ロブ・ポッターによるコブラ・インタビュー 17/5/11

PREPARE FOR CHANGE JAPANより転載)

http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2017/05/rob-cobra-intervi...

このインタビューの投稿は猛烈な抵抗に遭いました。収録時には、二つの緊急事故が企てられました。編集と公開時にも二回 のコンピューター・ハッキングが起きましたが、それでもこの記事の公開を止めることは出来ませんでした。投稿は遅らせられたけどね。このインタビューの前 半部は4月上旬に行われた者で、後半部は5月上旬のものです。この情報の公開を嫌がっている特定の利害集団があるようです。
Rob Potter: コブラ、ラジオ番組「光の勝利」へようこそ。おかりなさい。
Cobra : どうもありがとう。
プラズマ界
Rob: 3月28日の最新報告で、ロックフェラーが確かに亡くなっていて、プラズマ界に隠れているということをあなたは確認しましたが、彼はもう捕まりましたか?
Cobra : ええ、実は彼はもうこの惑星系にいません。まもなくセントラル・サンに送られるでしょう。
Rob: あなたの言っているプラズマ界というのは、地球とつながっている部分ですか?それとも太陽系全体?
Cobra : 基本的に宇宙全体はプラズマ階層を一つ持っています。しかし私がよく言っているプラズマ層は地表に近い層です。なぜなら、そこには殆どのプラズマ異常が集まっており、それが問題を起こしているからです。
死亡体験について
Rob: それでちょっと気になるのですが、レプティリアン、ドラコ、またはロックフェラーのような魂の死亡体験は、通常の地球人のそれとは違うのですか?
Cobra : もちろん違います。死後向かう場所は、本人の波動周波数または意識状態によって大きく左右されるからです。平均的なレプティリアンなら、低層のプラズマ 界・低層のエーテル界または低層のアストラル界にいくハメになりますが、高度に進化した魂は捕まらなければ、それらの次元界を高速で通り抜けて高い次元界 に向かうでしょう。
従って、レプティリアンの平均的な死亡体験は、一般人の平均的な死亡体験とすら大きく違うのです。
Rob: 臨死体験について聞きたいと思います。一度は死んだと判断されて、皆が死を悲しんだ状況を自分の体から離れて見ているという体験や、光のトンネルに向かっていくなどの体験がありますが、そういうのも同じ体験ですか?いまはもうそういうことは起きないのですか?
Cobra : いいえ、いまも同じです。唯一の違いは平均すると、数年前に比べて(死後の世界では)光の存在がずっと強くなっているということです。殆どの人にとって、 移行は以前よりずっと安全になっています。誰でも同じというわけではありませんが、ここ数年間で改善されました。
アルコンに捕まった人の割合がだいぶ低くなったという意味の改善です。
Rob: 丁度それを聞きたかったです。転生のプロセスでよくアルコンのワナにハマりますね。
以前のあなたの記事で、ストレンジレット爆弾とトップレット爆弾は邪悪な四人組と主なカバールのメンバーに繋がれていると書いてありました。彼らを逮捕すると、爆弾を起爆させかねないとも示唆しました。その状況は今も変わりませんか?
Cobra : まだ課題は残っていますが、光の勢力はそれを回避するための特定の計画やアプローチを持っています。
詳細はいいませんが、これはやっかいな話題なので、正直に答えることは出来ません。爆弾の起爆につながるいくつかの状況がありますが、防げる場合もあります。これを完全に解消するための計画が進められています。
プラズマ爆弾について
Rob: 前の記事には、もしストレンジレット爆弾の作動が起きた場合、連合勢はその反応を止めることが出来ると言いました。どのように・・・
Cobra : ストレンジレット爆弾はすでに完全に取り除かれています。いま残っているのはトップレット爆弾だけです。
Rob: なるほど。では質問を変えましょう。彼らはトップレット爆弾を止めることが出来るのですか?
Cobra : できる場合はいくつかあります。この反応についての研究はまだ完全ではありませんが、成果は着実に上がり続けています。彼らがそれを完全に把握できるようになれば、それはイベントが起きる時でしょう。
Rob: それは嬉しい話ですね。カバールのメンバーがデービッド・ロックフェラーのような死に方であれば、トップレット爆弾の起爆はないが、彼らが急に襲われると起爆されるのでしょうか。
Cobra : 彼らの死亡そのものがトップレット爆弾の起爆にはつながりません。
Rob: 急襲以外で、起爆につながるほかの要因があるのですか?
Cobra : 爆弾の起爆を決めるのは、非常に複雑かつファジー(あいまい)な論理的アルゴリズムです。いつ、どこで、どんな状況下でそうするか、決めるのは人工知能です。
スカラー波について
Rob: スカラー波によるマインドコントロールの拠点について聞きたいと思います。惑星全体の拠点はブルックヘイブン研究所にあるというのは本当ですか?
Cobra : 完全に正しいとはいえません。ロングアイランドの複数地点にあると言った方が正しいでしょう。ブルックヘイブンはその一つですが、唯一ではありません。状況は最近改善されていますが、主要拠点はロングアイランドです。
Rob: あなたがブログでシェアしたリンクによると、いま稼働中の現場が36箇所ありますが、実際は世界中にもっとあるかも知れません。この HAARP技術の置かれた有力拠点をいくつか教えて頂けませんか?
Cobra : HAARP技術のある場所に関して言えば、世界中にたくさんあります。その多くは知られています。カナダとか、北ヨーロッパとか。
Rob: なるほど。ありがとう。
Cobra : それは大した問題ではありません。HAARP技術は時代遅れの古い技術です。彼らはずっと先進的な移動式ユニットを持っていて、他の場所への移動は簡単にできます。
Rob: 移動式ユニットなんですか?セミトレーラーのようなものですか?それより大きい?
