―伝承と遺跡にみる天空人の痕跡―
この冊子はアイヌ文化神オキクルミカムイと、その伝承を現代に伝えてこられた多くの伝承者とその叙事詩の翻訳者への感謝を込めて、日本と世界の先住民族を愛する方々に御高覧頂きたく、制作したものです。
 私は50年ほど民間レベルでUFO問題に従事し、その過程で民間UFO研究団体宇宙友好協会(CBA)によるハヨピラ建設工事に参加しました。その後、言語学者金田一京助先生の『アイヌ聖典』などを学ばせて頂き、スライド作品『カムイカラシンタ』を制作して地元小学校の娘の担任教師や職場の高校生に公開しました。また民間UFO研究グループ天空人協会機関誌『The Sky People』誌に「アイヌ伝承にみるUFOLOGY的要素」を発表し、中国山西省UFO研究会が発行する『飛碟』紙に「阿伊努族民族圣经中的飞行机器和飞行衣服」という一文を発表しました。
 私の妻が札幌の出身であったため、平取や札幌には、青函連絡船に揺られて行った時代から、列車で、フェリーで、飛行機でと、何度も行きました。1964年から1966年までの建設工事期間中は、富良野までの長い道中をトラックにコンクリートブロックを満載して往復しました。その頃、沙流川周辺の山々では木材を採取させて頂きました。平取町の方々には、公園の植物に使う腐植土を戴く際、お世話になりました。また行事のときは、学校施設に宿泊させて頂きました。2010年の6月24日には、役場の許可を得て、仲間と共にハヨピラに参拝しました。私にとって沙流川領域は第二の故郷です。
 この冊子は、日本原住民アイヌ民族の神、オキクルミカムイを宇宙からの訪問者であり、人類の教師であったことを、グローバルな視野をもって述べようとするものです。そこでまず、このテーマについて開拓された先人の歩みから、ご紹介したいと思います。
https://www.facebook.com/Exoplitics.Japan/posts/1616537581920978

レーティング:
  • 現在は 5 段階評価の 0 つ星です。

表示: 101

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約