺には、その昔、大規模な宇宙人の複合都市がありました。ある地域は通信基地として、またある地域はプロトタイプの遺伝子実験や教育の場として使われていました。宇宙人の居住地域として使われた所もあります。宮島は一大文化交流センターでもありました。日本はレムリア文明圈に属していましたが、アトランティスとの交流もあり、宮島近郊のある都市(※のうが高原)には、アトランティスからの使節が派遣されて文化交流が盛んに行われていました。

宇宙人との交流が盛んだった古代の日本は、当時、南米にあった文明とも交流していました。同じ宇宙人たちが、当時の南米や日本と交流していたとも言えます。このほか日本には、奈良県の天川、丹後半島の天橋立、宮城県の松島を始めとする東北地方など、超古代に宇宙人が行っていたプロトタイプの創成・教育計画と縁の深い地が数多くあります。特に宮島周辺は、プレアデスと地球をつなぐ世界有数の「扉」の一つです。

宮島周辺でプレアデス人がプロトタイプを教育していたのは、約3万年前から10万年前のことです。約1万1000年前、アトランティス文明が崩壊し、世界の多くの地域が太洪水などの天変地異に見舞われた頃まで、こうした都市には人々が住み栄えていました。

真の世界平和に向けて 2(リサ・ロイヤル『宇宙人遭遇への扉』《第10章 日本の役割》より抜粋)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

保存

保存

表示: 6281

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

7:26am の 7 月 1, 2016 にある 古谷 茂 のコメント
7:15am の 7 月 1, 2016 にある 古谷 茂 のコメント

「ウバイド+スメル」がインダス文明を築いた証拠

Yahoo!天気・災害』 

 ※出典:加治木義博言語復原史学会

 大学院講義録 31 26頁



 「図」「ウバイド+スメル」がインダス文明を築いた証拠
 《「ウバイド+スメル」がインダス文明を築いた証拠
 「「ウバイド+スメル」がインダス文明を築いた証拠

 そこで改めてスメル史をみてみると、

 スメルの人々はウバイドたちを滅ぼしたのではなく、

 支配下において組織し、次第に都市国家化を進めていった。

 そうして

 ニップル、
 《ニップル
 「ニップル

 ラガシュ、
 《ラガシュ
 「ラガシュ

 ウル、
 《ウル
 「ウル

 ウルク、
 《ウルク
 「ウルク

 キシュ、
 《キシュ
 「キシュ

 エリドゥなどの
 《エリドゥ
 「エリドゥ

 都市国家群が発達し、

 ウルクには都市の中央に高層建築・ジグラット

 聳えるまでになったので、

 その時代をウルク期と呼ぶ。

 このジグラットが見落としてはならない標識と

 絶対的な力をもつ証拠になっているのだ。

 それが右のスメルの遺跡ニツプルのジグラットと、

 インダス文明の代表遺跡

 モヘンジョ・ダロのジグラットとである。

7:10am の 7 月 1, 2016 にある 古谷 茂 のコメント

一説には、爬虫類人の証拠だとされる子を抱く母親の像が、ウバイド文明から出土している。

山梨県北杜市、つまり八ヶ岳の高所から出土している縄文土器。右の像は、ウバイドと同じ、母のイメージ。

八ヶ岳の麓付近の諏訪では、ウバイド文明と同じころ(紀元前4000年ころ)、縄文時代中期(紀元前2000年ー3000年)の縄文土器、並びにつり目の婦人像が出土している。

古代シュメルのウバイドそっくりな縄文土器

保存

6:45am の 7 月 1, 2016 にある 古谷 茂 のコメント
縄文時代の三内丸山遺跡からは 栗林(植林) ヒスイなどの工芸品 10メートル高の住居 30メートル級の柱群 や ダビデ 古代ユダヤの紋章(隠蔽中?)までも 見つかっています・・・!!

fsdsdfdfffdd.gif

古代日本は 原始的で 文字も無く 漢字を発明した 中国から 日本に文字が伝わった・・・と 学校では習ったと思います。(日本の神代文字が先です!)

fsdsdfdfffddc.gif

しかし その 日本 縄文時代の 巨石や遺跡群から ペトログラフ(古代岩文字)が 全国各地で 見つかっております。 その中には 古代シュメール文字までも・・・・

fsdsdfdfffddcc.gif

約6000年前 忽然と現れた
高度文明(政治・法律・医学・宗教などを完備した)
シュメール文明(イラクのあたり)よりも 
本当は 「日本が先だった!」ということになります・・・!!

