【用語集】世界を変えるケッシュ財団のテクノロジー公開

ケッシュ財団は過去30年に亘り核研究に取り組んできたM.T. Keshe英語版によって創立された特定の宗教に影響されない非営利組織である。 現在主に取り組んでいるテーマは地球温暖化とCO2、エネルギー枯渇問題、水と食料問題である。

M.T. Keshe氏は1958年生まれる。ベルギーブリュッセル在住。 彼の父はX線技術者であり、若い頃から放射線や核についての情報を世界中に広めたという。 父が70歳代?で、核物理に関するより高度な教育を求め、ヨーロッパに移住した。 

M.T. Keshe氏は1981年にロンドンのクイーン・メアリー大学を卒業。 その後、核反応システム制御(コントロール)に特化した核研究に取り組んで約30年になる。過去にはクリーンで安全な水素エネルギー技術開発も行った。 

2005年末から2006年始めにかけてプラズマ反応器を開発。環境汚染の元とされる二酸化炭素メタンガスを室温・通常の気圧下で液体中に集めて除去することが可能であり、ベルギー大学の調査でも証明されている。

2006年、研究に関する知的財産をオランダにあるケッシュ財団関連施設(Stichting the Keshe Foundation)に移した。主な目的はライセンス料を5つのエリアにある福祉や教育関連施設で分担することである。

ケッシュ財団の所有する技術はフリーエネルギー技術とも呼ばれ、現在の地球科学では一般化されていない技術であり、また、革命的な技術である。なぜなら、この技術が仮に一般化された場合、現在地球上で動いているシステムが根本的に変わってしまうのである。

ケシュ財団 - Wikipedia

日本政府はいつまで新テクノロジーの公開を抑え続けるのか?

Kesh財団は2012年11月2日に核汚染を除去する「重力場宇宙技術」を大使を通して日本政府に手渡したと報告している。

・・・・・・・・・・

Keshe財団は光栄をもってこの発表をします、2012年11月2日に天皇皇室国家の日本がKeshe財団より宇宙船USBスティックを受け取った最近の国です。

SSPプログラムのギフトを日本大使に2012年11月2日13:30に手渡しました。

この日より日本国は環境や周囲の地域に漏洩した放射能を包み込む重力場宇宙技術を使って福島の核汚染を除去し人々を助けることができます。

日本政府へ技術移転するという事はその国が新しいエネルギー供給システムを自ら開発する事を認めています。

それはこの国はここ数年という事態でエネルギー輸入から自己充足する国家へと自立させます。

全ての国に渡すSSP USBスティックの中身は完全に同じであり、同じマスターファイルからコピーされています。それゆえに全ての国はKeshe財団より宇宙リアクター技術の同じ特許並びに設計図を受け取ります。

私達は日本国家がSSB USBスティックを受け取ったことを祝福します。

私たちはこの国の核の問題の現状を助けるため一刻でも早くこの技術を実現化し達成するよう日本政府に我々の技術的フルサポートを提供します。

日本政府への技術移転はKeshe財団より勤勉国家日本へのフリー贈り物として無償にて行われます。

私達は日本国がSSPプログラムの一員になることを歓迎します。

M T Keshe

【転載】11月2日にKeshe財団よりフリーエネルギー技術が日本政府に手渡されたようです 

・・・・・・・・・・

Kesh財団の提供する技術は、核汚染除去にとどまるものではなく、フリーエネルギー・宇宙旅行・新医療など人類の直面するあらゆる問題の解決に貢献するものであることを以下の動画が紹介している。

 

 

表示: 965

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2017   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約