忘年会に参加された皆様方お疲れさまです。楽しい会になったようですね。

宇藤さんの報告を見て感じたのですが、一つの時代の「忘年会」として相応しいイベントになったのではないかと思います。

私の勘ですが、冬至明けの明日から新しいステージが始まる。 例えば「UFOの時代」から「宇宙船の時代」というように次のステップに移る節目になるということです。(勘というより希望ですけど)

 

宇藤さんの報告「上空にまず白い宇宙船が2〜3機~」、つまりUFO目撃談ですよね。

そして「私のスマホの写メでは画像に捉えることができませんでしたが~」、 このくだりを見て、あっ、本物だなと思いました。

おそらくこれが今日(今年の冬至)までに許されているギリギリの範囲だと思うからです。

私の中では、明らかな宇宙船目撃(宇宙船にしか見えない映像)は、ほぼフェイクで、 UFOとして扱われる目撃(あれなんだろうな的な映像)が本物、とみなしています。

そして、日が長くなり始める明日からが、新しい時代の幕開けになるのではないかと期待しています。

これからは宇宙船は宇宙船として捉えられる時代になれば良いなと思います。

 

いや、「良いなと思います」ではなく「そうなる世界に自分は居ます」という宣言を しておきますか。

表示: 106

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

1:02pm の 12 月 23, 2013 にある 星野 のコメント

番組での「ゆんゆんゆんゆん…」「ふぁんふぁんふぁん…」という 掛け声そのものには

特に意味がなく、その「けなげさ」「純真さ」が 呼んだのだろうと思う。

地球のみんながそのような志で空を見上げたら、あっと言う間に 宇宙船着陸まで進む事ができると思うなぁ。

やはり「輪」を広げていくこと、その一言に尽きる。

 

9:42pm の 12 月 22, 2013 にある 星野 のコメント

たけしの特番見終わりましたが、あの屋上に現れたUFO群は期待以上でした。

当フォーラム忘年会でのUFO目撃も、あんな感じだったのかな? かなり興奮しただろうなぁと思います。

この番組が今日という日に放送されるというのも、意味があるのだろうと思います。

放送日が今日だからこそ現れた気がしますね。 今回の放送により、明日から、人々の意識が変わることを期待します。

 

イベントのコメント欄に

>宇宙船だと確認できる状態で撮影できたとしても、

>信じない人には否定されるだろうという思いがありました。

とありますが、全くその通りで、仮にSF映画に出てくるような宇宙船画像が 撮れ公開すれば、

おそらく当フォーラムは、捏造したとボロクソに叩かれ 火だるまになると予想されます。

なので、映れなくて良かった気がします。

それより、その場に居た参加者の感動をエネルギーにして、宇藤さん経由の メッセージにある、

>余計なことに惑わされず、今は宇宙の兄弟たちを迎え入れる準備を淡々と進めなさい!

>横の繋がりを強固なものとし、それぞれが煌めく態勢を築きなさい!

>己に誇りをもち、お互いを讃えあいなさい!

ということが大事なんだと思います。

しかもそれは難しい事ではない、 そういう時期に来ているのではないかな。

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約