(小野寺さんのメールマガジンより)

国賓待遇にされているのに、なぜ、オバマは迎賓館ではなくホテル・オークラに泊まるのか :日本を乗っ取っている勢力から常に暗殺される危機に...

1.嫌々、訪日するオバマ米大統領を強引に国賓待遇する外務省の愚行
 2014年4月23日夕方、オバマ大統領が国賓として訪日するとマスコミは報道していますが、それにしては、日程が直前まで決まらず、オバマは夫人を同行しないし、とんぼ返りの日程です。さらに、オバマ訪日は途中で韓国が介入してきて、結局、オバマは韓国にも立ち寄ることになっています。これも見方によっては、日本滞在時間を極力、短くするためかもしれません。
 いずれにしても、オバマの安倍政権に対する対応はとても積極的なものではなく、今回の訪日をTPP問題解決という名目で、渋々、やっているという印象は免れません。
 一方、日本側、特に外務省は、日米関係の親密さを国民にアピールしたいのか、オバマを無理やり、訪日させようとしているという感じです。
 外務省は、能天気・日本国民は現在の米国覇権が二枚岩であることに気付いていないはずと、われら日本国民を完全に舐めてかかっているようです。
2.オバマはなぜ、訪日を嫌がっているのか
 今回のオバマ訪日は、TPPを推進する米国産業界からの要請ではないかと推測されますが、オバマ自身は、安倍総理とは顔も合わせたくないという本音が露骨に見えます。その結果、オバマは本音では、訪日したくないが、米産業界の要請で仕方なく訪日を決めたのではないでしょうか。
 今回のオバマ訪日は、もちろん、安倍総理本人(実態は日米安保マフィアの傀儡)の意思ではなく、米産業界の要請を受け止める米国務省と外務省の交渉の結果なのでしょう。しかしながら、オバマの嫌日感情が日本国民にも露骨に見えるため、国賓待遇にすれば、オバマの対日態度が少しは和らぐのではないかと外務省官僚は勝手に考えているようです、なぜなら、事大主義で序列主義の彼らは、自分がそうされたら喜ぶからです、しかしながら、オバマは外務省官僚のようなメンタリティは微塵もないので、外務省のやることなすこと、すべて裏目に出ています。
 外務省官僚も警察官僚も、オバマの価値観が理解できず、オバマ訪日中は、首都圏全体で大げさで過剰な警備体制が敷かれるようです、この対応はほんとうに異様です。
3.オバマの対日観とは
 本ブログは、日本を属国化する米国戦争屋のウォッチをテーマにしていますが、オバマは米戦争屋とは対立する米大統領とみなしています。
 その観点から、オバマの現在の対日観を推測すると、韓国同様に日本は米戦争屋のシマであり、安倍総理も外務省も、米戦争屋のロボットに見えるのではないでしょうか。
なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 このようなオバマの対日観を知ったら、オバマの対日反応がよく理解できます。
4.オバマは米戦争屋の傀儡・安倍政権をまったく信用していない
 オバマにとって、米戦争屋の傀儡・安倍政権は、言ってみれば、味方ではなく、対立勢力の一員にしか見えません。さらに、安倍総理はオバマが毛嫌いする極右政治家です。
 オバマの本心をさらに探ると、オバマは、日本での暗殺テロの危険すら感じているのではないでしょうか。日本には、米戦争屋ネオコンCIAの謀略部隊の下請け組織が潜んでいますから・・・。
 一方、中国政府は一部の軍人を除き、アンチ米戦争屋ですから、オバマは先日も安心して、夫人と子供二人を中国に行かせていますが、米戦争屋の属国・日本の場合、いくら国賓として訪問するのであっても、大事な夫人を同伴するのは危険と思っているでしょう。ちなみに、プーチン露大統領が米戦争屋ネオコンCIA謀略部隊による暗殺テロを警戒して、夫人と形式的に離婚している判断と、オバマが日本に夫人を同伴しない判断はよく似ています。
5.国賓オバマはなぜ、迎賓館ではなく、ホテル・オークラに泊まるのか
 報道によれば、オバマは国賓待遇にもかかわらず、迎賓館に泊まらず、ホテル・オークラに泊まるようです(注1)。
 このニュースが事実なら、オバマは、日本政府(オバマと対立する米戦争屋の言いなり政府)をまったく信用していないということです。
 ホテル・オークラは米大使館に隣接しており、地下道でつながっていると言われています。つまり在日中のオバマは、キャロライン・ケネディ在日米大使しか信用していないことを意味します。
 ちなみに、キャロライン・ケネディは、父、叔父、兄を殺したのは米戦争屋ネオコンCIA(安倍政権を乗っ取っている勢力)であることをわかっているはずです、そして、そのことをオバマは知っているはずです。
 なぜ、オバマは訪日を嫌がるか、その本音は、やはり、暗殺テロの危険ではないかと思われます、なぜなら、オバマは2009年に大統領に就任以来、度々、暗殺テロ危機に見舞われているからです(注2、注3、注4、注5、注6)。
 このような事実の数々を知ったら、オバマが米戦争屋の傀儡・安倍政権下の日本を訪問することを極端に警戒する理由がよくわかります。
 ケネディ暗殺の二の舞を避けたいオバマは、その意味でこれまでも巧みに、暗殺テロを回避してきています、したがって、少しでも、危険を感じたら、ただちに、訪日をドタキャンするはずです。
注1:ZAKZAK“オバマ大統領の来日は異例ずくめ 過密日程でも明治神宮参拝…(1/2ページ)”2014年4月22日
注2:ベンチャー革命 No.295『豚インフルエンザ:メキシコの無血占領か』2009年4月30日
注3:本ブログNo.9『舛添大臣の“豚フル”宣言は“獲らぬ狸”であろう』2009年8月19日
注4:本ブログNo.94『オバマ大統領のアジア太平洋地域訪問中止の謎を解く』2010年3月19日
注5:本ブログNo.554『2012年3月20日メキシコ大地震は極東訪問予定のオバマへの威嚇か』2012年3月23日
注6:本ブログNo.557『二期目の大統領選を迎える黒人オバマ米大統領:暗殺されたロバート・ケネディの二の舞にならないことを祈る』2012年3月29日
ベンチャー革命投稿の過去ログ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
1.靖国に合祀されるA級戦犯の孫・東郷元外務官僚が、米国インテリ層の対日観の変化を指摘
 
