Cobraさんのメッセージで5月25日の満月のポータル開放の記事を見て、早速チャートを出してみました。


すると、太陽と月の間に海王星が割って入りTスクエアを形成しております(上図青丸)。
柔軟サインで発生していますので、海王星の象意通り変化がジワジワと浸透して行くイメージでしょうか。
(天王星や冥王星の様な突発的な変化とはちょっと違うイメージ)
ついでに言いますとこの満月図と私の出生図のMCが同じ度数です(上図黒丸)。
前記事に書きましたが、サビアンシンボルは「労働者のデモ」。
しかし、これはまだ前座に過ぎず、むしろ本番はこちらです。


私の火星回帰図です(出生の火星に経過の火星が合。大体二年に一回)。
この時期は新たな目標を立てるにはうってつけです。
MC近くに土星。土星は現実や制限等を意味し、占星術では何かと嫌われがちですが、
良い意味では義理堅さや地に足を付けるなどの側面もあります。

そして、この土星は海王星と木星と合わさりグランドトラインを形成しています(上図赤丸)。
理想を現実に降ろす絶好のチャンス、と言った所でしょう。

あと、図の青丸は例の冥天スクエアに火星が巻き込まれたTスクエアですが、
この配置はずっと続いてるので私にとっては大した事はありません(もう何も恐くない)。
そして緑丸、ヨードです。詳しい説明は省きますが、一つの目的の為に構成する天体の力を使う、っと言ったイメージ。

これは社会全体にとっても、私個人にとっても、いろいろと変化が激しそうな天体模様です。

表示: 404

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

2:06pm の 5 月 20, 2013 にある Chirnovski(チルノフスキー) のコメント

へびつかい座?を追加するやつですか?>13星座
私の見た情報ではまだ分からないです…。

西洋占星術では、「上の如く下も然り」の基本理念を元に、
360度の世界を12の星座で分割しているので、
本当の意味の13はその両極を統合した時に現れるのでしょう。

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約