コブラ情報12/11,2016:キメラグループの掃討に伴う世界情勢の進展

PREPARE FOR CHANGE JAPANより転載)

2016年12月11日

キメラグループの掃討が続いています。私たちは、ヤルダバオートという生命体や残りのすべてのプラズマ・トップレット爆弾を除去する最終フェイズに入っています。
 
この進展により、レジスタンス・ムーブメントは地表の情勢に対して、より積極的な介入ができる段階まで到達しています。現在、アメリカ、ロシア、インド、エジプトなどの国内にあるポジティブな軍組織のイベント前の解放作戦に対して、レジスタンスの情報員は戦略的なサポートを提供しています。これはまもなくシリア、イラクやウクライナの状況改善に反映されるでしょう。
 
残念なことに、アレッポの解放に伴い、どうやらダーイシュ(イスラム国)はシリアにあるもう一つの重要なヴォルテクスであるパルミラを奪還したようです。
それでも、パルミラが再度解放されるのは時間の問題でしょう。
この報告の冒頭に言及した各国の軍部内では、ポジティブ派とネガティブ派の間に静かな戦争が行われています。この戦争の大半の部分は、諜報活動や対敵諜報作戦によって行われ、決して一般住民に知られることはないでしょう。片方は銀河の光の勢力で、もう片方はキメラ・ドラコ同盟で、軍はこの両者の代理戦争の中心になっていると言ってもいいでしょう。この戦争が終わって光側の派閥が勝利すれば、レジスタンスはイベントのボタンを押すでしょう。
 
カバールはブラジルやインドといった BRICS 構成国の政治基盤への浸透に成功しました。インドのナレンドラ・モデイ首相が現金操作で戦争を宣言したことで、彼は光側の人間ではないことが明かです。
さらに、(高額紙幣の無効化に続いて)彼は国民の金塊や貴金属を没収しようとしています。
一方では、次の写真を見て分かるように、カバールは急速に力を失っています。
(G5の写真に映ったカバール配下の大国指導者のうち、4人はすでに、またはもうすぐ権力の座を追われています。この写真は一つの象徴としてもてはやされているようです)
 
カバールが「偽ニュース」サイトと繰り広げているメディア戦争もよい兆候の一つです。それは単純に代替メディアが十分に力をつけてきたことを示しています。つまり、主流メディアは私たちと私たちが伝える真実の威力を恐れ始めているのです。私が皆さんに自分のブログを立ち上げて、なるべく真実を広めるように薦めてきたのはこのためです。私たちに必要なのは、 Stillness in the StormVeterans Today のような高品質な調査に基づいたニュース・サイトであり、平らな地球やニビルの再来を宣伝するブログではありません。
 
 
一部の代替メディアのサイトでお読みになったかもしれませんが、それらの記事内容に反して、プーチンは決してロスチャイルドの代理人でもなければ、クローンでもありません。エリック・プリンスは光側の人間ではありません。
 
完全開示の完璧な成功を確実にするために、水面下では多くのグループが働いています。ドラゴンの情報源によると、彼らと他のグループは2017年の第一四半期に公式的な開示をもたらそうと頑張っているそうです。この日程について聞いてみたところ、レジスタンスは「ノー・コメント」で、プレアデス勢は「可能性はある」と答え、シリウス勢は「もっと掛かりそうだ」という意見でした。従って、このブレークスルーの日程は私の推測ではないことに注意して下さい。これはあくまでも私と一緒に活動しているグループの有力な推測にすぎません。レジスタンスの慣例では、このブログでいかなる日時も発表しないというのが普通ですが、今回はまだ一般開示できない特定の理由によって例外的に許されました。
 
 
開示が行われる前に、次のコーリー・グッドのインタビューから、秘密宇宙プログラムの歴史について基本知識を手に入れることが出来ます。ちなみに、私はゴンザレスではありません。
 
訳注:下記のインタビューは翻訳する予定です。
Victory of the Light!
 
