3・11以降の日本はライトワーカーにとってのテスト会場と化したと言えます。

① どの情報を選ぶか

② 選んだ情報をどう解釈するか

③ 情報の解析に基づいてどう行動するか

今、問われている最終課題は、これまでのチャネリングメッセージを自分自身のものとして血肉化して、他の情報と総合して現在の世界で起きている現象を自分自身の頭で解析するという応用問題でもあるのです。ワシントンポストの論説記事は、その格好のテスト問題だといえます。

安部総理の靖国参拝は、総理個人の信念によるものではなく、裏側で日本政府をコントロールしている闇の勢力の指示による行動だったと考えられます。その目的はワシントンポスト紙の指摘するように、「日中(韓)関係を悪化させる」ことにあります。闇のシナリオは日本を核武装して世界核戦争に日本を巻き込むことにあります。そこで先ず、中国が日本を攻撃する理由を作り出したわけです。

本来、日本国民が祖国のために命を捧げた英霊の御霊を参拝して感謝を捧げることは当然の責務であり、総理大臣が国民を代表して靖国参拝を行ったとしても、それを咎める権限は他国の政府にはありません。しかし、国民洗脳の道具と化した日本の学校教育とマスコミは大東亜戦争の正しい歴史的意義を国民には伝えないまま、日本があたかも犯罪行為を行ったかのように国民に思い込ませてきたのです。

闇の勢力は3・11核テロの後も着々と日本破壊計画を推し進め、都知事選に国民の関心が集中するのを妨げる目的で人工的な積雪被害を作り出した可能性が高いと考えられます。そして、災害でパニックを作り出した裏側でシナリオを推し進めようとしています。

今回、山梨県と埼玉県の秩父市が集中的な被害を受けたことにも偶然ではない意味が隠されていると考えられます。「ビル・ゲイツが軽井沢に広大な地下室付きの別荘を建設中である」という情報と合わせて考えてみると、近い将来に首都圏直下型の人工地震が計画されていて、その避難の候補地をねらって破壊工作を行ったのではないかと思われます。

もちろん銀河連邦(宇宙連合)は闇の計画をキャッチしていて、私たちがそれぞれの地区で緊密な連絡体制を作ることを期待して見守っているはずです。

この2月中が大きな分水嶺となって、3月にはすべてが逆転する勝利が待っていると期待しています。

表示: 143

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約