長老によると、かつてニュージーランドとイースター島と日本( 淡路島)にゲートがあったのですが、1450ー80年頃に日本からハワイに移ったのだそうです


それが、ポリネシアン・トライアングル(Polynesian Triangle)で、北端をハワイ諸島、南東端をラパ・ヌイ(イースター島)、南西端をアオテアロア(ニュージーランド)の3点を結んで出来る三角形のことを言います。

下の地図は、太平洋上にはるか昔にあったとされる「ムー」という大陸の想像図です。

広大な大陸で、東の端は現在のハワイ諸島、西の端はマリアナ諸島、南はポナペ、フィジー、トンガ、クックの諸島を結ぶ線、最東南端はイースター島に至る地域を占めていました。

東西の延長八千キロ、南北五千キロにわたり、太平洋の面積の半分以上になるそうです。

最後に、今回の変化はかなり大きな変革となるでしょう。

今まで私たち先住民は政府から伝統や儀式を伝えることを禁じられてきましたが、近年になって少しずつ表に出ることができ、こうやって外国に来て、情報交換をすることができるようになりました。

お互いに必要なものが何かを話し合い助け合うことができるようになったわけです。

同じ記憶を持つ人々との交流は大事なのです。

この変革は神がデザインしたものですから、私たちが一つに向かおうと動く時、きっと種が違う者たちも考え方を変えて同じ方向に向かってくれるようになるでしょう。

地球上にやって来た人たちが集まって、それぞれの記憶を辿ることで、また一つになっていく時代がくるのですね!

http://flatheat177.ning.com/profiles/blogs/5712408:BlogPost:137991?xg_source=activity

レーティング:
  • 現在は 5 段階評価の 0 つ星です。

表示: 309

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

5:33pm の 3 月 31, 2015 にある 古谷 茂 のコメント

GFLJ7/29,2014:ワイタハ長老からのメッセージ 

テ・ポロハウ長老は、ワイタハ族のルーツに ついてこう語りました。

ワイタハ族はシリウスに起源を持ち、そしてイルカ族にルーツを持っています。地球へ は、ムー(レムリア)の時代にやって来ました。

その後エジプト、シリアへと渡り、最終的に 神々によって、水の豊富な島であるアオテアロア(ニュージーランド)へと導かれたのです。

テ・ポロハウ長老によれば、シリウスにルーツを持つ人種はワイタハ族だけではないと言います。日本人、イタリア人、ドイツ人などの多くも、シリウスにルーツを持つことが、古い石版に記されたリストや言い伝えな どに残っているそうです。

ちなみに、シリウスからやって来た人々の特徴のひとつが、「洞窟文化を持っていること」なのだそう。

「私たちの祈りの場であり、教えの場という のは、洞窟を利用して作っています。なぜ洞窟を利用するかというと、大地のクリスタルを活用するためです。クリスタルはDNAに刻まれた未知なる力を加速させてくれるパワーを持っています。

3:16am の 1 月 20, 2015 にある 古谷 茂 のコメント

3:12am の 1 月 20, 2015 にある 古谷 茂 のコメント

7:31pm の 8 月 24, 2014 にある 獅子 ark 666 のコメント
え~~、私はダイビングできないんです~(^_^; でも、海底探検、いいですね~
5:39pm の 8 月 24, 2014 にある 古谷 茂 のコメント

次のイベントは海底探検をやりましょう(笑)

5:36pm の 8 月 24, 2014 にある 獅子 ark 666 のコメント
これです!さすが、古谷さん!この遺跡のあたりには、大きな大きな亀のような形をした巨大岩があり、その上にびっしりと海猫が群がっていましたが、よーく見ると巨大岩の真ん中に朱の色のついた小さなお社が祀られていたのが今でも印象に残っています!
5:30pm の 8 月 24, 2014 にある 古谷 茂 のコメント
3:44pm の 8 月 24, 2014 にある 獅子 ark 666 のコメント
あっ、そういば、去年、友人と出雲大社に行った際に、友人はダイビングで日ノ御碕神社の前にある海底遺跡を見に行きました。神殿のようなものが残っているのを、地元のダイビングスクールの経営者の方が数年前に見つけられたそうです。
2:11pm の 8 月 24, 2014 にある 古谷 茂 のコメント
2:03pm の 8 月 24, 2014 にある 古谷 茂 のコメント

© 2020   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約