Cobra : かなり小さいのもあります。小さなバンに入れることも可能です。
Rob: これらのネットワークとつながっているキメラ技術が、地下にあるに違いないですね。
Cobra : ええ、この技術には多くのレイヤーがあります。それぞれのグループは、知る必要のある情報にしかアクセスできません。ネガティブ・ミリタリーの一部、特に空軍は、この一部にアクセスできますが、すべてにはアクセスできません。
Rob: これらのマインドコントロール技術は人口密集地帯に置かれていると考えていいですか?
Cobra : ネットワークの一つは人口密集地帯とつながっていますが、もう一つのネットワークは地表を実質的に満遍なくカバーするように配置される必要があります。惑 星全体を低い波動に保つためには、ある特定の波長を維持する必要がありますから。だから、この特定の波長を維持するために、彼らは特定の地点に置いている のです。
Rob: つまり、彼らは私たちや地球に有害な針治療をしているわけですね。
エレクトロニック・ハラスメントについて、多くの苦情がメールで寄せられてきました。これらのプラズマ・スカラー場を作り出す地点が移動式だとしても、ずっと人里から離れた場所に移住すれば、被害を軽減することは可能ですか?
Cobra : 多くの場合、自然のある場所に移動することで、ある程度役に立ちますが、すべてがそうとは限りません。あとお薦めなのは、水が沢山ある場所に移ることです。水はスカラー・プラズマ波を遮断しやすいからです。
Rob: 私はマウイに住んでいるから、だいぶ助かっているのですね。この技術は人工衛星の中にあるのですか?それで地球上の任意の地点にいる個人を狙うことが出来るのですか?
Cobra : ええ、この技術の特定のレイヤーは人工衛星に搭載されています。理論的には誰でも狙うことが出来ますが、最近の状況の進展で、プレアデス勢の艦隊や母船がこれらの一部を動作不能にできるようになりました。
従って、数ヶ月前と比べると、動きはそれほど活発でなくなっています。でも、それはその技術の一レイヤーにすぎません。ほかにも多くのレイヤーがあります。
Rob: それはいいことを聞きました。それにイベントが起きれば、銀河連合の命令一つで、これらの技術の多くは止められますよね。
Cobra : イベントが起きれば、これらは完全に止められるでしょう。
ピラミッド
Rob: それを聞いて安心しました。次はピラミッドに関する質問です。エーテル界やプラズマ界において、人間の体は地球の磁気コアと密接につながっていますが、これらのスカラー波技術はその地球の磁気コアに影響を与えていると言われています。
古代の歴史では、メルキゼデクやほかの先史文明が地球に多くのピラミッドを置いたことはよく知られています。地球の磁気グリッドやレイ・ライン場の安定を図るためだと言われています。これについてはコメントして頂けませんか?
Cobra : ええ、実際の所、ピラミッドは神聖幾何学に基づいて作られたポータルであり、高次元のエネルギーを伝達することが出来、ネガティブなスカラー波技術を打ち 消すことも出来ます。だから、アトランティス時代に、ピラミッドは惑星上の重要地点にネットワークとして置かれていたのです。これらのピラミッドの一部は まだ見えていて、何らかの方法でアクセスできるのです。
闇の勢力はまさにピラミッドの力を恐れています。ピラミッドはネガティブなプラズマ技術の効果を打ち消す重要因子の一つであるため、彼らはピラミッドの科学を抑制しているのです。
Rob: フレッド・ベル博士はいろんなピラミッド技術を作り出しました。彼が使ったピラミッドシステムは、水晶やレーザーを使って人間の意識に介入して、人間の意 識と相互作用を起こして、個人の想念を増幅します。ピラミッドが人間の想念を増幅するのなら、それは内部地球にも影響を与えるのでしょうか。影響を与える としたら、どのように?
Cobra : 実を言うと、フレッドベルが開発したピラミッドシステムは、プレアデスの技術です。彼はその技術を授かりました。その目的の一つは、惑星のコアとつながっている大陸構造プレートの安定化です。
もう一つの目的は人類の意識向上です。さらにネガティブなプラズマ・スカラー・グリッドの効果を打ち消す目的もあります。彼はそのことをよく知っていて、それを意識して活動していたのです。
HAARP について
Rob: そうなんですか。ありがとうございます。HAARPはいまだにプエルトリコのエル ユンケや英国のアセンション島で時空連続体の中で亀裂を生成しているのでしょうか。それともすでに閉鎖されていますか?
Cobra : 前にも言ったように、HAARP技術は時代遅れです。古い技術で、以前ほどの威力はないので、タイムラインに影響を与えることは出来ません。
Rob: 彼らはELF(超低周波)という古い技術をもっていますが、もしかして、いまもまだ地球の電子システムの中で使われているかも知れません。私たちはこの ETによるマインド・コントロール・ネットワークを押しつけられていますが、それに使われている搬送波は何ですか?
Cobra : えーとですね、主に使われている技術はいわゆるモルフィック・チェンバー(形態チェンバー)です。モルフィック・チェンバーというのは、ある種の人工知能 構造体です。それがプラズマ場に影響を与えて、強い電磁場とスカラー波でプラズマ場の形を変えるのです。
実はそれが惑星の周りにあるプラズマ界の形態やデザインを決める技術のことです。惑星の地表全体はこの技術の影響下にあります。
先週から、銀河連合勢はこのモルフィック・チェンバーの除去に着手しました。その結果、人類史上で初めてキメラグループ が触発されて反応しました。彼ら曰く「銀河連合勢が介入するのなら、我々は第三次世界大戦を起こすぞ。」 それが今のシリア情勢を作り出しました。なぜなら、人類史以来、初めて銀河連合勢がそれを取り除こうとしているのです。
地下基地でのレプティリアン遭遇
Rob: この情報を聞いて、皆さん喜んでいるでしょう。排除と関係する話で聞きたいのですが、コーリーやその他の筋から聞いた情報です。国土安全保障局やFEMA の地下基地への急襲作戦で、レプティリアンのことを知らされずに、ETの予備知識がないままで突っ込んでいったら、海兵隊が PTSD になったという話があります。
これらの急襲作戦は本当に起きているのかどうか、あなたのほうで確認出来ますか?
