神界・幽界・現界(しんかい・ゆうかい・げんかい)と人体の構造

大宇宙を構成する神界・幽界・現界の3つを大三界(三千世界)という。私たちは現界(この世。3次元)に生きている肉体だけのものではない。目に見える肉体と目に見えない幽体・霊体の3体が重なり合ってできている。肉体は、幽体・霊体を受けとめる器である。幽体は幽界で、霊体は霊界で使う体である。霊体は、霊界(神・幽・現でいうと幽の上半分。4次元)で魂と共に神により創られ、魂を入れられた霊体は妊娠5カ月頃の胎児の肉体に入る。このとき同時に幽体も形成される。そして現界で肉体・幽体・霊体を使って生活しているのである。
(次元の説明図。地球を中心に、同一空間に重なり合っている。)
http://www.syg.or.jp/teachings/shinyugen.html

レーティング:
  • 現在は 5 段階評価の 0 つ星です。

表示: 205

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約