アルファベットでIとSを伝える発光体の存在です

 古谷さん、シーニンフスさん、いつもコメントをいただきましてありがとうございます。 2017年10月18日18時32分撮影 カメラはニコンP900 
I=ここでは私の意。S=Source(ソース) 英語sourceの原義は「(川の)水源」 日本語の「源」に近い言葉。転じてさまざまな文脈で比喩的に用いられる。 光源。 物質世界を創造した者。すなわち「造物主」を指すのデミウルゴス(Demiurge)」の呼称を使用した。本人としましては、 私は源、または源に関連のある存在ですよ、というように感じられました。今日は雨が降る中、今でも強い光を放つ小さな発光体が沢山集合して輝いているのが見えます。それはまるでプレアデス星団のようです。

レーティング:
  • 現在は 5 段階評価の 0 つ星です。

表示: 75

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2018   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約