Cobra : 私には確認出来ません。なぜなら、私の情報によると、本当に地下にある地下基地はキメラの基地と光の勢力の基地だけです。ネガティブ・ミリタリーは彼らの 基地を何年も前に失いました。コーリーが話した特定の情報は確認出来ますが、私が確認出来ない情報もだいぶあります。
Rob: では、もし人間の兵士がレプティリアンに出くわす基地を掃討しに行く場合、彼らは事前に知らされるのですか?それともいきなりショックを受ける羽目になるのですか?
Cobra : 前は両方あったと思います。事前に知らされた兵士もいますが、聞いていないのもいます。それも、「知る必要があるかどうか」という基準によるものです。で すから、それは確かに事実です。基地掃討時にレプティリアンに出くわして、精神的に深刻なショックを受けた人が多数いました。
訳注 : 上記のコーリーの話は「最近の放送に出た話」であって、「最近起きた話」とは明確に言っていません。実際の所、コーリーの話にはかなり前の話が多く、ごく最近の話は大抵時期を明確に語っています。昔の話なら、コブラの証言とは特に矛盾しません。
Rob: 次の質問ですが、ポジティブ・ミリタリーが地下の隠れ穴で行っている作戦のことを、トランプは知らないのですね?
Cobra : トランプは情報階層の中では決して高い位置にいるわけではありません。なので、彼の知らされていないことは沢山あります。
闇の勢力の権力構造
Rob: それは同感です。目覚め始めている人は多いのですが、邪悪なプログラムに関わっているカバールの下層メンバーがイルミナティ、フリーメイソン、CFR、 RAND、IMF、世界銀行、WHO(世界保健機関)、300人委員会、多国籍企業などの隠密グループの中に潜んでいることを、彼らは知りません。
また、アメリカではDOJ、NSA、CIA、CDC、司法省、国務省などが強い権力を持っています。
でも、殆どの人はこれらの地球組織が、レプティリアンやグレーなどの敵意を持つ無法者ETによって支配されていることを知りません。
こうして次元間の銀河戦争がいま起きているわけですが、人々がイベントの前に、この地球で起きている板挟み状態について、正しい歴史を全体規模で知らされることはありますか?それともイベントの後ですか?
これだけ沢山のグループがいるのに、私たちが受け取った情報はあちこちの小さな断片だらけなので、全体像を知りたい人は多いです。
Cobra : では、いま何が起きているのか、説明しましょう。あなたは丁度イルミナティの基本構造について説明したので、それについて話しましょう。彼らは普通の人です。あなたが言ったように、舞台裏では、イルミナティやこれらの社会構造を支配している者がいます。
まず、イエズス会です。イエズス会の本当の実力と支配の規模を知らない人は殆どだと思います。いわゆるハザール・マフィアを支配しているのもイエズス会です。それら様々な組織を支配しているのはイエズス会です。
イエズス会の背後にいるのはアルコン一族です。彼らは大昔にアンドロメダ銀河からやってきて、主にヨーロッパの特定の家 系に生まれ変わっています。イルミナティを支配しているのはイエズス会ですが、イエズス会を支配しているのはアルコン一族です。そして、アルコンの背後に いるのは、次元間に棲むET生命体とキメラ・グループです。
レプティリアンやドラコに関して言えば、彼らの大半はすでに排除されており、もはや惑星の情勢に大した影響を与えることはありません。以上は現状についてのちょっとした説明です。
それで、あなたの質問の後半ですが、完全開示はイベントが起きた時だけです。闇の勢力がメディアを支配し続けている限り、完全開示は不可能です。
部分開示についての議論がたくさんありますが、無意味だと思います。もちろん、イベント前では部分開示しか期待できません。
当然、イベントが起きれば、完全開示がもたらされます。
状況を理解していれば、これは合理的な結論です。それ以外は考えられません。従って、光の勢力がマスメディアの支配を手に入れれば、すべては公表されるでしょう。何もかも説明されます。
何が起きていたのか、何が起きているのか、水面下で行われてきたゲームは全て明かされます。
Rob: ドラコやレプティリアンの影響は殆ど取り除かれていて、いま残る相手は最上位のキメラと、アルコンや地球由来の子分だけということですね?
Cobra : ええ、その通りです。過去数年間で、地球上のドラコやレプティリアンの数が最低でも95%は減らされたといっていいでしょう。
イエズス会について
Rob: イエズス会について少し話して頂けませんか?キメラやアルコンが何かを決定を下したとしましょう。彼らはどうやって政治家や個人に行動を起こさせて望み通 りのことをやってもらうのでしょうか。電話をかけるみたいな感じですか?どうやって指示を速やかに伝えるのでしょうか。アルコンから、ISILの隊員ま で、どうやって情報をあんなに早く伝えるのですか?教えて下さい。
Cobra : 分かりました。まず、イエズス会のネットワークについて説明しましょう。イエズス会のネットワークは500年近く前から出来ていました。過去200年間、 西洋で金融制度が広がり始めましたが、それよりも前に、イエズス会はスパイや工作員をあらゆる政府、あらゆる秘密組織、あらゆる場所に送り込んで、完全な ネットワークを稼働してきました。
つまり、彼らはロスチャイルド以前からいたのです。彼らはロスチャイルドを支配していました。ロスチャイルドの前に、彼らは金融システムを支配していました。彼らは18世紀にフリーメイソンに潜入しました。
その潜入によって、200年以上も前から、彼らはすべてのイルミナティの秘密組織に潜入しました。彼らの工作員はいたるところにいるので、それを通じて裏で糸を引けば済むのです。
だから、本当は非常に小さな集団です。イエズス会員が15,000人いるとしたら、イエズス会のネットワークに入っているのは 5~10%くらいでしょうか。残りの人は一般の信者で、上層部に影の組織があるなんて、全く気付いていません。
さらにその中のおそらく1000人ほどのイエズス会工作員は、ある小さいなアルコン集団によって簡単に支配されます。こ の小集団が裏で糸を引けばいいのです。アルコンのネットワークはさらに古い時代から存在していて、もう何千年間も維持されています。このアルコンの古い ネットワークは経験豊富で、イエズス会の新しいネットワークを容易に支配できます。彼らは支配についての知識や経験をたくさん持っているからです。
彼らはマインドコントロールについてのことは何でも知っています。人間が知っていることなら、彼らは全て知っています。それが彼らの強みです。
Rob: では、この1000人のイエズス会員が乳児生贄やら、ブラック・サン崇拝やらに関わっているのですか?
