世界各地で見られる日本の神代文字

マルセル・オメが発見したペドラ・ピンタダ巨石の碑文
(ブラジル・ロライマ州ボナビスタ)


この碑文は日本の古代文字、アヒルクサ文字で解読できるという。
「イサクとヨセフに船を降ろせる神を見よ。イサク、ヨセフとともにこれを手厚く守れ」の意味を表す。
http://www.246.ne.jp/~y-iwa/jindaimoji.htm

レーティング:
  • 現在は 5 段階評価の 0 つ星です。

表示: 1537

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

10:52pm の 7 月 15, 2017 にある 古谷 茂 のコメント
10:48pm の 7 月 15, 2017 にある 古谷 茂 のコメント
11:14pm の 7 月 13, 2017 にある 古谷 茂 のコメント
11:09pm の 7 月 13, 2017 にある 古谷 茂 のコメント

Fig. 1 The rock of Pedra Pintada near Roraima, on the northwestern edge of the Orinoco-Guayana mountain range in Brazil. Marcel F. Homet stated that he had deciphered the enigmatic, primeval petroglyphs, which are found there massively.

https://translate.google.co.jp/translate?sl=auto&tl=en&js=y...

9:26pm の 7 月 13, 2017 にある 古谷 茂 のコメント

The famous archaeologist, Professor Marcel F. Homet , published in 1958 the book of The Sons of the Sun's discoveries of civilizations in Brazil and after the eastern slopes of the Andes. On page 185, there are depicted a series of 10,000-year-old petroglyphs from Pedra Pintada. They resemble almost 80% of those who engage in the photographic album that George Adamski got six years earlier by the aliens on December 13, 1952. Professor Homet said, "Although I destroy a great deal of theories about the world's view of ancient times, I have Never found that Adamski was lying. I read Adamsky's book before the publication of my own and was surprised to find the same symbols but in another ording. Only the oval is completely identical to Adamski. Homet said he was not an expert about the flying teats, Nor did he have any interest in them.

https://translate.google.co.jp/translate?sl=auto&tl=en&js=y...

8:52pm の 6 月 25, 2017 にある 古谷 茂 のコメント

オメ教授が発見した金星文字!?

さて、マルセル・オメ教授のこの探検行における最重要な発見物はこのペドラ・ピンターダそのものではなく、ペドラのすぐ隣りにあった小さな奇妙な図形である。これはある石器に刻まれていたもので、多年風雨にさらされてかなり磨滅していたために教授はさほど気にとめなかったが、一応参考資料として写し取ったのである。

しかし後になってオメ教授みずからアダムスキーの最初の著書『空飛ぶ円盤は着陸した』を読んだとき、飛び上がらんばかりに驚いた。なんとそこには教授が持ち帰った紋様とほとんど同じ種類の紋様と図形が金星人から与えられたものとして掲げられていたからである。

この点については教授は「私はアダムスキーの書物を読むまでは、あの紋様についてほとんど関心はなかった」と述懐している。アダムスキーが『空飛ぶ円盤は着陸した』を出したのはオメ教授が著書『太陽の子ら』を出す前であったから、アダムスキーがオメ教授の発見を知っていたわけはない。

12:03pm の 8 月 3, 2014 にある 古谷 茂 のコメント

そうです。

最初から、ひらがなとカタカナは日本にあって中国に渡って甲骨文字に変わり、漢字として逆輸入されたわけです。「漢字以前に文字が無かった」という刷り込みは、弥生時代に縄文人(アイヌ人)を侵略・征服支配した弥生人(渡来人)の陰謀だったのです。そして、その刷り込みが今に至るまで続いているのです。

古墳は「4世紀ころから作られた豪族の墓」ではなく、数万年前に縄文人(レムリア人)が建設した宇宙船の発着台だと考える方が、私たちにとっては納得がいきやすいと思います。それを後世になって、豪族が自分たちを権威づけるために墓として転用したと考えられます。

11:50am の 8 月 3, 2014 にある 獅子 ark 666 のコメント
ナルホド(^-^) 元々は文字も日本から世界に広まっていったわけであり、その他の外来文化についても同じことが言えるわけですね!だから、日本人は外から入ってきた文化も、元は日本から派生したものの変化形に過ぎない訳だから、難なく受け入れられるということなんだ(ノ^^)ノ
11:13am の 8 月 3, 2014 にある 古谷 茂 のコメント

世界の古代文字画

古代文字便覧

【アヒル草文字と甲骨文字全対応】①
漢字は甲骨文字から作られていますが【カタカナ】も神代文字として存在していました。
現存する言語の中では漢字とひらがな・カタカナを混在して使用する日本語こそもっとも神性をとどめているといえるでしょう。
日本人は宗教も含めて外来の物を拒絶せずに受け入れますが【キリスト教やイスラム教】は浸透しません。
自覚出来なくても【魂レベル】で同質なものと時間経過の過程で変質したものを無意識に判別しているのではと感じます。
漢字だけを使用してきた中国では【簡体字】を導入したため神代文字の痕跡は失われてしまい

ました。
繁体字は日本語の旧字に相当し日本語表記に近いため台湾を始め繁体字を理解する民は日本人
に対し友好的です。
世界中にペトログリフ遺跡が有りますがそれらが【神代文字】でありすべての文明の原点が共
通で有ることを示していくことが求められているのでは無いでしょうか。
神代文字とは神との交信のために作られた文字であり漢字はもっとも神代文字の痕跡を残した文字です。
経済を始め様々な分野で対立が激化し【戦争の足音】を感じる現代こそ共通性を探し示す事が重要と感じます。
簡体字は【1960年】に導入されました。従ってそれ以前に教育を受けた中国人には日本語はなじみの有るモノであり逆にそれ以降に生まれ育った現在の中心世代には日本語はなじみの無いものです。
しかし在日中国人は韓国・朝鮮系外国人を越えて日本最大に成っており無視できない存在です。
独立行政法人統計センターによると、2010年12月末時点では両地域合わせて687,156人が外国人登録とウィキペディアには書かれています。
参考資料
【古代文字便覧・伊那の谷から古代が見えるより】
http://homepage3.nifty.com/utukusinomori/binnrann/binran1-aiueo.html

5:18pm の 4 月 26, 2014 にある 古谷 茂 のコメント

マルセル・オメ教授が発見したペドラ・ピンタダ巨石の碑文 (ブラジル・ロライマ州ボナビスタ)

オメ教授によると太古において空を飛ぶ機械を用いていた偉大な文明がこの地球上に存在したという。ジャイアント・バード(巨大な鳥)を持つ人々がこの地上に存在した時代があった。その巨大なシンボルは今なおペルーやアンデスの高地に刻まれていて、翼の両端間の距離が150メートルに達するのがある。これは非常な高空からでないと見られない。平たい地面または岩に刻まれたこのシンボル類は、宇宙旅行や空中戦をやった人々のシンボルとみなしてよいだろう。

「私は大西洋沿岸の国々の口碑伝説や伝承詩などを研究したが、すべて巨鳥の伝説が確実に残っていて、それらは空中で火を噴いて大地を破壊しながら絶滅してしまった」と教授は述べている。

オメ教授が発見した金星文字!?

アダムスキーに残された金星文字

http://blog.goo.ne.jp/flatheat/e/31f792c92ffe872282252d3dd5b5cac8

© 2017   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約