現代アカデミズムは 西洋の学問(白人主導)を基礎としており 
本当の歴史(太古は日本が世界の中心だった)は 封印されております
(イギリス王室の管理・・・プライド的に 白人としては、絶対隠したい事実)

その一端が カデミズムが
偽書だとレッテルをはる「竹内家古文書」でありますが
6:40am の 7 月 1, 2016 にある 古谷 茂 のコメント

世界各地に散らばる縄文人の足跡

今日も訪問有難う御座います。今から、約1万2千年程前、ムー大陸は水没し、それをあらかじめ示されていた人達は、 日本列島に逃れたと「聖書の暗号」には示されているそうです。そして彼らは縄文人になりました。ムー大陸で花開いた文明は、日本列島に伝えられたらしいの ですが、平和に暮らしている間に、忘れ去られていったのでしょうか。


その縄文人たちも、おとなしく日本に閉じこもってはいなかったらしいです。千賀一生著「ガイアの法則」には、約6千年ほど前、縄文人の1部がシュメールに渡り、シュメール文明を起こし、大いに栄えた事が書かれています。これから取り上げるのは、今から9300年も前に、日本列島からアメリカに渡った人たちがいたという話です。



日本弥栄の会 今週のコラム より 2013.11.25

世界各地に散らばる縄文人の足跡
http://www.nihoniyasaka.com/contpgm2/w_main.php?oya_id=1&back_id=803#803


【転載開始】私(中矢)は1979年8月から1982年6月まで、米国ワシントン州の南東部にあるケネウィックという町に、留学のため滞在しておりました。


この留学時代のことは、私の処女作である『英会話即戦力』(1989 扶桑社)という本にも書いたのですが、そこは田舎町で、日系人ならほんの少しいましたが、日本人留学生とか、日本からやって来た日本国籍の人というのは私だけでした。


だからよく日本についての講演(スピーチ)を頼まれました。


30年以上前のことですし、田舎町ということもあり、日本人は珍しい存在で、多くの人が日本のことについてなら何でも聞きたがったのです。


アメリカに来て3ヶ月にも経たないうちに、どこかの老人クラブで講演を頼まれたりもしました(英語なんかまだロクに喋れないのに)。


考えてみれば、この頃から私は、講演をやらされていたんですね。


高校の交換留学プログラムでしたので、最初は地元のケネウィック・ハイスクールに一年通い、卒業後は、隣のパスコと いう町にあるコロンビア・ベースン・カレッジ(CBC)に入学し、ケネウィックとパスコを毎日、1,000ドルで買った中古のポンティアックで往復してい ました(よくエンジンがかからなくなり、難儀したものです)。


今思い出しても、何もエキサイティングなところのない平凡な田舎町で、まあ、面白いこともそれなりにいろいろありましたが、全体的には単調で、退屈な日々でした。


日本語を喋る機会がまったくなかったので、英語力はたしかにつきましたが。


ずっと後になってから、どうしてあんなアメリカの片田舎に3年もいたんだろう、きっと何か前世からの因縁があったんだろうなあ・・・と漠然と考えていました。


こんな何もないケネウィックで、全米を揺るがす大発見がありました。


1996年7月28日、コロンビア川のほとりで人骨が発見され、分析の結果、9300年も前のものであることがわかったのです。


しかも、今日で言うネイティブ・アメリカンの骨とは異なるという説が発表されると、全米の注目が集まり、学術的な論争が持ち上がりました。


人骨は、ケネウィック人(Kennewick man)と命名されました。


ケネウィック人とは、いったいどの人類集団に属した人だったのか。


白人説も有力でしたが、結論が出ない状況が続きました。


結局、2000年にニューメキシコ大学のジョセフ・パウエル教授が「アイヌ民族とのより有意なる類似性」を指摘、論争に終止符が打たれました。


2006年の5月には、『TIME』(US版)の表紙をも飾りました。


CBCでは人類学(anthropology)のクラスを取ったことがあるんですが、あの時の先生がもし生きていたら、さぞ興奮しただろうなあと思います。


自分の地元で、9300年前の人骨が発見されたわけですから。


当時(1981年)は映画『レイダース 失われたアーク』が公開され、これを観た先生はめちゃめちゃハマリまくったらしく、もう3回みたとか、友人の考古学者なんか7回もみたんだとか授業で言ってました。


それはまあ、どうでもいいんですが。


ケネウィック人が、今で言うアイヌ民族と「有意なる類似性」が確認されたということは、ケネウィック人は縄文人だった可能性が極めて高ということになります。


9300年も前に、日本列島からアメリカに渡った人たちがいたのです。


私が、ケネウィックなんていう、日本人はおろかアメリカ人でさえ知らないような田舎町に3年も住んだのは、この土地に、それ相応の因縁があったのかもしれません。


もしかすると、その発見された人骨が、大昔に生きていた私なのかも!?