Cobra : そうです。そうです。
Rob: この集団の人達は自分のやっていることを分かっているのですね。欺かれてやっているのではなく・・・
Cobra : 欺かれた訳ではありません。
Rob: 何を指示されてそれを実行するのですね。
Cobra : 彼らは自分の自由意志で、自覚を持ってやっているのです。
Rob: ひどい話ですね。ご説明ありがとうございました。
いろんな人がたまたま私のラジオで、地球解放という良い知らせを聞きましたが、彼らはいまの地球が置かれた隔離状態や人 質状況について十分な知識を持っていません。それでいて、「アメリカ共和国が復活した!」とか、「明日リセットが起きるぞ!」とか、「セント・ジャーメイ ンと大天使が・・・」だとか、そういう情報を言ってきます。
言ってくるのはありがたいのですが、主流メディアに対するバビロニア支配の終焉や完全な真実がテレビで放送されるまで、私は「しばらく待って自分の目で見なさい」と返すしかありません。これらの勝利宣言はどうやって確かめるのですか?
Cobra : その情報源次第です。
Rob: まあそうですね。あなたもその情報源の一つで、コーリーもそうですね。あなたたち二人は明らかにこのエソテリック・ムーブメントの双璧になる存在ですね。コーリーは私にとっては事故現場のレポーターみたいなものです。
彼はごく普通の人間ですが、非常に正直で誠実、物事を違う視点から報告してくれています。
あなたたちの情報はお互いを裏付けていて、多少の違いはありますが、それはそれでいいことです。コーリーは主流寄りで、あなたの情報はどちらかというと哲学的です。
あなたが言っていることは本当だと思うし、信じていますが、本当の終わりを迎えるまでは目に見えませんね。視聴者のために、何かの確証を示して頂けませんか?
Cobra : いいですよ、もちろん。状況は常に前進し続けていますが、この作戦の規模の巨大さを考えると、これが一夜にして達成できることではありません。なにしろ、 闇の勢力が私たちを奴隷にするために、25,000年かけて築いてきた世界の解体が行われているのです。何層もある支配の階層が一つずつ取り除かれている のです。
そのための時間が必要です。見るべき場所をあなたが知っていれば、進展の痕跡が至る所に現れています。もちろん、主流メディアの中で、それも特に西側のメディアでは、何一つ手がかりは見つからないでしょう。
東側の主流メディアの中なら、見つかるかも知れません。代替メディアの中からも見つかります。もしあなたが内なる繋がりを持っていれば、進展ぶりを感じることも出来るでしょう。
だから、見かけの確証をあなたに与えることはしたくないです。あなた自身の内側から湧き出る必要があります。
新世界秩序と終末戦争
Rob: ありがとうございます。その内なる確証、よく分かります。それと、自分が勝利の主張をためらう理由になってい消極性も自覚しています。
勝利が近づいていることは分かっています。おとなしく集団瞑想のようなことを続けるのがいいと思います。それは確実に役立っているのです。
ところで、イエズス会でしょうか、シモン・ペレスがどうやら聖書のワンワールド宗教による新世界秩序を訴えているようですが、それは大衆の支持を得ることが出来ると思いますか?それともただの妄想ですか?
Cobra : ええ、もちろん妄想です。支配している集団の多くはアルマゲドンのような世界終末シナリオを夢見ています。でもその通りにはならないでしょう。彼らは自由 意思を持っているように、私たちも自由意思を持っています。私たちの自由意思はそれに「ノー!」というでしょう。
Rob: 聖書では終末戦争についての予言があります。実際に世界大戦が二回起きました。もちろん、核戦争が許容されないことは分かっていますが、それでも通常戦争 が起きる可能性があります。聖書で予言されている終末戦争のタイムラインは完全に消えたのでしょうか。そういう古代の予言にあったアルマゲドン計画が変 わったのでしょうか。
Cobra : それをゴールにしている集団がありますが、そうはならないでしょう。なぜなら、私たちの集合意識はすでに強くなっていて、多くの人は目覚めており、それに 対して「ノー!」というからです。これらの集団はそれを具現化しようとしていて、実際にそれはすでに限定的に具現化されていたが、それまでです。
白貴族について
Rob: 今度はベンジャミン・フルフォードの言っていることにちょっと意見を述べたいと思います。彼は、グノーシス派の貴族階級がイエズス会に攻撃されていること を言っていますが、物質界でのことです。でも人間社会における政治的支配を考えれば、私はこの貴族階級という概念が大嫌いです。そんな感情を抱いても、銀 河連合のレジスタンス計画を妨げることにはなりませんよね?
