南極で3つのピラミッド発見!?:だれが構築したのか?あるいは自然現象か?

いやーこれは実に興味深い。なんと「南極大陸に巨大ピラミッドが3つも発見された」というニュースである。「舞台裏の真実」の以下のものである。
http://quasimoto.exblog.jp/

レーティング:
  • 現在は 5 段階評価の 0 つ星です。

表示: 205

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

3:43am の 9 月 11, 2012 にある 古谷 茂 のコメント

Palm trees once thrived in the Antarctic 52 million years ago

地球温暖化で南極の氷の融解がすすんでいるが、それが原因で氷の下にあったピラミッドが出現したという。現在出現したピラミッドは2つ。3つ目がでてきたらギザのピラミッドと同じスタイルだという事になる。
アトランティス文明の研究家たちの間では、南極大陸がアトランティス大陸であるとする説がある。海面ならぬ氷の下に沈んだ文明といったところだろうか。1938年末から1939年のはじめにかけて、Nazisは航空機を使った南極大陸の調査を行なった。もしこの時にピラミッドを発見していたら、さらにつきつめた調査をしていただろう。
また南極大陸にはかつてヤシの木があったという説もある。Integrated Ocean Drilling ProgramのEtienne Classen氏はヤシの木が生えた南極の絵を描いている。
私個人はこのニュースについてまだ半信半疑。今後注視していくつもりだ。

http://satellite2500.seesaa.net/category/8505531-1.html

8:31am の 9 月 5, 2012 にある 古谷 茂 のコメント

© 2020   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約