日本で発見される古代文字

「中国から漢字が伝えられるまで日本には文字がなかった」と、日本人の大多数はそう信じ込んでいる。義務教育の小・中学校はいうまでもなく、高等教育の場でも繰り返し、そう教えられてきたからだ。

しかし、平成三年七月、佐賀県大和町の東山田一本杉遺跡から出土した弥生前期末の甕棺から、「古代南インドの象形文字」が発見された。
日本人考古学者が見逃していたものを、たまたま調査に訪れた、インド人考古学者ポンナムバラム・ラグパティ博士が発見したものだ。
意味は不明だが、甕棺の側面に、縦十五センチ、横十九センチの大きさで十字に引かれた線の先端が熊手状の文字が描かれていた。ラグパティ博士は「紀元前三世紀頃まで南インドの土器に描かれていたグラフィティという古代文字と同じだ」と語り、驚きの声をあげた。

しかし、この程度で驚いてはいけないのだ。紀元前二五〇〇年から紀元前三〇〇年頃に使われていたと思われる古代シュメール文字やバビロニア文字、ギリシャのピロス文字、中国の甲骨文字のルーツと思われる文字が、西日本一帯において、続々と発見されているのだ。(日本ペトログラフ協会調べ)

つまり、インドどころの騒ぎではなく、超古代の日本人が世界各地と交流していた形跡が見られるのである。ただし、それらの発掘物が、世界各地から古代文化を伝えた部族が集団で日本列島で渡来し、それぞれのルーツを伝える文字を岩に刻み込んだものなのか、逆に日本で発明された古代文字が世界各地に伝えられ、定着し完成するに至った形跡をしめすものなのか、この辺については今のところ定かではない。

いえることは、いずれの文字も、超古代文明の遺産とされる巨石文化遺跡の大岩に刻まれた状態で残っているところを見ると、紀元前二五〇〇年どころか、その起源はずっと古くまでさかのぼる可能性があるということだ。
そして、日本列島が、古代文字の発祥の地だった可能性があるということなのである。

http://f35.aaacafe.ne.jp/~shinri/kodaibnmei.html

平成三年七月、佐賀県大和町の東山田一本杉遺跡から出土した弥生前期末の甕棺から、「古代南インドの象形文字」が発見された。
日本人考古学者が見逃していたものを、たまたま調査に訪れた、インド人考古学者ポンナムバラム・ラグパティ博士が発見したものだ。
意味は不明だが、甕棺の側面に、縦十五センチ、横十九センチの大きさで十字に引かれた線の先端が熊手状の文字が描かれていた。ラグパティ博士は「紀元前三世紀頃まで南インドの土器に描かれていたグラフィティという古代文字と同じだ」と語り、驚きの声をあげた。

しかし、この程度で驚いてはいけないのだ。紀元前二五〇〇年から紀元前三〇〇年頃に使われていたと思われる古代シュメール文字やバビロニア文字、ギリシャのピロス文字、中国の甲骨文字のルーツと思われる文字が、西日本一帯において、続々と発見されているのだ。(日本ペトログラフ協会調べ)

つまり、インドどころの騒ぎではなく、超古代の日本人が世界各地と交流していた形跡が見られるのである。ただし、それらの発掘物が、世界各地から古代文化を伝えた部族が集団で日本列島で渡来し、それぞれのルーツを伝える文字を岩に刻み込んだものなのか、逆に日本で発明された古代文字が世界各地に伝えられ、定着し完成するに至った形跡をしめすものなのか、この辺については今のところ定かではない。

いえることは、いずれの文字も、超古代文明の遺産とされる巨石文化遺跡の大岩に刻まれた状態で残っているところを見ると、紀元前二五〇〇年どころか、その起源はずっと古くまでさかのぼる可能性があるということだ。
そして、日本列島が、古代文字の発祥の地だった可能性があるということなのである。

http://enacap.seesaa.net/article/30051796.html

レーティング:
  • 現在は 5 段階評価の 0 つ星です。

表示: 3268

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

5:41am の 9 月 12, 2012 にある 古谷 茂 のコメント

http://blog.m-ken-net.com/blog.php?y=2007&m=5&d=16

図説|神代文字入門―読める書ける使える

この本のP46から

ピラミッド御神体石に刻まれた文字

この文字が重視されるようになるのは、昭和に入ってからのことである。

昭和九年(1934年)酒井勝軍は広島で、その県北にある三角形の山・葦嶽山(現 庄原市本村町)こそ世界最古のピラミッドであると宣言した。

酒井は「竹内文書」の中にピラミッド築造に関する記録を見つけたと主張、やがて竹内巨麿により、ピラミッド御神体石なるものが提示された。その石にはモリツネ文字で、葦嶽山築造の記録が掘り込まれていたのである。