Cobra : 彼の言っているポジティブな白貴族というのは、この地球上で何千年間も支配してきた貴族階級とは違うものです。それは精神的な貴族性で、実際にそんな血筋が出来ています。物事によい影響を与える血筋です。
それは名声や富とはさほど関係ありません。どちらかというと精神的な貴族気質です。実際にそれが生まれて来ています。そういう集団が生まれているのです。彼らはこの惑星上でレジスタンスやその他の善良な勢力と協力して惑星解放に努めているのです。
Rob: つまり、彼らは善良で正直で道徳的な人間で、いまの政治情勢の中で、世界を変えるために舞台裏で活動しているのですね。この集団の中で、ETに導かれたり、霊的に接触されている人はどのぐらいいますか?
Cobra : 彼らの多くはこのような認識を持っていません。それでも彼らは導かれています。従って、彼らの多くは接触を受けていないが、霊的な導きは受けています。彼らは光の勢力から様々な影響やビジョン、時に目に見えない助けをもらっています。
Rob: 素晴らしい!あなたが言及していたスペインやスコットランドでの抵抗は成果が出ていますか?金融制度の変化など、具体的な結果が達成されていますか?それとも、光に少しずつ近づいてはいるが、ブレークスルーまでには常に潜り続けて、目に見えないものですか?
Cobra : 具体的な成果は少し出ていますが、これはエネルギーを溜めて、勢いをつけるための運動です。そのエネルギーが一定量まで溜まると、ブレークスルーが起きます。支配勢力はまだそれなりの強さを持っているため、エネルギーの蓄積量はまだ足りないだけです。
Rob: オイルマネーからの脱却運動は成功しそうですか?中国の人民元はすでに準備通貨として公表されていますが、いつになればオイルマネーから脱却できますか?それとも、イエズス会は人民元を支配しようとしているから、彼らがその目的を遂げるのでしょうか。
Cobra : 彼らは人民元を支配しようとしていますが、それは不可能でしょう。なぜなら、中国やロシアでは光の勢力が大きな割合を占めており、イベントが起きた時に完全な代替金融構造として動き出す体制を各国が作っているからです。
実のところ、この金融構造は新しい金融制度への転換において大きな重みを占めています。
後半 - 2017年5月3日
Rob: 金融制度の質問で続きがあります。イエズス会の人民元支配は失敗するだろうとあなたは言いましたが、あまりにも多くの動きがあるため、状況をいまいち把握 できません。金融制度の最前線で、何か明るいニュースが起きているのか、一般人でも分かるように説明して頂けませんか。
Cobra : 東方連合は、代替の金融基盤を完全に機能させるための努力をいまも続けており、進展も確実に起きています。最近の状況報告で、私はそれについていくつかのリンクを入れました。
ただ言っておかなければいけないのは、リセットが起きるまでは結果が出ないでしょう。何かが配達されてくることはありません。リセットが起きるまで、目に見える変化はありません。もし、リセットの前に何かが起きることを期待しているのなら、失望に終わるでしょう。
Rob: なんとかそれを実現させようとしている人たちが水面下で動いていることは・・・
Cobra : ええ、確かにそういう動きはあります。
エレクトロニクス・ハラスメント
Rob: どうやらいろいろ知っていると言っている人はいますが、本当は誰も知らないようですね。
エレクトロニクス・ハラスメントについてもう少し聞きたいと思います。これはどの程度の範囲まで及んでいますか?これは無差別的なものですか?それとも特定の人を狙った攻撃ですか?それとも全体的に攻撃の回数が増えただけ?
Cobra : いくつかのレイヤーがあります。一つは非物質的なレイヤーで、全世界が影響を受けます。これはプラズマ層のものです。
もう一つは実際の移動式物理装置による物理的攻撃です。かなり高価な装置です。
エレクトロニクス・ハラスメントの物理形態攻撃はプラズマ形態のものほど広がっていません。狙われた人達が何人かいて、被害を受けています。それが行き過ぎたため、その状況を解消するための対抗措置が取られたのです。
Rob: あなた自身は個人的にこのレベルの攻撃を受けていますか?
Cobra : その質問に答えるのは望ましくないと思います。
Rob: あなたの近況報告には「キング」という人物が出て来ましたが、それは誰のことですか?あるいは、その地位が表すものでもいいです。少し教えてもらえませんか?
Cobra : その質問には答えられませんね。単純に、惑星の情勢に発言力をそれなりに持っている人のことです。
Rob: ピーター・ハンス・コルベンバックという闇の幹部について教えて下さい。彼はまだ地球にいますか?それともすでに排除されていますか?
Cobra : 彼はすでに排除されています。
Rob: 完全に?だから彼がどこにいるのか、誰も知らないのですね。
Cobra : 彼は排除されました。ええ。
訳注 : ピーター・ハンス・コルベンバックはフルフォードの著書によると、イエズス会の元総長で地震兵器で3・11を引き起こした首謀者だそうです。
チンターマニストーン
Rob: 今度は、私たちに出来ることが何か、建設的な側面から話を聞いてみたいと思います。意識レベルを上げるためのタキオン関連技術の話とか、チンターマニストーンの話とかはどうですか?
Cobra : ええ、もちろん。チンターマニストーンの効果はその大きさと品質に比例します。でも、チンターマニストーンの一つ一つはそれぞれ貴重な宝石です。この惑星にあるどんなものとも比べることは出来ません。
タキオンとタキオン技術
Rob: では、タキオンはどうでしょうか。あなたの技術で、これらの素粒子が水晶とかに注入されていますが、それはどのように役立てられているのでしょうか?
Cobra : タキオンはこの宇宙で一番最初に作り出された粒子です。そのため、タキオンはソースと直接つながっており、物質と組み合わせることのできる素粒子として最高の波動周波数を持っています。
タキオンの注入された物質は、物質として持ちうる最高の波動周波数を持っています。そのため、物質のエントロピーや非物質的エントロピーを減らして光をもたらしてくれるものとして、いまの地表で最も素早く効率的な手段になります。様々な形で役立ててくれます。
Rob: 瞑想では、強い気持ちを持って、セントラル・サンからの光を自分の身体に満たして、地球の中心まで導きますが、その時はある程度のタキオンをもらい受けることになるのですか?
