『富士古文献』とは
 

 富士山の伏流があふれ、豊富な湧き水に恵まれた郡内地方、『富士古文献』はその地の旧家・宮下家に伝わったとされる古文書、年代記などの総称である。宮下家は記紀で仁徳天皇に反旗を翻し、滅ぼされたとある大山守皇子の子孫であり、現富士吉田市明日見村にかつて栄えていたという神代パンテオン・阿祖山大神宮の宮司家でもある。
 大山守皇子と弟の隼別皇子は、父・応神天皇の命を受けて、東国に下り、阿祖山大神宮のそれぞれ宮守司長と副司長となった。阿祖山大神宮はもともと神々が都を置いた高天原の遺跡であり、そこには神代以来の古記録が大量に残されていた。その中には、秦始皇帝の命で不老不死の霊薬を求めて日本を訪れ、そのまま帰化してしまった方士・徐福が神代文字から翻訳した史書まで含まれていたとされる。
 だが、延暦十九年(八〇〇)、富士山の大噴火により、阿祖山大神宮は溶岩に埋まり、史書の原本は永久に失われた。当時の大宮司・宮下源太夫元秀は、天智天皇の御代、中臣藤原物部麿なる人物が書写させたという史書の副書を携え、相模国高座郡に難を逃れた。その地には寒川神社が勧請され、宮下家はその大宮司としておさまることになった。中臣藤原物部麿とは、氏族系統がさっぱり不明な人名だが、こうした氏族系統の乱れは『富士古文献』所収の系図の多くに見ることができる。
 平安時代末期、三浦義顕の長子でありながら宮下家に入り婿になった源太夫義仁は文献の保存に情熱を傾け、十数年の歳月をかけて予備の写本を作った。義仁はまた鎌倉幕府開幕の影の立役者でもあり、宮下家は相模・甲斐の土豪として勢力を奮ったという。
 だが、弘安五年(一二八二)、馬入川の洪水が寒川神社を襲い、文献は時の大宮司・宮下佐太夫国明とその長子・記太夫明吉らと共に流されてしまう。かくして、またもや三浦一族の手元の写本のみが、地上に残されることになった。
 宮下家はその後、建武政権に参画したが、室町幕府成立によって勢力を失い、文献の多くが焼きすてられた。また、江戸時代の寛文年間(一六六一~七三)には、宮下家は明日見村の庄屋として郡内領主・秋元喬知と対立したため、当主・甚太夫宗忠は斬首、残っていた文献もほとんどが奪われ、室町時代と同様の焚書にあった。度重なる弾圧に苦しんだ宮下家では、文書の一部を屋根裏の棟にくくりつけ、難を逃れようとしたのである。
『富士古文献』が宮下家の家宝の中から再発見されたのは明治十六年、さらにそれが三輪義煕によって整理編集され、『神皇紀』(隆文館)として世に問われたのは大正十年のことであった。さらに現在では、八幡書店から『神伝富士古文献大成』全七巻として現存写本の影印本も刊行されている。すなわち『富士古文献』は「古史古伝」で唯一、テキストの現態が判る形で、一般に公開された文献なのだ。
 なお、『富士古文献』によると、阿祖山大神宮は衰微した後、浅間神社としてその命脈を保ったという。そして、それは静岡県富士宮市の浅間神社本宮や山梨県八代郡の一宮浅間神社よりも古い浅間神社の真の本宮だと主張されている。さらに、この文献には、浅間神社のみならず、伊勢神宮、出雲大社、八幡宮、賀茂神社、天神社、稲荷神社、恵比寿神社、住吉神社などの各社も阿祖山大神宮から別れたことを暗示する記述もある。こうした記述からも、阿祖山大神宮が伝承の中で次第に肥大化し、神代以来のパンテオンに成長していった過程がうかがえるようである。
http://www.mars.dti.ne.jp/~techno/column/text2.htm

レーティング:
  • 現在は 5 段階評価の 0 つ星です。

表示: 173

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

11:16am の 8 月 15, 2012 にある 古谷 茂 のコメント
「天之世」「天之御中世」の神々

 

