プラトンが伝えたアトランティス文明の首都

The capital of Atlantis as described by Plato. (Copyright Lee Krystek 2006)

The idea of a lost, but highly advanced civilization has captured the interest of people for centuries. Perhaps the most compelling of these tales is the story of Atlantis. The story appears again and again in books, television shows and movies. Where did the story originate and is any of it true?
http://www.unmuseum.org/atlantis.htm

レーティング:
  • 現在は 5 段階評価の 0 つ星です。

表示: 229

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

1:33pm の 9 月 13, 2012 にある 古谷 茂 のコメント

http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4499201039/ref=dp_top_cm_cr...

今から約1万2000年以上前、現代文明をはるかに凌ぐ「アトランティス」と呼ばれる超古代文明が大西洋に存在した。このアトランティスについて最初に語ったのはギリシャの哲学者プラトンで、彼はこの伝説について『ティマイオス』と『クリティアス』という2つの著書に書き残している。

プラトンによるとアトランティスは、リビアとアジアを合わせたほどの大きさがあり、場所は 「ヘラクレスの柱の外側」にあった。そしてこの大陸に住むアトランティス人は、非常に徳が高く、聡明で、テレパシーも使い、「オリハルコン」と呼ばれる超金属を自在に操っていたという。

またこのアトランティスでは、オリハルコンをもとに、飛行機、船舶、潜水艦などが建造され、 テレビ、ラジオ、電話、エレベーターが普及しており、エネルギーはレーザーを用いた遠隔操作によって供給されていた。

しかしこれだけ高度な文明を持っていたアトランティスも、今から約1万2000年前に大地震と大洪水が大陸を襲い、わずか一昼夜のうちに海中に没して姿を消してしまったのである。

http://www.nazotoki.com/atlantis.html

8:43am の 8 月 20, 2012 にある 古谷 茂 のコメント
6:50am の 8 月 20, 2012 にある 古谷 茂 のコメント

Lloyd K. Townsend illustrates Atlantis

古代ギリシアの大哲学者プラトン晩年の対話編『ティマイオス』と『クリティアス』とをの典拠とする伝説。
未来が過去に反映したものと考えられる。
アテナイの政治家であり詩人でもあったソロンがエジプトに旅行した折、
その地の神官が、古い記録に基づいて彼に語って聞かせた体裁をなしている。
それによると、ソロンの時代をさかのぼる9000年以前、ギリシア人が「ヘラクレスの柱」と呼んだジブラルタル海峡のかなたにアトランティス
Atlantis
という名の島があった。
それはアジアとアフリカを合わせたよりも大きく、ポセイドン神の5組の双生児が島を10分して支配していた。
整然たる都市計画と強力な軍事組織を備え、ヨーロッパやアフリカの一部まで支配下に置いていた。
しかし、大地震と大洪水とが重なり、一昼夜にしてこの島は海中に没し去ったという。
【平凡社世界大百科事典より】

アトランティス伝説

 

2:27am の 8 月 20, 2012 にある 古谷 茂 のコメント

2:26am の 8 月 20, 2012 にある 古谷 茂 のコメント

© 2020   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約