Cobra : そうはなりません。なぜなら、地表から一定の高度の所には膜があります。その膜がほとんどのタキオンを吸収してしまうからです。従って、普通に瞑想をして も、僅かな量のタキオンを引きつけますが、それでさえその膜に阻まれてしまいます。もし、あなたがアセンデッドマスターであれば、技術の助けは要りません が、三次元の世界で通常は技術による支援が必要です。
Rob: インドでは非常に高度のヨガ行者がいますが、彼らなら多少はタキオンを引き入れることが出来ますか?呼び込まれた光はタキオンと違うのですか?
Cobra : 彼らは多少のタキオンを引き入れることが出来ますが、しかし、やはりアセンデッドマスターでないと、ベールを貫く完全な能力は持っていません。
Rob: 一般人はこれらのタキオン化されたものをチンターマニストーンのように手に持てばいいのですか?
Cobra : ええ、もちろん。
Rob: 水晶はどのようにして波動を上げるのですか?水晶でエレクトロニクス・ハラスメントから身を守ることは出来ますか?
Cobra : 水晶は物質が進化して到達しうる最高レベルの形態です。そのため、水晶は物質界に光を定着させることができます。エレクトロニクス・ハラスメントからの保 護に関していえば、プラズマ界ではかなり有効ですが、物質界ではそれほどではありません。それ単体だけでは不十分です。
Rob: スカラー波装置について聞かせて下さい。コンピューターは、コンピューターとプログラムを組み合わせたスカラー波装置だといっている人が大勢います。
コンピューターの中のプログラムでそんな技術を作り出せるのですか?
Cobra : プログラムだけではできません。でも、もしそのプログラムが音または何かの電磁波、特定の重要な周波数による電磁波放射を出しているのなら、ある程度の害をもたらせます。それでもスカラー波を出すのに十分ではありません。
Rob: フレッド・ベル博士はプレアデス人から受け取った技術の中に音、光や色を利用した金星人のヒーリング技術があります。
各チャクラの固有周波数を、特定の色や特定の音の周波数に結びつける一体化システムはありませんか?
Cobra : 先進的なレーザーシステムの開発者なら知っていますよ。現段階では、彼らは音を組み込んでいませんが、レーザー光と通常の光を組み合わせています。非常に有望な技術ですが、エレクトロニクス・ハラスメントに対しても、最も有効な技術の一つだと思います。
ピザゲート関連
Rob: 私もそう感じています。ピザゲートやらペドゲートやらの闇に関して、あなたの知っている情報を教えて頂きたいです。衝撃的すぎて、犠牲にされた幼い子供達 への関心や同情を集めていますが、このシステムは止められているのですか?それとも未だに最大限の活動が続けられているのですか?
Cobra : これは巨大なネットワークです。皆さんの想像よりもずっと広くまん延しています。特にアメリカに多いのですが、世界中で何百何千もの人が関わっています。
私に言えるのは、イベントが起きてこれらが暴露されたとき、これが最も受け入れがたい事実の一つになるでしょう。いま暴露されているのは、ほんの氷山の一角にすぎません。
これに関する偽情報も沢山あります。私はピザゲートそのものについて確認することは出来ません。同じような暴露で、もっと信頼できる情報が他にあると私は思います。
いずれにしても、これは真実の全貌からは程遠いです。予定される暴露は非常に多く、大半の人はショックを受けるでしょう。
Rob: イベントの時、下層階級の小児性愛者は暴かれて逮捕されるのですか?それともカウンセリングを受けさせられるのですか?どのような扱いになるのですか?
Cobra : 様々なケースがあります。強制させられた人もいます。そういう人達は大量のヒーリングを受ける必要があるでしょう。その件に関して、自分の罪悪感に直面し なければなりません。自由意志で加わった人になると、ある種の真実和解委員会によって運命が決まるでしょう。
惑星から排除される者もいれば、セントラル・サンに送られる者も出てくるでしょう。善行を通して自分の過去の行いを償い、バランスを取り戻すように努める人もいるでしょう。彼らは自らが作り出した状況を打ち消して修復する必要があります。
従って、多くの事後処理があり、大変な時期を迎える人も多いでしょう。解消には時間が掛かります。
これは暴露の最も厳しい一面です。これは開示とは言わないでしょう。これはイベント発生時の暴露です。
これは人類を癒やすために通らなければいけない関門です。これが暴露されて対処されて修復されなければ、人類を完全に癒やすことはできません。
ロシアによる NORAD の機能停止
Rob: ありがとう。前回あなたと話した後、ロシアはアラスカの近くで大きな空中パレードを行い、何らかの技術を使っていたようでした。あなたはそのリンクを貼りました。ケシュ財団の技術らしいですが、本当ですか?
Cobra : ケシュ財団の技術ではありません。そのリンクの内容が全て正しいわけではないとも言いました。でも、アラスカに駐留している飛行機の電子通信を妨害できる 先進的な電磁気技術を、彼らが持っていることは確かです。内容は言いませんが、彼らは他にも何かをしました。
私に言えるのは、その状況を利用して、プレアデス人が物質界のその一帯で何かの行動を取ったということです。なぜなら、NORADが停止状態であるため、プレアデス勢の宇宙船が大気に進入したことを彼らは探知できませんでした。その時に面白いことが起きていたのです。
Rob: それは素晴らしい!要するに地上軍とプレアデス勢の共同作戦だったのですね。
Cobra : ええ、その通りです。
Rob: その真相はいずれ教えて頂けるのですか?