それは

「トシイヤヨソ マトイム ミコトノリシテ キビツネノモトニ オツナテヒコ スメラミコトノ タマシヒビヤウ マタナミシヤ ヒルノカミ ツキノカミ ツクリヌシカミ ヒラミツト」

すなわち、古代の天皇が大綱手彦という人物(神?)に詔して、天皇霊・別名メシア(救世主)日神、創造主を共に祀る廟を建てさせ、ヒラミツト(ピラミット)と名づけたというわけだ。

ちなみにスメラミコト=スミラミコト、メシア=ミシアなどと、「メ」が「ミ」になまるのは「竹内文書」の特徴であり、これは茨城なまりの混入によるものと思われる(竹内家=皇祖皇太神宮天津教本部があるのは茨城県磯原市)

◎世界各地にモリツネ文字が広がった

酒井によると、竹内家に伝わったモリツネ文字の金石文はピラミッド御神体石だけではなく、モーセが日本にもたらしたというオニックス(縞瑪瑙)にもモリツネ文字の文が記されていたという。

↑昭和7年に、竹内家の御神宝の中より発見された。

http://boat.zero.ad.jp/~zbd85319/py2.shtml さんより転記

酒井はさらにモリツネ文字について次のように論じている。

「モリツネとは、天降地成のモリツネであって、神国すなわち天国から天降って天支国に移行した文字という意味である」(文中「神国」「天国」とは日本、「天支国」は外国の意)

M総合研究所が過去にクローズUPしてきた真実の扉を開けるカギを↓にキーワードとして記載することにした。

龍の子孫として天皇家

驚異の地底王国シャンバラ―銀河連邦の宇宙都市へようこそ

デマルケ情報とピラミッドと竹内文献と高次元の存在

シャンバラ&古代&「私の直感」

ラムー?と籠目の唄

スメラミコトは天空浮船にのり

モーセが来日した

「竹内文書」が明かす超古代日本の秘密

単に古代日本とユダヤの神の関係をつなげるよりも

竹内巨麿と龍神

「飛龍眠土」をピラミッドと読んだ

ウエサクさい 五月満月祭

鞍馬山にはシャンバラへのゲートがあると言われる。奥の院の魔王殿から貴船神社へ下る道の途中にはエネルギーが渦巻く場所があり、木々の成長が、そこだけ特異な形となっている。

五月の満月には天界と地上の間に通路が開け、ひときわ強いエネルギーがふりそそがれるという。この夕、満月に清水を捧げ心のともし灯を輝かせつつ、ふりそそがれる神秘的なお力を身に受けて、自分とすべてのものの「めざめ」のための熱い祈りを捧げるのが、光と水と聖音の祭典「五月満月祭(ウエサクさい)」である。

 祭典は三部に分かれ、第一部は「きよめ」の祈りで、祭典に集う人々は、まず自己と場の浄化のために魔王尊を讃仰(さんごう)する。月が天頂に近づくころ、ひとりひとりが持つ純粋無垢な心の象徴の「心のともし灯(び)」に灯が点(とも)される、祭場がともし灯に埋まると、銀碗に清水を満たし月に祈りを捧げる。

 次にともし灯を高く掲げて、真実に生きぬくための強い力を与え給えと「お力の宝棒」の加持(かじ)を受け、月光のふりそそがれた明水をわかち頂き、慈愛のみ恵みを心に満たす。そして第二部では、月光を受けながら大地に腰をおろし静かに「はげみ」の瞑想を行い、夜明けの近い第三部には、智慧(ちえ)の光を輝かせ真実に生きることへの「めざめ」を象徴する聖火が天を衝(つ)いて上がる。

最後に全員で『心の書(ふみ)』を唱え魂の夜明けを迎える。

http://plaza.rakuten.co.jp/syuugoujin222/5000

http://www.jp-spiritual.com/kurama1.htm

「神代文字」&「五月満月祭」&「葦嶽山」&「シャンバラ」

11:11am の 8 月 14, 2012 にある 古谷 茂 のコメント

彦島八幡宮    山口県下関市彦島迫町

ちょうど、邪馬台国の時代を生きた、仲愛天皇(在位192年-200年)と神功皇后(=卑弥呼? 在位201年-269年)ゆかりの彦島八幡宮ですが、ここには彦島杉田遺跡から運び込まれたベトログラフのある神霊石が安置されています。

境内にある7つの岩に刻み込まれているのは、シュメールバビロニア文字であることが分かっており、解読すると、「 日の神や大地の女神、大気の神、天なる父神などに、豊穣をもたらす雨を、男女神にかけて、日の王(日子王=古代彦島の王)が祈り奉った 」 と書かれていることが分かりました。

 

