レイライン(ley line)は、古代の遺跡には直線的に並ぶよう建造されたものがあるという仮説のなかで、その遺跡群が描く直線をさす。レイラインが提唱されているケースには古代イギリスの巨石遺跡群などがある。レイラインの存在は1921年にイギリス人のアマチュア考古学者アルフレッド・ワトキンス(en:Alfred Watkins)によって提唱され、その著書『The Old Straight Track』(古い直線路)によって遺跡の直線的配置性が世間一般の注意を引きつけることとなった。
【資料室】火星シドニア地区には明確な都市計画が存在した!
http://flatheat177.ning.com/group/library/forum/topics/5712408:Topic:138112

126 仁徳陵の謎(再考)Mystery of Nintoku Tomb Mound, Japan
http://player.mashpedia.com/player.php?q=tdqUCyD7oLA

レーティング:
  • 現在は 5 段階評価の 0 つ星です。

表示: 133

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

8:16am の 7 月 29, 2014 にある 古谷 茂 のコメント

遺跡地図岐阜

私たちは笠置山と金峰山を結ぶラインの中心に分抗峠が位置するという重大な発見をしている。関西にも同じラインがあるにちがいないと思う。

誰か挑戦してみませんか?

© 2020   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約