Cobra : 出来るかも知れません。これ以上話すことが許可されるかどうか分かりません。現時点では、かなり微妙な話題です。
EMP兵器について
Rob: アメリカのEMP兵器は?アメリカ政府または秘密宇宙プログラムの地上政府がEMPを持っていますか?ロシアのものと比べたらどの程度ですか?
Cobra : 地上にはEMP技術を持っている派閥は様々でたくさんあります。作るのにそれほど難しいものではありません。アメリカ政府だけでなく、米軍、特定の国の政府も持っていて、皆さんが考えるよりもずっと広く普及した技術です。
Rob: その効果はどんなものですか?ロシア軍よりも強力ですか?
Cobra : 地球上の配電網システムを停止させるほどの威力があります。使用されれば、西洋文明を崩壊寸前までもたらすほどの威力があります。
Rob: それは・・・
Cobra : 但し、プレアデス人や光の勢力はこの技術を常に監視しており、その悪用は決して許されません。
Rob: なるほど。ロシアのような使い方は出来ないのですね。彼らがロシアまで行って、NORADの防衛網と同等なロシア側のシステムを停止させることはできないのですね?
Cobra : プレアデス人が許すような目的があれば、可能性はあります。惑星の情勢にとって重要であるため、ロシア軍がこの技術の使用を数回許されました。使用は許可されたのです。
プレアデス人とロシア軍の高官の間にミーティングがありました。エレクトロニクス・ハラスメントが「なんとかしなきゃ」という限界まで来たために、それらの装置の利用が許可されたのです。
もしエレクトロニクス・ハラスメントをそのレベルのままで維持すれば、それなりの行動をとるぞ!ということを、彼らは米軍内の特定の悪しき派閥に対して、その技術を見せつけたのです。そしてそれ以降、エレクトロニクス・ハラスメントはあるレベルまで下げられました。
Rob: ほほう。
Cobra : 完全にはなくなっていませんが、ある程度まで下げられました。
核兵器について
Rob: 長崎への原爆投下以降、地表で使用を許された核爆弾は非常に少数ですが、それでも過去には、核攻撃を仕掛ける試みは何度も起きたそうですが、本当ですか?
Cobra : ええ、本当です。
Rob: それが毎回のようにETによって止められました。だったら、なぜ地上の軍人は核の使用を脅し続けているのでしょうか。決して許されないことを知っているのに。それとも金正恩のような人が実際にアメリカかどこかに核攻撃を仕掛けられると思っているのですか?
Cobra : ET種族の存在についての本当の証拠は極秘事項であることを知っておいてください。本当の証拠を手に入れるためには、軍の中の極めて高い地位についていなければなりません。
米軍の中の最高階級にある大将でさえも、そのような証拠へのアクセスを持っていないと思います。憶測はできますが、でも 軍の方針では、憶測だけでは何もできません。従って、プレアデス人のようなETの存在を確認出来ない以上、彼らの立場としては、核開発を続けるしかないの です。たとえ核兵器が無駄だという憶測があっても。
北朝鮮について
Rob: 北朝鮮の状況が気になります。人権侵害にしてもマインド・コントロールにして最悪の国です。それについては少し話して頂けませんか。
それと、ベンジャミン・フルフォードが今後の展開について予想していますが、あなたの情報源から信頼性を確認出来ますか?
Cobra : 北朝鮮での人権問題は地上で最も恐ろしい悪夢です。1950年代のロシアも、1920年代のロシアもその比ではありません。1940年代のドイツナチスと同じくらいでしょう。それだけひどいです。
背後にある真の悪はイエズス会です。北朝鮮政府と西側の特定の勢力を結びつけているのはまさにイエズス会です。
ところで、フルフォードの情報への質問ですが、もう少し具体的でないとコメントは出来ませんけど。
Rob: 金正恩がロシアに移されて、代わりに彼のいとこかなんかが権力の座に就くとか言っていました。
Cobra : 私の観点からも、レジスタンスの観点からも、その計画はうまくいかないでしょう。なぜなら、それは一個人の問題ではありませんから。対処しなければいけない相手は非常に固い結束を持つ一族です。
それに、イエズス会や西側の特定勢力とつながるネットワークもあります。それが解消されるまでは、北朝鮮で大きな変化は望めません。
やるべきなのは、北朝鮮での人権状況についての認識を高めてもらうことです。それさえ遂げれば、状況が変わり始めるでしょう。
もちろん、イベントさえ起きれば、これらもすべて変わります。
Rob: 北朝鮮の政治やリーダーの内輪をみると、彼らはマインドコントロールされていて、非常に強力なハンドラーが関わっているようです。その通りですか?
Cobra : ええ、もちろん。
Rob: 西側では、大勢の人は喜んでマインドコンロールを受け入れているように思います。北朝鮮で手に入れた絶大な支配を、彼らは地球全体に拡大しようとしているのですか?
Cobra : 実のところ、カバールの特定派閥にとって、北朝鮮は一つの実験室です。
Rob: 彼ら(北朝鮮)のミサイル打ち上げは威嚇以上のものですか?もっと遠くまで到達するミサイルの発射能力を彼らは持っていますか?彼らは繰り返し発射テストを行って恐怖を煽っていますが、その打ち上げは本当の脅威ですか?
