マルセル・オメが発見したペドラ・ピンタダ巨石の碑文
(ブラジル・ロライマ州ボナビスタ)


この碑文は日本の古代文字、アヒルクサ文字で解読できるという。
「イサクとヨセフに船を降ろせる神を見よ。イサク、ヨセフとともにこれを手厚く守れ」の意味を表す。
http://www.246.ne.jp/~y-iwa/jindaimoji.htm

レーティング:
  • 現在は 5 段階評価の 0 つ星です。

表示: 1553

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

5:09am の 6 月 18, 2013 にある 古谷 茂 のコメント

Stephenville Lights UFO Video Leaked to Internet

On January 8, 2008, Stephenville gained national media attention when dozens of residents reported observations of unidentified flying objects (UFOs). Several residents described a craft as the size of a football field, while others said they were nearly a mile long, similar to the Phoenix lights mass sightings of March 13, 1997.[10] Some observers reported military aircraft pursuing the objects.[11]

CNN's Larry King covered the news story in the days following the incident, and according to Steve Allen, a private pilot who witnessed the UFO, the object was travelling at a high rate of speed which supposedly reached 3,000 feet in the air. Allen said it was "About a half a mile wide and about a mile long. It was humongous, whatever it was."[12] The History Channel show UFO Hunters featured a story about the UFO sightings.

On January 23, after initially denying that any aircraft were operating in the area, the US Air Force said that it was conducting training flights in the Stephenville area that involved 10 fighter jets.[13] The Air Force said they were merely F-16 Fighting Falcon jets conducting night flights from NAS JRB Fort Worth.

Washington Post blogger Emil Steiner reported that conspiracy theories had arisen claiming that reporter Angelia Joiner was fired from her job at the Empire-Tribune due to her reporting of the UFO story. Steiner added, "conjecture breeds conspiracy theories. Any official denial can be labeled a cover-up".[14][15] Herald Tribute writer Billy Cox wrote that inquiries made about the incident on his personal UFO blog have been "stonewalled" by the USAF.[16]
https://en.wikipedia.org/wiki/Stephenville,_Texas
Dozens in Stephenville and Dublin, Texas report seeing large UFO
5:00am の 6 月 18, 2013 にある 古谷 茂 のコメント

http://www.fromthestars.com/page18.htmle plate engraved with unidentified diagram,was
discovered on November 5, 1967, by L. R., on the grass of the Riverside
Municipal Golf Course in Edmonton, Alberta, Canada, after UFO event.

Copper-like plate engraved with unidentified diagram,was
discovered on November 5, 1967, by L. R., on the grass of the Riverside
Municipal Golf Course in Edmonton, Alberta, Canada, after UFO event.

4:38am の 6 月 18, 2013 にある 古谷 茂 のコメント

オメ教授によると太古において空を飛ぶ機械を用いていた偉大な文明がこの地球上に存在したという。ジャイアント・バード(巨大な鳥)を持つ人々がこの地上に存在した時代があった。その巨大なシンボルは今なおペルーやアンデスの高地に刻まれていて、翼の両端間の距離が150メートルに達するのがある。これは非常な高空からでないと見られない。平たい地面または岩に刻まれたこのシンボル類は、宇宙旅行や空中戦をやった人々のシンボルとみなしてよいだろう。

「私は大西洋沿岸の国々の口碑伝説や伝承詩などを研究したが、すべて巨鳥の伝説が確実に残っていて、それらは空中で火を噴いて大地を破壊しながら絶滅してしまった」と教授は述べている。

1963, Megalithic Stone Carving, Pedra Pinta, Brazil
"Symbols engraved in Brazilian megalithic stone in Pedra Pinta,
northern Amazon River basin of Brazil, discovered in 1963 by French archaeologist, Prof. Marcel F. Homet. Stone carvings estimated to be 10,000-years-old. Source: The Sounds of the Sun © 1963 by Marcel F. Homet, Ph.D., by publisher Neville Spearman, London, England."

11:36pm の 8 月 17, 2012 にある 佐藤晶 のコメント

アアダムスキーが宇宙人から貰ったフィルムの中にこの様なものが有りましたね

飛鳥昭雄氏は「ナチスUFO」の謎で「アダムスキー型円盤」の正体に迫る!!

の本でナチスドイツが開発したUFOとアダムスキー型UFOでアメリカ・カルフォルニア州エドワーズ空軍基地で

撮影された、パイロットの集合写真。彼らは写真後ろにある「アダムスキー型UFO」のテストフライトを行っていたの

写真を示して金星人の宇宙人とコンタクトしたのではなく、パイロットが宇宙人に成り済まし会ったとしています。

これにはハンス・カムラーが関与していたようですが、この巨石の碑文を加工してアダムスキーに渡したのでしょうか?

以前1994年8月14日に私は日本GAPの会員でアダムスキーが会見したコンタクト地点で雲状の菱形UFOを私の後ろを背景にした所に日本GAPの会員が写真で撮ってくれました。写真はDSC00174http://flatheat177.ning.com/photo/dsc00174?context=latestです

日本GAP会員当時はこのフィルム(巨石の碑文)は円盤の動力源に関するものとして扱われていましたね。

6:54am の 8 月 14, 2012 にある 古谷 茂 のコメント
6:46am の 8 月 14, 2012 にある 古谷 茂 のコメント

南米の秘境で発見された不思議な文字は、円盤から投下されてアダムスキーに与えられ定金星文字と酷似していた。一万数千年昔に南米の奥地へ金星人が到来していたのか。アダムスキーの金星文字はすでに解読されたが、類似の文字を発見し定事実は太古にあける異星人の壮大なプロジェクトの一端を示すものなのか。少し古いがオメ教授の凄い体験実話を紹介。

オメ教授が発見した金星文字!?

6:38am の 8 月 14, 2012 にある 古谷 茂 のコメント

1952年12月13日、パロマー山のアダムスキーの住宅上空へ超低空で飛来した金星の円盤が投下したネガフィルムに写し込まれていた不思議な文学と図形。このネガは同年11月20日、カリフォルニア州南部のデザートセンター砂漠地帯に着陸した円盤から出てきた金星人が、アダムスキーが持っていた撮影済みネガをホルダーごと借り受けて行ったもの。この写真はむかしアダムスキーから筆者に贈られた。
http://www.gasite.org/library/ucon139/index03.html

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約