翻訳: Shigeru Mabuchi / PFC JAPAN Official Group
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●参考情報 ① 舞台裏では光の勢力がキマイラグループの撲滅に集中している

舞台裏では、光の勢力がキマイラグループの撲滅に集中しております。当然のことながら、作戦についてはあまり詳しくお伝えしません。私に言える唯一のこと は、光の勢力が内部太陽系内(訳注:内部太陽系とは地球型惑星[水星、金星、地球、火星]と小惑星帯が位置する領域)にたくさんの基地を新しく設立したこ とです。特に小惑星帯、火星、月に基地が設けられました。光の勢力の新しい母船が多数、内部太陽系内の戦略的な位置につきました。より小型の宇宙船は、地 球の近くに配置されています。目下のところ、中高度軌道(MEO)に重点を置いています。

コブラ2014/6/9:地球惑星の最新情報


●参考情報 ②  “キメラ”とは何か

キマイラ(キメラ)グループについての機密情報を、さらに公開するときが来ました。ある人にとって、この情報には信じがたいような部分もあるかもしれません。しかし、事実は小説よりも奇なりです。 このグループには、アンドロメダ銀河から来た闇の勢力のリーダーたちがいます。彼らは25,000年前にヒューマノイド型の肉体を持って地球にやってきました。そして地球を隔離状態にしました。彼らは地球の周りにスカラー電磁フェンス(ベール)をめぐらせ、効果的にポジティブなETのコンタクトを妨げ、人類を孤立させてきました。次に彼らは広大な地下都市のネットワークを、奴隷使いであるドラコニアンと奴隷であるレプタリアンを使いながら、築きました。そしてそこから地上の住民を支配しました。

衰退するキマイラグループ:コブラレジスタンス情報2014/7/7付

 

●参考情報 ③ “インプラント”とは何か

26,000年前、プラズマのインプラントが、初めて地上の住民に施されました。人々は転生する直前に、再びインプラントされてきました。このようにして、地上 の住民は26,000年間ずっと記憶喪失の状態に置かれていたのです。 インプラントは、地球の地下と太陽系中にあるインプラント局によって維持されました。そして惑星間空間、星間空間から異常プラズマが新たに補給され続けて いました。 インプラントはプラズマのブラックホールで、直径は大体電子と同じくらいです(10-17 meters)。インプラントは、プラズマに反重力効果を及ぼす、強磁場の中で回転しています。

インプラント(コブラレジスタンス情報2015/6/19)

 

●参考情報 ④ “MOSS”とは何か

去年(2014)の早い時期から、光の勢力はキメラに直接取り組んでいます。物質的な、ストレンジレット及びトップレット爆弾を一掃したので、今年(2015)の1月末からは、闇の最後の残滓をこの太陽系から一掃する作戦を始めています。この作戦のコードネームはMOSS(Multidimensional Operations Solar System)です。この作戦はまだ続いています。ここ数日間に、重要なブレイクスルーが起こりました。MOSSが成功裏に完了した後で、そしてイベントの時くらいに、ディスクロージャーとファーストコンタクトが起きるでしょう。そしてこれは惑星地球にとって隔離状態の終焉となります。

太陽系情勢の最新情報(コブラレジスタンス情報2015/2/9付)より

 

●参考情報 ⑤ “サブルーナー作戦 ”とは何か

レジスタンスはサブルーナー(月下の)スペースを、月の軌道の下と、人口衛星の一番低い軌道の上の空間と定義しています。 光の勢力は、MOSSの完了に向けた、次の論理的ステップとして、本日(15/7/14)サブルーナー作戦を開始しました。サブルーナースペースは、常に キメラが作戦を集中させていた領域でした。その領域が、地球表面に至る前の最後の防衛線だからです。 地球を周回している人工衛星はたくさんあり、その中にはキメラのプラズマ・ストレンジレット爆弾のインプラント局もあります。http://stuffin.space/ 言及すべき最も重要なことは、有人軌道実験室構想です。(日本語:有人軌道実験室) この実験室の開発は、公式には1969年に中止されましたが、実際は闇に潜り、今は最も重要な キメラのインプラント局になっています。

サブルーナー作戦:コブラレジスタンス情報15/7/14

 

●参考情報 ⑥ 続くキメラグループの掃討・サブルーナー作戦の大半が終了

キメラグループの掃討は続いています。サブルーナー作戦の大半が終了しました。今は、キメラグループ及び、彼らのプラズマテクノロジーを地上からなくすこ とが、焦点となっています。 そのようなテクノロジーの一つが小型プラズマチェンバーです。数年前から、ほとんどの携帯電話、パソコン、wi-fiルーターに入れられています。そうし たプラズマチェンバーにはベールを補強する働きがあります。それらは間もなく取り除かれます。 現在の株式市場の一時的な反発は、来たるべきリセットの兆候です。ただし、まだリセットには至っていません。興味深いことに、主流メディアにもイベントに備えるための指示が載りました。

コブラレジスタンス情報15/8/26:地球惑星の最新情報

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

表示: 176

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約