 2014年4月24日、オバマ米大統領が来日していますが、この日の午前中、テレビ朝日の報道番組モーニングバードで毎週木曜日に行われる、そもそも総研に元外務省官僚の東郷和彦氏(注1)が出演していました。同氏の祖父・東郷茂徳はA級戦犯で靖国に合祀されています。
 
 東郷氏によれば、最近の米国政府要人が安倍政権になって対日観を変えていると証言していました。米国のまともなインテリ層は、日本が戦前の軍国主義国家に回帰しようとしているのではないかと疑い始めているそうです。
 
 この米国インテリ層の対日観を訪日中のオバマ大統領も共有しているのは明らかです。
 
 昨夜の銀座高級すし屋の前でオバマが安倍総理と握手する際、作り笑いしているのは明白でした。そのすし屋の店主は、オバマの安倍総理への態度はビジネスライクで厳しいものだったと告白していますが、予想通りです。上記、東郷氏の証言と符合します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この時期に日本を始めアジア各国を訪問するオバマ大統領の真の意図は何か?世界通貨リセットの動きをメディアがすでに発表し始め、地球外文明の人類への関与が公然の秘密となりつつある状況で、アメリカ政府に巣食う闇の勢力はオバマ大統領と安部総理を動かしてTPP加盟と日中戦争のシナリオの実現を急いでいる。白と黒の帽子をかぶりわけるダブルエイジェントのオバマ大統領は一方では闇のシナリオを演じながら、もう一方で銀河連邦とコンタクトしながら公式発表後の世界に備える裏側の国際調整を進めている。迎賓館ではなく民間のホテルを選んで秘密の行動と協議を行っているのではないだろうか? ☆F★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

表示: 264

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

10:52am の 4 月 27, 2014 にある 藤原 圭祐 のコメント
今回の記事は衝撃的です。すごく理解できます。ホテルオークラで実際、八咫烏メンバーと白龍会メンバーとケネディ大使とで密談をしていたことを想像すると鳥肌が立ちました!!

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約