来るべき衆議院選挙にはどの様な立候補者を選んだら良いのか?

世界人類が平和でありますように

 選挙ではどんな候補者に投票したらよいのでしょうか。

 私の考えを以下に述べてみます。

 1)核武装は絶対反対する人(天皇の大み心です)

 2)徴兵制も絶対反対する人

 3)東アジア共同体構想に大いに賛成する人

 4)米国とは対等な外交を行と主張する人

 と考えるとやはり国民の生活が第一の小沢さんのグループしか考えらられないですね。

 橋下さんも石原さんも核武装賛成らしいし....

 長瀬正彦さんも同じでしたかね...非常に残念! 

 これから米国経済は凋落の一途を辿り、近い将来確実に米ドルは金融決済の基軸通貨でなくなりますので、

 さらにドル安が進み、さらに米国経済は没落して行くでしょう。

 それとともに、米軍の力も弱くなって行きます。

 そうすると、米国のロックフェラー一族の世界覇権は崩れて行くことになります。

 そして、CIA、ペンタゴンの人々が目覚めて世界平和のために働くようになります。

 そうすると、ロックフェラーやロスチャイルドの命令に従わなくなりますから、世界を統治支配する事は出来なくなります。

 譬えいくらお金を持っていても、軍隊を使っての謀略が出来なくなるのが2012年であると考えられます。

 中国もロシアも戦争をする考えは無いと想います。

 中国が日本に対して戦争を始めれば、中国国内で必ず暴動が起きて共産党はなくなります。

 尖閣諸島も竹島問題も収束して消えつつあります。

 暗黒思想グループが何をやっても成功しないのです。

 それだけ地球界が慈愛の光で包まれているからです。

 ますますこれから、高い振動数に上がって行きますから、もし日本を滅ぼそうとする国が存在したとしても、自滅してゆく

 事でしょう。

 実は、古代日本の神代の時代はそうだったのです。

 日本を侵略しようとする国は悉く滅んで行きましたので、世界の国々は日本の天皇を畏怖し尊敬していたのです。

 ですから、日本の政治家が生命を張って平和外交を推進しなくてはなりません。

 今上陛下が日々数時間に渡り神事を行われて日本と世界の平和を祈って折られるように日本国民も日々祖国と世界の

 平和を祈るべきです。

 そうずる事で、天皇が真の現人神となられて神代の時代の天皇の如くに超人的な能力を発揮される事になるのだと私は信

 じております。

 暗黒思想グループの試みはすべて失敗しています。

 故に、これからは大きなことは何も起こらずに、2012年の年末から人類のDNAが活性化して様々な能力が自然に開発され

 2013年に人類の意識のワンネスのホロン共振が起こり、テレパシーが次第に発達して、多くの世界人類が自他一体感の

 心に到達して、宇宙天使達との心の共鳴が起こって人類と宇宙天使、アガルタシャンバラの人々との交流が始まり、5次元

 への次元上昇を歩み始めるのでしょう。

 以上が現在の私のビジョンです。

 ご参考になさって下さい。

 皆様方に偉大なる創造主の無限の叡智と慈愛の光明の満たされん事を

 

 

表示: 92

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

6:47pm の 9 月 9, 2012 にある 山口 太郎 のコメント


世界人類が平和でありますように
渡辺 学様
コメント頂きまして有難うございます。
ほぼ賛同いただけたようで、嬉しく想います。
東アジア共同体構想については、渡辺 学様のご意見もご尤もです。
しかし、ご存知の通り今回の尖閣諸島、竹島の問題は米国のCIAの謀略の可能性が高く、中国や韓国の国民の総意ではないと私は想っています。
本当は、日本政府の巧みな外交政策で今の状況を沈静化して、アジア諸国同士の話し合いの場をつくらなくてはならないと想います。
各国の本音を訊き出さなくてはならないのです。
アジアの国民は誰も戦争などしたくはない筈です。
一部の極右の人々が暗躍しているだけだと想います。
日本人は感情的に成らずに常に冷静に判断しなければならないと想います。
渡辺 学様に創造主のご加護がありますように

4:21pm の 9 月 9, 2012 にある 渡辺 学 のコメント

3)東アジア共同体構想は、中国の共産独裁をやめて、民主連邦制にする。周辺諸国の軍拡をやめる。中国は南シナ海にどんどん軍を駐留させている。

北朝鮮の先軍政治をやめないかぎり前はすすめません。できて、限定的なFTAとかの経済交流ですね。

あと、周辺諸国が改心するまでの間、諸島は周辺海域の防衛力強化しないとやばいですよ。

今までよりも厳しい尖閣諸島の侵略行為の厳格な処罰。

それ以外の項目については賛成します。

 

 

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約