"獅子 ark 666" さんのブログ -- 6 月 2015 アーカイブ (2)

「ろく」

「六」は「ろく」







他に「ろく」と読む感じは天から授かった幸運という意味の「禄」、山麓の「麓」、弥勒の「勒」、面白いのは鹿鳴館で鹿が「ろく」と読まされている。





六がつくものとして、六甲山に六法、六大学、六曜などなど。。。







6月6日6時の「666」は獣・悪魔として忌み嫌うが、一方、日本では6歳の6月6日に芸事を始めると上達すると言われている。





芸能の神といえば弁才天、アメノウズメである。





アメノウズメは… 続行

6 月 29, 2015 の 6:47am に獅子 ark 666さんが追加しました。 — 3 件のコメント

とあえずの覚え書き(恵みの雨から繋がった心の聲)

また爆睡してて目が覚め、遅めのお風呂に入りに母屋へと外に出ると雨が降ってた。ああ、ありがたい。これで鎮まると心の声が囁く。なぜ?と訊くと、それはあなたはわからなとも、あなたの霊の玉はすべてを心得とると言う。血脈だと。。。DNAに乗れば叡智の蔵に繋がるのだ



祖先の素晴らしい智慧と、あなたの血脈で繋がるには、消すことだ、



以下、長くなりそうなので、これより覚え書きとして単語で連ねていく。身体は疲れているから、はよ寝ろとのこと(笑) うんだ、その通りだべ(..;)





アカシック、 光が点滅、 見つけ出す、 



スマホの検索機能はアカシックと繋がる為の予行演習、 

 

血脈・地脈、 

 

地に足(葦)をつけるとは血脈の流れに乗ること、 

 

委ねることはダイブするようなもの、 

 

信じて疑わない、 一点の曇りもない、 100%委ねきる、



宇宙が創造し得るプロセス(現実の投影)は元々うまく流れになっ… 続行

6 月 23, 2015 の 7:42am に獅子 ark 666さんが追加しました。 — コメントはありません

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約