あ、その骨、オレなんですけど・・・となんて。


今週(11月30日)放送予定の『世界ふしぎ発見!』で、このケネウィック人を取り上げるそうですので、私も楽しみに観たいと思います。


おそらく、今後もアメリカ大陸で縄文人の人骨や土器などが発見される可能性は大いにあるでしょう。


彼ら縄文人の末裔が、混交を繰り返して今日のネイティブ・アメリカンになり、南米に行ってマヤ人やアステカ人になっていったのだろうと推察します。


『〔超図解〕竹内文書』シリーズの著者だった故・高坂和導氏が、アメリカに取材に行って帰ってきたばかりの時に、都内のどこかで会って話を伺ったことがあります。


彼は、ネイティブ・アメリカンの言葉には日本語とそっくり同じ単語が多て、あの言葉も日本語で通じた、この言葉も日本語と音も意味も同じでビックリしたと、興奮気味に語ってくれたことを覚えています。


その高坂さんの奥様でいらしたのが、三和導代さん。今月の『玉響』の対談でお話を伺いましたが、その中にも、世界で発見される縄文土器の話が出て来ます。


*****************************


三和 ・・・(略)・・・もう15年くらい前になりますが、高坂とマリ共和国のアラワンとういうサハラ砂漠の奥地に行った時に、風がバーッと吹くと、砂の中から縄文土器の破片が 出てくるのですよ。何でこんなところにあるんだろうって。その破片はまだ家に残ってます。國學院大學の考古学者の小林達雄先生に、高坂がその破片を持参し て見て頂いたのですね。それで縄文土器だとわかりました。ただ、何故そこにあるのかという理由はわからないということでした。


中矢 日本の縄文土器の破片がサハラ砂漠に!?


三和 そうです。普通は見えないのですけど、風が吹くとザーッと砂が動くのですね。その中から出てくるのですよ。


*****************************


この他にも、皇室の16弁の菊花御紋が各地で発見されている話も出て来ます。


私も、エジプトとイスラエルに行った時に、あちこちで目にしました。


『玉響』では、プスセンネス1世のミイラのサンダルにある菊の御紋の写真と、ラムセス2世の王妃の胸像に彫られた16弁菊花紋の写真を載せています。


じつに、興味深いテーマですね。


すでに様々な物証が発見されているのですが、超古代に日本のスメラミコトが世界各地に赴いたとか、縄文時代に日本列島に居 た人たちが世界中に散らばり、北米・南米の先住民族のルーツにもなったという説は、欧米優位の時代にあっては、学会でもなかなか取り上げられることがな かったのです。


これから本格的な調査研究が始まれば、トンデモ本としか扱われなかった『竹内文書』も、その正統性が証明されることになるのかもしれません。【転載終了】



アメリカで発見されたケネウィックが、アイヌ人と極めて類似していたとの事。縄文人達が、弥生人達の日本列島侵略時に北海道に逃れアイヌ人となったと考えれば、話が繋がってきます。


古代のスメラミコトが、今の天皇と血統的に繋がっているかどうかは、今の所はっきりしてはいません。明治天皇は、本当の天 皇の血筋では無いという話も有りますし。でも、世界が徐々に平和に向かい、全てが明らかになる時、神話として封印されていた本当の歴史が、我々の前に現れ る事を期待したいと思います。最期まで拝読有難う御座いました。

1:22am の 6 月 29, 2016 にある 古谷 茂 のコメント

12:26am の 6 月 3, 2016 にある 古谷 茂 のコメント

レムリア文明圏の中心地は日本だった

レムリア文明圏の中心地は中南米でも良かったが、そこでは飲料水の確保が難しい。神々はそれまでに、地球の様々な気候変動を見てきた。それからすると、 いずれ、中南米では飲料水に困ることになると予見された。それ故、飲料水が豊富で気候も良く、将来的に人類が目覚めるまで隔離しておける場所として、日本 が最適だった。
 更に、日本には金鉱脈も豊富だった。よって、“その時”が来るまでの封印の地として、日本が選ばれた。地震や台風の影響はあるとしても。つまり、レムリア文明の真相は、日本が中心となった一大環太平洋縄文文明圏のことである。
 アバエルは牧畜、カ・インは農耕を教えられたので、この文明圏では農耕が基本となった。よって、日本では農耕儀礼が神事の中心となった。かつて、日本の 縄文時代は狩猟ばかりのように思われていたが、20世紀後半からの発掘調査で、かなり早い時期から農耕が行われていたことが証明された。