Cobra : 彼らよりも強い力が存在していて、それらの打ち上げが決して成功しないように働きかけられているとだけいっておきましょう。
中国・アメリカ・ロシアの状況比較
Rob: 中国情勢について新しい情報はありませんか?大きな国で根深い政治問題があるのは分かっていますが、プレアデス人またはその他の光の勢力によるアプローチで、私たちに教えられる情報はありませんか。
Cobra : 公開できる情報はありません。接触はありましたが、ロシアと同じレベルまで行っていません。中国国内の秘密グループと善良なETとの間に、特定の形の接触は持たれていますが、政府レベルまではまだ届いていません。
従って、現時点で直接的な接触をもつ唯一の国はロシアです。
Rob: アメリカはどうでしょうか。善意のETからの接触を受けた米軍が明らかにいるはずですが・・・
Cobra : ええ。でも、今の状況は少し違います。アメリカの場合は非常に複雑です。軍の中に、非常に強いポジティブな派閥がある一方で、非常に強いネガティブな派閥もあるのです。
緊張関係が余りにもまん延しているため、接触は極めて慎重に行う必要があります。今は本当に用心深くなっています。
Rob: では公開できる計画はないですね。すべては区分化されているのでしょう。
Cobra : ええ。ロシアでは、トップの将校が秘密の場所に出向いて、そこでプレアデスの宇宙船が着陸して、自由に話し合えますが、アメリカではそういうことは一切不可能です。
Rob: ニューヨーク地下のシリウス・プレアデス合同基地に、レジスタンスのリーダー、マイケルがいるとあなたは以前のブログに書きましたね。その認識は正しいですか?
Cobra : それは1970年代の話です。いまの状況は少し変わりました。
Rob: レジスタンスのリーダー、マイケルについて少し教えてもらえませんか。彼はいまも地下深くにいて、守られていますか?
Cobra : ええ。彼は今もレジスタンスのリーダーです。そこにいるし、今も非常に活発に動いています。
レジスタンスへの参加について
Rob: それはよかったです。レジスタンスの活動に関わりたいライトワーカーが大勢いるようですが、情報をシェアしたり、瞑想やブログ以外で、彼らがレジスタンスに協力できる可能性はありませんか。
Cobra : 問題は二つあります。まず、一つは警備と安全の問題です。現場作戦に関わる人間の警備や安全に、レジスタンスが面倒を見ることは出来ません。
ごくまれの場合を除けば、単純に難しすぎるからです。レジスタンスのメンバーであれば、訓練を積んできたため、同じ任務でも効率的にこなすことが出来ます。
地上のライトワーカーのほとんどはそのレベルの任務を遂行するための訓練を受けておらず、必要なスキルも知識も持ってい ません。何か悪さをされて挑発を受けた時、それに動じないための安定感も持ち合わせていません。レジスタンスの任務をこなせられる人はほとんどいないので す。
Rob: それはある程度頷けます。でも、普通の戦争で、命を投げ出してもいいという人達がたくさんいますが・・・
Cobra : それは問題の解決にはなりません。役に立たないのです。高いスキルをもつレジスタンスの一メンバーなら、誰も傷つけずに任務を極短時間内で達成できるのな ら、それをあえて、時間かけてリスクを伴って効率を落としてまで誰かが傷つくかもしれない地上グループにやらせる必要性はありません。そういう選択にはな らないのです。
レジスタンスは効率よく仕事をしたいのです。効率を落とすのではなく。なるべく最小限の被害で最大限の効率を達成したいのです。
惑星の解放は映画のようなロマンスでもなければ、英雄物語でもありません。リアルな現実です。見当違いの理由で参加してくる人がたまにいます。人生の中で何かやりたい、面白いことを起こしたいと彼らは考えていますが、でもこれは本物の戦争です。ゲームではありません。
Rob: 全くその通りです。確かにこれは現実の問題です。でも、人生の余興としてではなく、心から行動を起こしたい人も・・・
Cobra : では、そういう人達にちょっとアドバイスを。自分を教育して、人間性を磨いて、挑発されることのないように、光の勢力に任せられるように自分を鍛えて、信頼を勝ち取って下さい。
たとえば、ちょっとした悪いことで、互いを攻撃しないようになるとか。
そして、関わりたい人達にとって一番重要なレッスンは、他人を攻撃せずに、ケンカせずに、協力し合えるようになることです。それが一番にこなさなければいけない目標です。
その試練を乗り越えた人なら、将来に何か本格的な取り組みに関われるかも知れません。イベントの前であっても。
コブラへの攻撃について
Rob: それはいいことを聞きました。みなさん、識別力とプロテクションのレベルを上げて、自分の考えをコントロールする能力を磨いて、あらゆる攻撃に対処できるように頑張って下さい。
ところで、コブラ、偽情報であなたを攻撃した個人のことですが、タイミングが余りにも良すぎるので、情緒不安定で触発されただけの人でしょうか?それとも、内情に通じた人の申し合わせによる中傷でしょうか。
Cobra : その特定の者はプラズマ界のアルコンによって触発されました。早い話、私の記事が彼の信念体系に合わなかったため、アルコンは彼に何かを書くように「提 案」したにすぎません。自分の信念体系に膨大なエネルギーを注ぎ込んだ人達がいます。その信念体系が損なわれると、その相手を攻撃しがちな人がいるので す。
ディナール詐欺に沢山のお金を投資した人がいます。もし「資金は戻ってこないよ」とか言われると、頭にくるかも知れません。理由は同じです。
それに、それは組織的な攻撃の一部でした。ご存じのように、コーリー・グッドも数日後に攻撃されました。同じキャンペーンの一部でした。
Rob: その人は物質界でアルコンの接触を受けたのでしょうか?それともすべてはプラズマ界で起きたこと?
Cobra : いいえ、接触は受けていません。それはプラズマ界からの「提案」にすぎません。私の記録には多くの例があります。個人がそれぞれのスピリチュアル・ガイドから「私を攻撃しろ」という指示を受ける場合があります。そんな感じのことです。
Rob: なるほど。前回中断されたインタビューを再開してくれて感謝しています。来て頂いて光栄です。このインタビューをなるべく早く公開したいと思います。どうもありがとうございました。
Cobra : ありがとうございました。なるべく早く公開したいですね。
Rob: ええ、そうします。視聴者の皆さん、ありがとうございました。光に勝利を!
Cobra : 光の勝利を!ありがとう。

翻訳: Shigeru Mabuchi / PFC-JAPAN Official Group

表示: 22

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2017   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約