古墳=宇宙船の発着台は世界の各地に分布している。

メイズハウ(Maeshowe、Maes Howe,またはマウス・ホーウェ)とは、イギリス・スコットランド北東沖にあるオークニー諸島内のメインランド島にある、 新石器時代のチェンバード・ケアン及び羨道墳である。スカラ・ブレイを含むメイズハウのまわりのモニュメントは、1999年に世界遺産に登録されている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%8F%E3%82%A6

レーティング:
  • 現在は 5 段階評価の 5 つ星です。

表示: 141

1 人のお気に入り

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

6:47am の 10 月 1, 2015 にある 古谷 茂 のコメント

丹後 縄文文明

五色塚(ごしきづか)古墳

五色塚古墳(ごしきづかこふん)は、兵庫県神戸市垂水区にある、兵庫県下最大の前方後円墳。別名「千壺(せんつぼ)古墳」。築造年代は4世紀末から5世紀初頭と推定されている。国の史跡に指定されている。

6:41am の 10 月 1, 2015 にある 古谷 茂 のコメント

飛鳥 縄文文明

高松塚古墳・キトラ古墳~奈良県明日香村~

まず高松塚古墳は、藤原京期(694年~710年)の間にかけて築造された古墳で、直径23m(下段)及び18m(上段)から成る2段式の円墳で、被葬者は明らかではありません。


 1962(昭和37)年頃、明日香村檜前の村人がショウガを貯蔵しようと、穴を掘ったところ擬灰岩の四角い切石を見つけたことが発見のきっかけで、 1972(昭和47)年に遊歩道設置に関連して発掘調査を開始。発掘開始から間もなく、石室の東壁・西壁・北壁(奥壁)・天井の4面に描かれた極彩色の壁 画が発見されて、一大ニュースとなりました。また鎌倉時代ごろに盗掘を受けていたものの、副葬品の一部も発見されています。

キトラ古墳・・・・・朱雀とともに眠る被葬者

所在地は明日香村大字阿部山ですが、その場所は高取町大字観覚寺の東際で高取町に向かって位置する古墳です。高松塚古墳(直径18m高さ5m)の南1キロにあり、直径14m高さ3.3mで7世紀末から8世紀初頭に築造された横口式石槨の古墳です。

6:23am の 10 月 1, 2015 にある 古谷 茂 のコメント

滋賀県東近江市にある「蒲生の古墳群」

5世紀中頃に同じ地域に5基以上の古墳がまとまって築かれており、滋賀県では最大級の古墳群です。
1500年という長い年月の間に古墳の様子は様変わりし、盗掘され、林や田畑に変わってしまいました。

この古墳を出来るだけ当時の姿に戻したのが、この形。
http://ch01579.kitaguni.tv/e1126014.html

6:14am の 10 月 1, 2015 にある 古谷 茂 のコメント

銚子(ちょうし)塚古墳附(つけたり)丸山塚古墳

銚子塚古墳は、笛吹川の左岸に連なる曽根丘陵の北麓(ほくろく)に位置し、前方部を東に向ける前方後円墳です。

前方後円墳は、上から見ると「かぎ穴」のような形をしています。
墳丘の規模は全長169m、後円部の直径92m、高さ15mで、県内で最大規模を誇る古墳です。
古墳時代前期のものとしては、東日本でも最大級です。

墳丘は後円部が3段、前方部が2段で築かれ、葺(ふき)石と埴輪(はにわ)列の外部施設を持つことから、ヤマト王権とのつながりが指摘されています。

古墳は昔の人のお墓で、埋葬された場所は、後円部の中央の「竪(たて)穴式石室」という、石で囲まれた空間です。
石室内からは、大量の「朱」と青銅鏡5面、碧玉(へきぎょく)製車輪石・石釧(くしろ)、鉄剣、鉄刀、南海産スイジガイ製貝環(かいわ)などが出土しまし た。出土した鏡には三角縁神獣鏡も含まれることから、古墳周辺の地域がごく早い時期に、ヤマト王権に組み込まれたことが想定されます。

また、銚子塚古墳の北東には、直径72mの丸山塚古墳(円墳)があり、この古墳も銚子塚古墳に続く、首長の墓と考えられます。

銚子塚古墳以降、古墳の規模が縮小していくことから、ヤマト王権において甲斐地域の重要度が低下していったことが指摘されています。

http://www.city.kofu.yamanashi.jp/senior/bunkazai/024.html

6:06am の 10 月 1, 2015 にある 古谷 茂 のコメント

5:59am の 10 月 1, 2015 にある 古谷 茂 のコメント

沖縄の墓

沖縄の墓の形と大きさは、ヤマトの人が沖縄に来て驚くことの一つであるに違いない。もちろん僕もそうだった。興味を持って見ていくうちに、最も特徴的な亀 甲墓以外にも、様々な墓の形態があることもわかってきた。その形態の違いにもかかわらず、沖縄の墓に共通していることがある。それは墓口が地上面にある、 ということだ。ヤマトの墓は墓石を上から乗せるために墓口がない。それはまるで死人が蘇らないようにするために、重しで押さえつけているかのようだ。一 方、沖縄の墓は墓口を塞いでいる漆喰なり石なりを取り除くと、すぐにあの世とこの世が通行可能になる。それだけ沖縄では死者と生者の距離が近いと言えるだ ろう。
http://www.nexyzbb.ne.jp/~akiurin/sub12.html

5:57am の 10 月 1, 2015 にある 古谷 茂 のコメント

マオリ族の墓

山の斜面を利用しており、高い場所に眠る人ほど族長など身分の高い人らしい。マオリでは霊魂の復活が信じられており、
肉体はそのまま土葬にされている。ただし殺人犯などの極悪人は、2度と甦って欲しくないと意味で火葬にされるという
(じゃあ大半の日本人は復活できないね…)。所変われば死生観や埋葬のあり方も違うという意味で、ここに紹介してみた。
http://kajipon.sakura.ne.jp/haka/h-bangai.htm#maori

2:46pm の 9 月 27, 2014 にある 古谷 茂 のコメント

2:33pm の 9 月 27, 2014 にある 古谷 茂 のコメント

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約