 大洪水によって、人々の生活は原始的なものへと戻った。その中で縄文土器の出現や竪穴式住居の普及、貝塚などが生まれた。北海道と沖縄では縄文人の系統 が比較的純粋な形で残り、アイヌと沖縄の人々になった。元々日本列島にはすでに原住民が暮らしていたが、大洪水前の高度の知識をもった移住者たちが主導権 を握って、地球規模の大異変で原始時代に戻った文明を、再び発展させていった。

11:16pm の 5 月 28, 2016 にある 古谷 茂 のコメント

入れ墨から見た同祖論

熊本でアイヌ語が関係する名称といえば、真っ先に思い出すのが「チプサン (tibusan)古墳」である。私のHPのトップページを飾っている写真である。古墳の壁画のキャプションにも書いたように、考古学者は古墳名「チプサン」を女性の乳房(チブサ tibusa)からつけられた名前だと述べている。

しかし、それは壁画の一部に丸い円が二つ描かれていることからそう主張しているだけで(下図参照)、それでは、二つの円がなぜ乳房を表しているといえるのか? また、「チブサ」がなぜ「チブサン」となっているのか? それらの理由をまったく説明できていない。これでは見る人を納得させることは出来ない。

古墳のメインの壁画は、トップページに掲載した絵柄を見れば分かるように、そこには7機のUFO(空飛ぶ円盤)を迎えている冠をかぶった王の姿が描かれており、それは女性の乳房とは全く関係がない絵柄だ。ところが、古墳名がアイヌ語の名称であるとすれば、 古墳名の納得のいく説明が出来るのだ。

先日、北海道の白老(しらおい)にあるアイヌ民族博物館を訪ねた際に、アイヌ人の方に「チプサン」というのはどういう意味でしょうかと、尋ねたところ、そ れは「船を降ろす儀式」を意味する「チプサンケ(chipusanke)」のことではありませんか、きっと長い歴史の間に「チプサンケ」の「ケ」が抜けて しまったのだと思いますよと言われた。

「チプ」はアイヌ語で「船」を意味し、「サンケ」は降ろすとか降臨させるという意味である。冬の間陸に揚げておいた丸木船を、春になって漁をするため海や 湖に降ろすのだが、その時に執り行う儀式が「チプサンケ」、つまり、「船を降ろす儀式」というわけである。そう考えると、壁画の絵は、まさに「チプサン (ケ)」(宇宙船を地上に降ろす(着陸)させる際の儀式)そのものではないか。

読者の心眼は、学者先生の説く「乳房説」と私の言う「船降ろし儀式説」と、どちらを選ばれるだろうか?

11:07pm の 5 月 28, 2016 にある 古谷 茂 のコメント

ホピはネイティブアメリカンインディアン

ホピと日本のつながり

はっきりとしたエビデンス(証拠)があるわけではありません。 ホピ族と日本人との共通点が認められて、超古代をさかのぼっていけば、ホピ族と日本人は同じ祖先に行き着くのではないだろうかという説があります。

日本にはカタカムナという神代文字があります。 これは、○に十字を基本につくjられており、ホピのマークに非常に似通っています。

カタカムナとは

ホピのマーク

カタカムナの原型

 

11:03pm の 5 月 28, 2016 にある 古谷 茂 のコメント

【再投稿】GFLJ7/29,2014:ワイタハ長老からのメッセージ 

テ・ポロハウ長老は、ワイタハ族のルーツに ついてこう語りました。

ワイタハ族はシリウスに起源を持ち、そしてイルカ族にルーツを持っています。地球へ は、ムー(レムリア)の時代にやって来ました。

その後エジプト、シリアへと渡り、最終的に 神々によって、水の豊富な島であるアオテアロア(ニュージーランド)へと導かれたのです。

テ・ポロハウ長老によれば、シリウスにルーツを持つ人種はワイタハ族だけではないと言います。日本人、イタリア人、ドイツ人などの多くも、シリウスにルーツを持つことが、古い石版に記されたリストや言い伝えな どに残っているそうです。

ちなみに、シリウスからやって来た人々の特徴のひとつが、「洞窟文化を持っていること」なのだそう。

「私たちの祈りの場であり、教えの場という のは、洞窟を利用して作っています。なぜ洞窟を利用するかというと、大地のクリスタルを活用するためです。クリスタルはDNAに刻まれた未知なる力を加速させてくれるパワーを持っています。

© 2017   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約