『神皇紀』は神々の歴史を日本列島渡来以前、大陸での事蹟から説きおこす。まず、天地開闢の始元、最初に現れた神の名は天之峰火夫神という。その後、天之高火男神、天之高地火神、天之高木比古神、天之草男神、天之高原男神、天之御柱比古神が続き、以上七代の神の治世を総称して「天之世」という。天之世の神々は獣の皮、鳥の羽根、木の葉などを衣服とし、岩山などに穴居していた。食物は草木の実や肉類を石でつぶし焚き火で炙ったものだったという。また、海岸や山の砂に着いた白い物(塩)で調味することも知っていた。このように原始的な生活をおくっていたにも関わらず、彼らはすでに文字を用いており、消し墨と魚油からインクさえ作っていたという。  天之御柱比古神の御子・天之御中主神は、土を練った器に海水を入れそれを焼き固めて塩をとる方法を考えた。これは製塩法の発明であると共に土器文化の発祥でもある。これ以降、十五代に渡る神々の治世を「天之御中世」という。天之御中主神は天津日嗣の大御神の紋章として十六の条光を持つ日輪を定めた。これは天皇家の紋章・十六条菊紋の起源説話であろう(天皇家が実際に菊紋を用い始めたのは鎌倉時代以降)。  天之御中世第五代の天之常立比古神(諱・神農比古神)の御代には、土器文化が発達し、穀物や魚類、肉類を煮て食べることが広まった。また、穀物を煮たものを幾日も置いて飲み物とすることが始まり、「酒」と名付けられた。  天之御中世第十五第の高皇産霊神(天之神農氏神、諱・農作比古神)は、諸々の草木を嘗めて、薬を定め、それを子孫へと伝えさせた。また、御子たちに「日の本なる海原に状貌世に二なき蓬莱山のあるなり。汝か命等之に天降りて蓬莱国を治せ」と命じ、後に自分も蓬莱国の高天原に渡って、そこで生涯を終えたという(『富士古文献』の文脈では蓬莱山は日本の富士山を意味する)。以上が、『神皇紀』の語る神々の大陸統治時代である。 なお、高皇産霊神の命で日本に天降ったという御子は五男の国常立尊(諱・農立比古尊)と七男の国狭槌尊(諱・農佐比古尊)だが、他の五人の御子がどうなったか『神皇紀』には記述がない。その後、高天原では国常立尊を名目上の初代とする高天原世七代と、天照御神(諱・大市毘女尊、大日留女尊)に始まる豊阿始原世五代が続き、ウガヤフジアワス王朝の成立まで神都としての繁栄を保ったとされている。

 

 

神々の原郷

 

 さて、『富士古文献』のテキストといえば『神皇紀』しかなかった頃、研究者の間では大陸統治時代の神々の原郷探しがさかんに試みられていた。たとえば、三浦一族の末裔として『富士古文献』の研究に取り組んだ岩間尹は、それをイランの東北、アム川とシル川のほとりに求めた。いわゆるツラン平原である。岩間は日本民族をアリアン族(インド=ヨーロッパ語族)の流れとみなし、かつてその語族の発祥地として有力視されていた中央アジアに着目したものである(岩間『日本古代史』三浦一族会)。  また、神々のいた大陸をユーラシアではなく、太平洋上のムー大陸に求める論者もあった(藤沢偉作『日本ムー王国説』喜多要光『宇宙連合の飛来』)。  また、高天原世、豊阿始原世の神々がいたという高天原も富士山麓ではなく、遠く海外にあったのではないかとする説も出されている。たとえば、鹿島曻高天原をトルコ東部のアルメニア高原に求め、豊阿始原世とはアルメニアのウラルトゥ王国、シルクロードの月氏族、日本列島のエビス族による汎ユーラシア的部族連合国家であると主張した(『倭人興亡史2』新国民社)。また、高橋良典は古代インドのジョルヴェ=ネワーサ文化(前七~八世紀)と、『神皇紀』の高天原世の記述の類似に着目し、高天原はデカン高原のガンジス川源流地帯にあったと唱えている(『謎の新撰姓氏録』徳間書店)。  しかし、『富士古文献』の語る大陸統治はあくまで神話的文脈のものであり、そこにいきなり史実との整合性を求めることは困難である。しかも、天之御中世の神々はその神名や事蹟からみて、中国神話でいう神農氏がモデルとなっていると見るのが妥当であろう。そして、それを裏付けるかのように、『神皇紀』にとられていない『富士古文献』の記録には日本民族の祖神を神農氏と明記するものがあるのだ。

 

 http://www.mars.dti.ne.jp/~techno/column/text2.htm

© 2020   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約