星野さんのブログ (7)

たぶん明日(12月23日)からスタート

忘年会に参加された皆様方お疲れさまです。楽しい会になったようですね。

宇藤さんの報告を見て感じたのですが、一つの時代の「忘年会」として相応しいイベントになったのではないかと思います。

私の勘ですが、冬至明けの明日から新しいステージが始まる。 例えば「UFOの時代」から「宇宙船の時代」というように次のステップに移る節目になるということです。(勘というより希望ですけど)

 

宇藤さんの報告「上空にまず白い宇宙船が2〜3機~」、つまりUFO目撃談ですよね。

そして「私のスマホの写メでは画像に捉えることができませんでしたが~」、 このくだりを見て、あっ、本物だなと思いました。

おそらくこれが今日(今年の冬至)までに許されているギリギリの範囲だと思うからです。

私の中では、明らかな宇宙船目撃(宇宙船にしか見えない映像)は、ほぼフェイクで、…

続行

12 月 22, 2013 の 2:31pm に星野さんが追加しました。 — 2 件のコメント

「わ」を広げていく。

11月16日のオープンコンタクト岐阜は、実りの多いイベントとなったようですね。

是非、今回の成果を日本、海外へと発信していけたら良いなと思います。 銀河連邦日本と主旨を同じくする他の団体、海外の団体、そしてこれから 団体を立ち上げようとしている人達への励みになると思います。

今必要なのは、当グループのキャッチにもなっている「We are one!」。 しかしこれは、待っていたらもたらされるというものではなく、…

続行

11 月 18, 2013 の 6:56pm に星野さんが追加しました。 — コメントはありません

銀河連邦日本が新しい世界の到来を導く役割の一端を担うには

信頼を得ることが重要です。

それは「誰からの」信頼か?となると、私は「銀河連邦などの存在」よりも 我々と共に暮らしている「地球人」であると考えます。

周りの人々から信頼が得られてこそ、銀河連邦などから役割を任されるのでは ないでしょうか。

銀河連邦日本が更に成長していくため、もしくはその過程において 周りから「…

続行

11 月 13, 2013 の 8:20pm に星野さんが追加しました。 — コメントはありません

波動を上げるには

スピリチュアル世界でよく言われる「波動」と言う言葉、これは 簡単に言えば、「精神の成長」と同義、もしくは、

「精神の成長によってもたらされる影響」の事だと私は理解しています。

先日行われた当グループの研修会で、

>● 波動を上げるには、「普通に生きなさい」

>・ワークショップに参加するよりも、ふだんの生活の中で感謝することが大切

>・田舎の草取りをしているお爺さん、お婆さんの方がすでにアセンションしているかもしれない

>・「スキル」を身につけることにこだわる必要はない

というコメントがあったとのことですが、私もまったくその通りだと思います。

「精神を成長」させる為の、…

続行

10 月 31, 2013 の 1:21pm に星野さんが追加しました。 — コメントはありません

自分達の成長のために与えられたハードル

目標が大きければ大きいほど、ハードルの数も多くなると思います。 当グループの目標も大きいですから、当然ハードルも沢山現れることになるでしょう。

先日のイベント(10月13)の前に、当グループにもたらされていたキーワードの 一つに「連携」がありました。

これも一つのハードルです。

この「連携」という観点で見れば、当グループは残念ながら、そのハードルは 越えられませんでした。

この「連携」というハードルを越えるにはどうしたら良いか?これを考えることも 各々のスピリチュアル性を高める勉強になることでしょう。

私は次のように考えます。 「…

続行

10 月 29, 2013 の 9:31pm に星野さんが追加しました。 — コメントはありません

日本が公式コンタクトの場になる為の条件が一つクリアされたかな。

去る10月21日、国連総会にて「核兵器は非人道的なものだとしていかなる状況でも 使用すべきではないと訴える共同声明」に日本も参加しました。

 

これまでも同様の提案は度々あったのですが、日本はアメリカとの関係を優先し 表明を見送ってきた経緯があります。

 

日本人なら誰でも(勿論政治家も)共同声明に加わるべきだと言うのは、心では 分かり切っていたことです。しかしこれまで表明出来ませんでした。

 

これは日本を一人の人間と見るならば、未熟で頼りない、そして周りの顔色を うかがわなければ、動くことも出来ない、恥ずかしい状態で、例えるなら、アメリカ君の後ろを付いて回る日本君といった感じで、仮に宇宙の存在が コンタクトをとろうとする場合、その相手は、アメリカ君になるのが自然なのかも知れません。

 

しかし今回、日本君は、自分の言いたい事を主張しました。 ちょっとだけ成長することが出来ました。アメリカ君の後ろから、横へ並ぶことにより…

続行

10 月 23, 2013 の 6:58pm に星野さんが追加しました。 — 1 件のコメント

ご挨拶

初めまして。星野と申します。 ずいぶん前から、こちらのサイトはちょくちょく覗いていまして かげながら応援しておりました。

 

私の場合、特に何かお役に立てることは無いかと思いますが、参加者に 名を連ねるだけでも、僅かながら力になれるのかな、という思いで 参加することにしました。よろしくお願いします。

 

先日の大雨にて、伊豆大島で甚大な被害が出てしまったのが残念でなりません。 特に、体の大部分が埋まったままであった高齢女性が、救助活動の最中にて 亡くなってしまいました。その女性、および救助にあたった人達も、 どんなに辛い時間を過ごしただろうと思うと悲しくてなりません。

 

救助にあたった方々もベストを尽くされたことは勿論です。

 

しかし、もっと他に選択肢は無かっただろうか?と考えてしまいます。 それは、地球外文明への救助要請です。

それは夢物語ではなく、可能な選択なんだと言う思いが私にはして、…

続行

10 月 22, 2013 の 2:05pm に星野さんが追加しました。 — 1 件のコメント

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約