日露戦争中の明治38年、鴨緑江軍の兵站経理部長として奉天郊外のラマ教寺院に駐屯中の浜名寛祐は、広部精という博識の軍人から奇妙な巻物を見せられた。もとはある古陵墓より出土した秘物であり、兵禍をおそれて移動したのちに、同寺院に厳重に保管するべく託されたものであるという。これを書写した浜名寛祐は十年の歳月をかけて研究し、日韓古語の研究からその解読に成功し、大正15年に『契丹古伝』(日韓正宗遡源)を発表した。本書はその復刻である。
『契丹古伝』は、10世紀に東丹国(契丹の分国)の耶律羽之によって撰録された漢文体の史書で、『耶馬駘記』『氏質都札』『西征頌疏』『神統志』『辰殷大記』『洲鮮記』など、幻の渤海史料によって構成されていた。そのため固有名詞の音借表記が契丹音によるべきか、渤海音によるべきか同定が困難であったが、古代日本語による解読を許容すると推定される部分もあり、古代においては東アジア全域に共通する言語圏が存在したことが想定される。
 浜名によれば、『契丹古伝』はスサノオ尊と同定しうる神祖がコマカケとよばれる天の使いである鶏に乗って、聖地・白頭山に降臨したという神話を核心とし、シウカラ(東大神族)とよばれたその末裔たちが韓・満洲・日本の3大民族の祖として大陸に雄飛したことを伝える。
 古代中国の尭・舜・殷はこのシウカラ系の国家であったが、「海漠象変」と表現される天変地異とともにシウカラ族は没落し、西族(漢民族)によって中原を追われる。
『契丹古伝』によれば、のちに東夷とよばれるようになる日・韓・満民族こそが中国大陸に超古代王朝を築いた先住民であり、契丹王朝もその末裔であった。また『契丹古伝』は、本州と九州がかつては陸続きであったが人工的に開削されて海峡となったことや、ゴビ砂漠にはニレワタとよばれる幻の湖があったことなど、超古代の地形の変遷についても特異な伝承を伝える。
 さらに満洲にオロチ族とよばれる呪術をよくする異民族がいたことを伝えるが、これは『上津文』に登場するオルシ族ではないかと思われる。また鳥人・熊襲族が沖縄・南韓へ侵入したという記述や、匈奴・扶余・高句麗などの騎馬民族国家の成立、倭国と古韓国との交流、馬韓にあった邪馬台国の伝説など、環日本海文明の存在を伝えるきわめて貴重な伝承の宝庫として、今後の再評価が大いに待たれる異色の超古代文献である。
 なお、スサノオが大陸を経綸した霊的消息については「霊界物語」にも伝えられ、王仁三郎の入蒙問題とも関連して注目されるところである。

http://www.hachiman.com/books/89350-561-0.html

表示: 464

このディスカッションに返信

契丹古伝(東族古伝) 

契丹古伝(東族古伝)とは?

契丹といえば、多くの人は10世紀に今のモンゴル一帯に勢力を張った存在として認識するかもしれない。 ただ、そのルーツはもう少し東寄りであって、かつては匈奴の東方に位置していた。
それだけに、契丹は東アジアの諸民族との関係が深い民族といえる。
契丹古伝は、もともと題名を欠く秘本であり、誤解を招きやすいが、 契丹王家が発見したという意味不明の神秘的な詩に絡めて、それに関連しそうな史料を収録したという かたちをとる書物なのである。
そして、その史料のほとんどが東アジア(日本を含む)について述べたものであり、そこには 紀元前の日本の姿を垣間見ることができる。

また本書には、神話部分を含め、多くの古語が散りばめられているが、それらが不思議にも日本神話の人名を彷彿とさせたり、 日本語の古語を思わせる単語であったりするのも興味深い点である。

契丹古伝は、浜名寛祐氏が日露戦争の軍務遂行中に満州の奉天所在の某寺で写し取ったという「某陵の秘本」とされるが、 その点に疑いがかけられ、かつての日本の大陸進出という時代背景で成立したものと見られがちな存在ではある。
しかし、その内容は示唆にとみ、現代においてもその内容は色あせるどころか、一層説得力を増している。
これは、日本古代史の解明の大きな鍵となるばかりでなく、現代の日本や世界にも不思議な光を投げかける ものといえる。
もし、これが明治期に軍部等により作出されたものであるとすれば、相当な秘伝・古伝に通じたものが 大変な知力を駆使して作ったものといわざるをえない。それほど貴重な情報が含まれているものなの である。
しかし、その内容が理解困難であることから、他の文献解釈の際の単なる補強材料として用いられたり、 あるいは理解困難な部分を「どうとでも解釈できる」ことにしてしまいそれをトンデモ本的な想像力 で補ってしまう解釈が横行し、本古伝の真意を真正面から解釈しようとするものはほとんどない。
しかし、当古伝は、「作り話を延々と講じる」タイプの文献とは明らかに異なり、簡潔な中にも 深遠な内容を有しており、他の文献に引きづられることのない正攻法の解釈が必要である。
このサイトは、その一端をご覧にいれるように努めるものである。

※当サイトは工事中です 読み辛い点は御諒解願います。

  凡例
原文の旧字体は、読み下し文では原則として新字体に改めたが、一部元のままにしてあるものもある。
「読み下し文の口語直訳(の様なもの)」は、読み下しの文語調に馴染みがない方のために、 読み下しの雰囲気を感じ取って頂くため、やや舌足らずの日本語になるのを承知の上で掲載したものである。
これは、(一般に見られる)饒舌な口語訳は、訳というより主観的解釈の披露の場となってしまい 、原文のニュアンスが覆い隠されてしまうことになるので、当古伝の正確な解釈をする上で妨げとなる ことがあるからである。
読み下し文では旧仮名遣いを使用し、口語訳では現代仮名遣いを使用している。
読み下しは、浜名氏のものに従った部分が多いが、句読点など細部は多く改めた。
また、独自に読み下した部分もある。
それゆえ、口語訳を含め、無断引用・転載・出版等を禁じます。(契丹古伝ではないが、以前筆者に よる漢文読み下し・現代語訳を無断で出版した方がいた。このようなことは固くお断りします。)


RSS

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約