10・13三保の松原オープンコンタクト報告

昨日のオープンコンタクトにご参加の皆さん、自宅でご支援(遠隔参加)された皆さん、ありがとうございました。

無事に予定を終了し、イベントの目的を完了することができたことをご報告します。

参加者は、はるばる兵庫県や新潟県、長野県など遠方から総数14名に及び、ほとんどが初めての対面にも関わらず、なごやかに楽しいひとときをすごすことができました。

朝10時に御穂神社で参拝を終えて、神の道を通って美保の松原海岸に向かいました。空は秋晴れで青い海原の上空に太陽が明るく輝きわたって、宇宙が銀河連邦日本の記念すべき新しい門出を祝福しているかのような一日でした。

朝11時ジャストに人気の無い海辺に集合して、銀河連邦正式メンバーとしての活動開始を宣言して、瞑想して宇宙ファミリーとの交信を行いました。しばらくして富士山近くの上空にクラウドシップが滞空してエネルギーを発信しているという報告が寄せられました。発見したメンバーは普段からスペースシップの目撃を続けていて、クラウドシップの識別にも慣れていると伝えています。他のメンバーも、その「雲」の一部が光ったと報告していました。

昼1時から会食して、解散後に駐車場に向かいかけた私とメンバーの一人の上空に3機のSSが連続して出現しました。一機目は、小さな白い点のような機体で、ゆっくり飛行してすぐ消え、2機目は飛行機のような形をした機体でやや長い飛行をゆっくりと続け、3機目はやや大きめの白い丸型の機体で20分以上も上空に停止して、私たちにメッセージを発信しているかのようでした。さらに、車で自宅に向かう私の目前の夜空に何機もの星型のSSが飛行して合図を送っていました。

おそらく、13日には多くのデモンストレーションが各地で行われて、数多くの目撃報告がこれから寄せられると期待しています。

明らかに2013年の10・13イベントは新しい現実への出発を祝うオープニングセレモニーとなったことは間違い無いと確信しています。それが、本当であるかどうかは、これからのコンタクトの拡大と進行が証明することになるでしょう。

くりかえして、メンバーの積極的なご参加と皆様から寄せられたご支援に感謝を申し上げます。

2013年10月14日 古谷 茂

表示: 288

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

8:20am の 10 月 16, 2013 にある キャサリン のコメント
宇藤さん、はじめまして。13日に三保の松原でも、ダイヤモンドダストのようなキラキラを空気中に目撃しました。他のメンバーも確認してましたよ。アセンションした世界はあのように、どこもかしこも、キラキラしてるのかしら?素敵ですね。
6:58am の 10 月 16, 2013 にある 獅子 ark 666 のコメント
13日のオープンコンタクトに遠隔で参加した時のことなんですが、コメントしようかどうか迷ったのですが、素直に何でも発言した方がいいのかなと思い、ご報告いたします。
名古屋にて遠隔参加したのですが、空を眺めていると時折、神気を感じさせるような風が吹いてきました。
昼間、確信を持って宇宙船だと思ったのは1機ありました。丸い形状のものが上下2つ連なった状態で東から西へと飛んでいきました。あと、飛行機状のものでそうかなと思われるものが2~3機飛んでいきました。
夜も宵の頃に、西から南の空にそれらしきものが2~3機、飛んでいたようです。
それから、これは目の錯覚しれませんが、面白い現象を観ました。
お昼頃に、ずっと空をじっと眺めていたら、キラキラ光る水滴のような粒子?が四方八方に飛び回っているのが観えました!
以上、一人で観察していたので、確証が持てない情報で申し訳ありません。
5:26pm の 10 月 14, 2013 にある good のコメント

古谷様、ほか皆様、ご苦労様でした。

素晴らしいイベントになりましたね。

次回は私も参加させて頂きたいと思います。

ここのところ、大きな変化(進化)を少しづつ、感じている毎日です。

ここ半年で自分の意識がもの凄く進化しています。

私もお手伝いさせていただきます。

2:35pm の 10 月 14, 2013 にある 古谷 茂 のコメント

今回のイベントの宇宙連合(銀河連邦)の行動を解説したいと思います。

これまでの数多くのイベントで私たちが体験してきたように、スペースファミリーの行動には一貫した原則があります。

① 参加者及び地球環境に害を及ぼさない

② 参加者以外のメンバーの行動を妨害しない

③ 参加者だけにわかるようにサインやメッセージを発信する

 

今回の10・13イベントでは、日曜日の日中で観光客で賑わう海岸でのデモンストレーションという複雑な条件にありました。幸い、エネルギーを敏感に感じ取るヒーラーが参加者の中にいることをキャッチしていたこともあり、「雲にカモフラージュしたSSからエネルギーを発信する」という方法でサインを送る方法をとったのです。そうすることで、参加者に失望感を与えないという目的を達しつつ、他の観光客に余計な動揺を与えないという配慮を加えることにも成功したのです。

さらに、会食後に、私にサインを送って注意を上空に向けるよう促しました。その後でSSのデモンストレーションを続けたのです。2機目に飛行機型のSSを飛行させたのは、私が以前に天竜川で同じタイプのSSを目撃していたためであり、そのことをもう一人の参加者に伝えさせようとしたのです。そして、その参加者がカメラを携帯しているのを知っていたために、3機目が上空に長時間停止して、撮影するよう促したのです。

帰宅途中の夜空のデモンストレーションは、私だけに送られたサインで、一日の労をねぎらうと共に、新しい出発を祝福する意味がこめられていました。

アシュタールさん、ピンポーン!ですか?(^^)

11:57am の 10 月 14, 2013 にある sayoko yabuki のコメント
昨日は素晴らしい機会をありがとうございました。
何もわからない状態での初参加でしたが、懐かしい?方々がたくさんいらっしゃいました。
とても有意義な時間を過ごすことができました。

初めてSSを肉眼で確認できて、感動しました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします☆
11:16am の 10 月 14, 2013 にある 山口 太郎 のコメント

世界人類が平和でありますように

古谷様、参加された皆様方、お疲れ様でした。

数機のSSが姿を現してくれたそうで、皆さんに覚醒の光を送っていたに違いありません。凄いですね。

参加された皆さんの今後の更なるメンタル面での覚醒が期待されますね。

皆様方に偉大なる創造主の光に満たされん事を

8:11am の 10 月 14, 2013 にある fukuda katsuhisa のコメント
祝 オープンコンタクト完了

ご参加された メンバー様お疲れさまでした。
無事に完了されたということで安心しました。

愛と平和の世界の確立のため
益々のご活躍心より感謝申し上げます。

遠方からのご参加本当にお疲れさまでした!

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約