星野
  • 日本
Facebook で共有 共有

星野 のグループ

"星野" さんのディスカッション

ほっこりするお部屋
8 通の返答

このコーナーは、ほっこりする話、画像、動画などをあつかうフォーラムです。自分で撮った画像、ネットでみつけた画像などを投稿し合いましょう。ちょっと疲れた時などに、この部屋をのぞいて「ほっこり」出来れば幸いです。 ※ここでいう「ほっこり」とは「心が思わず暖まるような」「幸せを感じる様な」 というニュアンスです。続行

このディスカッションが開始されました。"松下 10 月 28, 2015" さんが最後に返信

夢について語るお部屋
68 通の返答

夢について語るお部屋夢に関する話題について、何かシェアしたいと思ったらどんなことでも、どんなタイミングでも、自由に記述できる フォーラムです。 夢の断片でも、夢についての雑談、夢についての豆知識などお気軽にどうぞ。※ここでの夢とは、寝ているときに見る夢のことです。続行

このディスカッションが開始されました。"Chirnovski(チルノフスキー) 8 月 22, 2014" さんが最後に返信

受け取ったギフト (1)

レッドリボン 0midsvkai53ac さんから
 

星野さんのページ

星野さんの写真

読み込み中…
  • 写真の追加
  • すべて表示

星野さんのブログ

たぶん明日(12月23日)からスタート

忘年会に参加された皆様方お疲れさまです。楽しい会になったようですね。

宇藤さんの報告を見て感じたのですが、一つの時代の「忘年会」として相応しいイベントになったのではないかと思います。

私の勘ですが、冬至明けの明日から新しいステージが始まる。 例えば「UFOの時代」から「宇宙船の時代」というように次のステップに移る節目になるということです。(勘というより希望ですけど)

 

宇藤さんの報告「上空にまず白い宇宙船が2〜3機~」、つまりUFO目撃談ですよね。

そして「私のスマホの写メでは画像に捉えることができませんでしたが~」、 このくだりを見て、あっ、本物だなと思いました。

おそらくこれが今日(今年の冬至)までに許されているギリギリの範囲だと思うからです。

私の中では、明らかな宇宙船目撃(宇宙船にしか見えない映像)は、ほぼフェイクで、…

続行

投稿 (2:31pm 12 月 22, 2013) — 2 件のコメント

「わ」を広げていく。

11月16日のオープンコンタクト岐阜は、実りの多いイベントとなったようですね。

是非、今回の成果を日本、海外へと発信していけたら良いなと思います。 銀河連邦日本と主旨を同じくする他の団体、海外の団体、そしてこれから 団体を立ち上げようとしている人達への励みになると思います。

今必要なのは、当グループのキャッチにもなっている「We are one!」。 しかしこれは、待っていたらもたらされるというものではなく、…

続行

投稿 (6:56pm 11 月 18, 2013)

銀河連邦日本が新しい世界の到来を導く役割の一端を担うには

信頼を得ることが重要です。

それは「誰からの」信頼か?となると、私は「銀河連邦などの存在」よりも 我々と共に暮らしている「地球人」であると考えます。

周りの人々から信頼が得られてこそ、銀河連邦などから役割を任されるのでは ないでしょうか。

銀河連邦日本が更に成長していくため、もしくはその過程において 周りから「…

続行

投稿 (8:20pm 11 月 13, 2013)

波動を上げるには

スピリチュアル世界でよく言われる「波動」と言う言葉、これは 簡単に言えば、「精神の成長」と同義、もしくは、

「精神の成長によってもたらされる影響」の事だと私は理解しています。

先日行われた当グループの研修会で、

>● 波動を上げるには、「普通に生きなさい」

>・ワークショップに参加するよりも、ふだんの生活の中で感謝することが大切

>・田舎の草取りをしているお爺さん、お婆さんの方がすでにアセンションしているかもしれない

>・「スキル」を身につけることにこだわる必要はない

というコメントがあったとのことですが、私もまったくその通りだと思います。

「精神を成長」させる為の、…

続行

投稿 (1:21pm 10 月 31, 2013)

コメント ウォール (1 件のコメント)

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

"古谷 茂" さんの発言 (3 月 12, 2014 9:10pm) ...

銀河連邦新日本を悪質な工作員サイトであると見なす根拠については明日解説します。銀河連邦の活動に参加した体験もなく、これまでの経過についての知識もないメンバーには理解できない背景があるのです。正邪の判別が重要な時期に私たちは入っていることをご理解ください。

 
 
 

© 2017   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約