また、平成元年、宮崎県日向市の美美津海岸で、神武天皇となった磐余彦が船出した場所の「神武天皇船出の磐」といわれてきた岩から、シュメール古拙文字もしくはシナイ文字と判断される文字が見つかりましたが、土地の神官が、昔からその岩には、三柱の神様が刻まれていると言い伝えてきた岩であったとの事です。

また、この美美津市の石庭から、シュメールのウル、ウルク王朝にゆかりのある「七支樹」の岩刻が発見されています。


日本に稲作が伝わったのは、中国江南地方の苗族(倭族含む)が海を渡って南九州にまず着き、その後、東海地方、瀬戸内地方、山陰地方へと、広がっていったわけですが、倭族がつくった滇王国は、古代シルクロードの南端で、紀元1世紀頃から衰退した、女性シャーマンのいた王国です。

11:00am の 8 月 14, 2012 にある エササニ のコメント

彦島は私の生まれ故郷、それに角島もキャンプによく言った場所。なにかシンクロニシティを感じます。

10:02am の 8 月 14, 2012 にある 古谷 茂 のコメント

彦島のペトログラフ

①日本のペトログリフ

ここに重大事態が持ち上がっているのである。

それは、世界中を驚愕させることになった、日本のペトログリフ群なのである。これにさほど注目もせず、驚かないのは日本人ばかりなのだ。

つまり、十部族問題を裏打ちするに足る考古学的証拠が、平成になって平成になって続々と出そろってきたのである。

バブル景気の最中、徹底的な開発競争が展開された中で、多くの思いがけない遺跡が次々と発見された。吉野ヶ里、三内丸山などなど、多くのものが報道されており、日本史の序章が大幅に書き換えられてきた。

ところが、ここで紹介しようとするのは、そうしたものよりさらに重大な意味合いを持つもの。それは、ペトログリフである。(ペトログラフともいう)

ペトログリフというのは、岩に刻まれた古代の文字や絵をいうものであるが、かなり以前から日本の所々に不思議な文字を刻んだ岩があるといわれ、少数の人々が研究してきた。これが、全国的にネットワークが組まれ、組織的系統的になされるようになって、その相貌がいよいよ明らかになってきたのである。この発掘指導、啓蒙にあたってきた団体が「日本ペトログラフ協会」という組織。彼らの発掘、発見は重要である。

主なものをあげてみよう。

②神武天皇、船出の岩にもペトログリフ

平成元年、宮崎県日向市の美美津海岸。後、神武天皇となった磐余彦が船出した場所の「神武天皇船出の磐」といわれてきた岩から、シュメール古拙文字もしくはシナイ文字と判断される文字が見つかった。土地の神官が、昔からその岩には、三柱の神様が刻まれていると言い伝えてきた岩であった。

また、この美美津市の石庭から、シュメールのウル、ウルク王朝にゆかりのある「七支樹」の岩刻が発見されている。

神武天皇が東征するにあたり、その途中に、宇佐津彦、宇佐津媛の出迎えをうけ、宇佐で大饗宴を開いたことは『記紀』の中に記されているが、この宇佐には多くの古代遺跡が残されている。この一帯の安心院の百穴遺跡、宇佐川源流などからシュメール・バビロニア系統の文字、女神像などが発見され、また、百穴を見下ろす山々には、なんと九〇〇本の環状列石が近年まであって、それに楔形文字が刻まれていたことが確認されている。

太宰府天満宮は、菅原道真が中央での藤原氏との抗争に敗れて、太宰府長官として着任したことで有名であるが、この太宰府天満宮の裏山で、平成二年、シュメール系統の「七支樹」が発見された。この太宰府の地域には、古くから帰化人や渡来人の跡が知られていて、道真は、自らの遺骸をここに埋葬するように言い残したという。

このような岩刻文字の発見例は挙げればそれこそ切りがないので、割愛せざるを得ないわけだが、もう一つ、山陰本線の下関から北に向かった沖合の島、角島には、これぞシュメールの紛れもない証拠というべき独特の積み石の「シュメール兼神殿」が発見されている。これは地元の人には昔からある当たり前の構造物で、古くから風や波で壊れたところの補修をするときには、わざわざ福岡県の宗像から海女たちを呼び、海中のだれも触っていない岩を引き揚げて長くこれを守ってきたものだという。

③神官もびっくり仰天の岩刻文字

ところで、なぜ日本ではこれほども容易に、こうした岩刻文字が発見できるからといえば、発見される場所が多くは神社などの聖域とされてきた場所だからである。つまり、なんのことはない、日本で、岩刻古代文字を探そうとすれば、神社を探せばいいのだ。極論すればそうなる。神社や聖域とされてきたところには、かなりの確率で、岩刻文字が秘められていることが多いことが分かったのである。

© 2017   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約