ETseizinさんのブログ (10)

ロシア、北方領土でまたいいがかり、「2島返還」の″妖怪″と決別の時だ

  本来の方針に立ち返るとき

 日本側はなお、2島返還に未練を捨てていないようだ。安倍首相は、2020年1月の通常国会での施政方針演説で、「1956年の日ソ共同宣言を基礎として交渉を継続させ……」と述べ、2月7日の北方領土日の式典でも同様の認識を示している。  国後、択捉、歯舞、色丹の北方4島は、江戸時代にすでに松前藩が統治していた事実、当時の地図はじめ古文書、1855年の日魯通好条約における国境線、1875年の千島樺太交換条約などに照らして、過去一度として他国の領土になったことがない日本固有の領土であることは議論の余地はない。  ロシアは2次大戦末期、有効だった日ソ中立条約を破棄して旧満州に侵攻したことはよくしられている。日本降伏後の8月26日から9月5日までの間に、ドサクサにまぎれて北方4島のすべてを占領、今日まで不法占拠が続いている。これが北方領土問題の、いわば起源だ。…

続行

6 月 1, 2020 の 9:08pm にETseizinさんが追加しました。 — コメントはありません

NASA WORLDVIEW

 2020年5月16日22時17分撮影 

 ロシア極東沿海域に出現した葉巻型母船!?               

                     

5 月 21, 2020 の 9:37pm にETseizinさんが追加しました。 — 1 件のコメント

「本気の経済対策」とはなにか?

本気の経済対策とは何だろうか?そこには、当面の救済と中期的な対策の両輪が必要である。…

続行

3 月 28, 2020 の 11:47am にETseizinさんが追加しました。 — コメントはありません

新型コロナウイルスから身を守る正しい撃退方法

 

本稿のポイントはただ一つ、有効なコロナ「ウイルス」対策に向けた考え方の提示にあります。

 アルコール「除菌」ではなく、ヨードうがい薬やオキシドールなどを使った「消毒」を徹底することで、リスクを有意に低減できると思います。

 コロナ「ウイルス」は「菌」ではありません。

 「何をそんなことにこだわっているんだ。こっちはお勉強したいんじゃない。役に立つことだけ教えてくれれば、それでいい!」

 こういったクレームを3.11の直後に言われた経験があるのですが、以下では役に立つことを記しますので、どうか身近でお役立ていただきたいと思います。

「コロナ菌」の生存期間・・・? 

SNSでふと目にし、反射的に「これはまずい」! と思った勘違いがありました。



 「コロナ菌」という文字列を見たのです。



 現在流行の兆しがみえる新型肺炎、治療法が確立されていませんが、その病原体を「菌」だと誤解しているらしい。…



続行

3 月 9, 2020 の 8:30pm にETseizinさんが追加しました。 — コメントはありません

NESARA

 NESARA = National Economic Security and Recoveryy Act

GESARA =世界経済の安全と回復に関する法律

ネサラは、この国だけでなく、その全歴史の中で私たちの惑星を一掃するための最も画期的な改革です。この行為は、連邦準備銀行、IRS、影の政府などを排除します。

NESARAは次の変更を実装します。

1.違法な銀行および政府の活動により、すべてのクレジットカード、住宅ローン、およびその他の銀行債務をゼロにします。これは、連邦準備制度の最悪の悪夢、「ジュビリー」または借金の赦しです。

2.所得税を廃止します。

3. IRSを廃止します。…

続行

3 月 2, 2020 の 3:26pm にETseizinさんが追加しました。 — コメントはありません

コロナウイルス感染拡大は「3月までに終結」と大御所が断言する理由

 感染者の閉じ込めはウイルス培養と同じだ

山根 病院では、院内感染を防ぐためにどういう対処をすべきだった?…

続行

2 月 28, 2020 の 2:30pm にETseizinさんが追加しました。 — コメントはありません

UFOのようなレンズ雲

去年2014年9月13日、私はスペースシップのような、はっきりした形の6重のレンズ雲を近くから見ました。自宅から車で3,4分の所にあります高台の小さな家庭菜園で夢中で草取り作業中に、ふと空を見るとすぐ目の前には大きな六重のレンズ雲が浮かんでいました。形はご飯を山盛りに盛った大きな御なべが空に浮かんでいるようでした。色は明るい灰色で、周囲にいくつか見えていた白い色の入道雲とは確かに色が違っていました。大きさが六つ異なった細長くしたラグビーボールを六つ縦に一つに重ねた形で、本体にあたる四段目まではそのままで動かず、なべ(お茶碗)の底にあたる五段目と六段目の丸い底の部分がゆっくりゆっくりゆっくり回転している様子が良く見えました。数は一つで、本体の大きさは富士山のかさ雲と大体おなじぐらいで1~2kmぐらいで、距離は数百mの、ま近からでしたので、かなりの威圧(迫力)感をうけました。周囲の入道雲は少しずつ動いていましたがレンズ雲の方は二十数分ぐらい同じ場所に滞空し続けました。入道雲が見える中、しばらくしてからレンズ雲は、その場で分散しました。何か私を見ているようで感動的でした。よく写真で見かけます… 続行

3 月 21, 2015 の 12:23am にETseizinさんが追加しました。 — コメントはありません

古谷茂様、道三さん、先ほどは、コメントの方、誠にありがとうございました。

古谷茂様、道三さん、先ほどは、コメントの方、誠にありがとうございました。

続行

5 月 15, 2014 の 9:11pm にETseizinさんが追加しました。 — コメントはありません

ET星人より

古谷茂様、道三さん、先ほどは、コメントの方、誠にありがとうございます

 

5 月 15, 2014 の 8:57pm にETseizinさんが追加しました。 — コメントはありません

はじめまして

古谷茂様、銀河連邦フォーラムの皆様、はじめまして。良心(神.宇宙意識)の導きによりまして、このフォーラムに来れたことを幸いに思います。皆様方が今世中に、アセンションにつきまして、最も基本的な尊い予備知識を得られて、アセンションの本質を真に深く認識されまして豊かな人生を送つて頂きたく願つています。興味のある方は、グーグルやヤフーから目覚め、覚醒TEACUP検索で時間をかけて良く学んで見てください。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。ET星人

5 月 15, 2014 の 3:15pm にETseizinさんが追加しました。 — 1 件のコメント

© 2020   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約