多元宇宙論(たげんうちゅうろん、Multiverse)とは、複数の宇宙の存在を仮定する仮説である。

バシャールは私たちが生活する現実は実際には3次元+時間の4次元の現実であり、人類は4次元の現実において第3密度から第4密度に移行しつつあるのだと述べている。

リサ・ランドールハーバード大学教授は、実験によって素粒子を観察している過程で突然実験空間から姿を消す素粒子を発見し、その理論的解明に取り組んだ結果、私たちが住み、知覚しているこの四次元世界(時間と三次元空間)と密接した形で、時間、空間ともにひとつ次元の高い、五次元宇宙が存在しているのではないかという理論に到達した。

五次元宇宙には、四次元世界が折り重なるように多層的に存在し、その間を重力子を通して情報のやり取りをしていると言う。

リサ・ランドール 異次元への招待2/4 投稿者 gatsuo

表示: 742

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2017   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約