【解説⑥】よみがえる縄文宇宙文明の記憶(3):日本はピラミッドの発祥地だった 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昭和初期、「日本ピラミッド説」を提唱し、全国にピラミッド探査を展開した人物がいます。「酒井勝軍(かつとき)」です。

キリスト教の牧師で、キリスト教の歴史を研究していた彼は、古代ユダヤ、エジプトのピラミッドへと進展していき、古代ユダヤ民族と日本の天皇に秘められた関係があることを直感、日本の超古代史へと進んでいきます。

その結果、ピラミッドが、古代の日本で発祥したものであることを確信し、日本全国にピラミッド探査を開始。
昭和9年、広島で葦嶽山(あしたけやま)を発見するのです。

「日本にピラミッドが存在するー」 ピラミッド説の酒井勝軍とはー?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://ameblo.jp/64152966/entry-11958496465.html
今現在、私は広島に住んでいますが、私の家から車で2時間半のところに庄原という土地があります。
その庄原にピラミッドなるものが存在するとされています。
実は、昨日、そのピラミッド=葦嶽山(あしたけやま)に行って来ました。
という訳で、記事の更新が出来ませんでした。

日本のピラミッドで一番有名なのが葦嶽山です。
葦嶽山と隣の鬼叫山には、人工的と思われる巨石が一杯あります。
大正初期に神武天皇の財宝が埋められているという噂によって、この巨石がたくさん倒されました。
また神代アヒル文字が刻まれた岩もあったそうで、超古代遺跡の可能性も。

葦嶽山(あしたけやま)は、広島県庄原市の東部、本村町に位置する山である。標高815m。
中腹部から山頂付近にかけ人工的に積み上げたようにも見える岩の形跡などのあることから、"日本ピラミッド"として知られており、古くは神武天皇陵と伝えられていた。

Wikipediaより
超古代遺跡
日 本ピラミッドといわれる葦嶽山(あしたけやま)は、昔から神武天皇陵といい伝えられ、その神秘的な山容と巨石群は古代遺跡の謎とされていましたが、昭和9 年にピラミッド研究家の酒井勝軍が山頂で太陽石と磐境を発掘し「世界最古のピラミッドの本殿で北側の鬼叫山が拝殿である」
と発表しました。

葦嶽山の近くに、蘇羅比古神社というのがありますが、蘇羅比古神社の狛犬(こまいぬ)は空を向いているそうです。

☆葦嶽山と鬼叫山(広島県庄原市)

1934年ピラミッド研究家「酒井勝軍」が山頂から直径約3mの太陽石とそれをとりまく円形と方形の磐境を発掘しました。
が、戦前の国家権力によって頂上の中心石、敷石等は破壊されたということです。
何でもないものを破壊してしまうとは、考えにくいので、この葦嶽山は、かなり本物である可能性があります。
もし、頂上の中心石、敷石等が、現存していたら、恐らく、今頃は大変な騒ぎになっていたことでしょう。。


ところで、このピラミッドが建造された年月日が大きな問題です。
なんと、2万3千年前に造られたと科学分析されています。
http://cache.yahoofs.jp/search/cache?c=adQaAR8hdR4J&p=%E5%BA%84%E5%8E%9F+%E3%83%94%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%83%E3%83%89&u=www.earthkeeperh3.com%2Ftruth%2Fashitakesan.html


アトランティス大陸が沈没したのが、およそ1万5千年前。
そうなりますと、怖ろしい仮説が成り立ちます。

古代ユダヤの最古の源流は、我が国、日本の地であった事になるのです。
ロスチャイルドやイルミナティが、日本に対してなみなみならぬ関心を寄せるのは、これが本当の真相かもしれないのです。 

日本⇒アジア大陸⇒アトランティス⇒古代ユダヤ人

そして、その祖先が、歴史を遡ってアジア大陸を逆流していつからか、日本の地に舞い戻って来た。
尚且つ、日本の土地とその全てを手に入れようとしている可能性が大きく浮上して来ました。

この事を真に理解しなければ、今、日本と世界で起こっている様々な出来事を本当の意味において知ることは出来ないでしょう。

日本からアジアを渡りアトランティスへ、その末裔が古代ユダヤ人で、また日本に舞い戻って来た!


http://cache.yahoofs.jp/search/cache?c=nE2KArecXW0J&p=%E5%BA%84%E5%8E%9F+%E3%83%94%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%83%E3%83%89&u=oshienai.com%2Fkikaku%2Fgakkari%2Fgakkari02.htm

ピラミッドとして神秘視されるのは、ただ三角であることだけが理由ではない。
最初に述べたように、頂上付近に謎の巨石群が存在するのである。

古代の人が儀式に使用していたとされる巨石群。
それらがあることが、この山を神秘視し、神のように奉っていたことの証拠となるそうだ。


【歴史ミステリー】
日本のピラミッドでマッカーサーは何を探していたのか!?

日本からアジアを渡りアトランティスへ、その末裔が古代ユダヤ人で、また日本に舞い戻って来た!

「ピラミッドはアトランティスの生き残りが作った」~元イルミナティ幹部、「暗黒の母」が証言

達人さんの記事より一部引用します。 
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/123.html



2008年1月帰国の日にシアトル空港近くのデニーズ前で。
向かって左がシスコさん,右が元侍女のシェリーさん。
暗く悲しい過去にもかかわらず死ぬ覚悟が出来ているので 底抜けに陽気なのが救いでもあった。
「暗黒の母」の侍女だった多くの女性は、口封じの為に、例外なく今日まで暗殺されて来ました。
イルミナティを脱会したシスコさんと元侍女のシェリーさんは、今でも命を狙われ続けています。
掛け値なしの文字通り、本物のイルミナティだった人達です。


シスコさんのポートランドの家。今は矯正施設になっている。
窓にはライフルで威嚇された弾丸の跡があった。
シスコさんは現在ワシントン州に住んでいますが命を狙われているのは変わらない。


シスコさんによると ピラミッドはアトランティスの生き残りが作った と言っていましたがこの写真を見る限りそうとしか言いようがない。


管理人

真性ユダヤ人は、もしかしたら、アトランティス人の末裔かもしれませんね。
経緯を眺めるとそうとしか思えません。
ピラミッドを建造したのは、ユダヤの石工と云われています。

イルミナティというのは、そのユダヤ人の歴史の中に入り込んでユダヤ人になりすました白人の人達で偽ユダヤ人とも云われ、いわゆるアシュケナ-ジと呼称されている集団です。

日本の歴史の中心に君臨して来たのは、ユダヤの末裔という説が根強くあり、その信憑性はかなり高いようです。
日本に渡来して来たのは、他にも、漢民族、朝鮮族、マレ-系とか様々な民族の血が混合した人種には違いありませんが、しかし、常に、社会の最上部に君臨して、日本の歴史を創って来たのは、ユダヤの末裔であると云う事らしいです。

http://cosmo-world.seesaa.net/article/114709064.html
~より一部引用

数年前、ロスチャイルドは淡路島や八坂神社・貴船神社・伊勢神宮を回り感嘆したと伝えられる。
そこにあったものは、古代ユダヤ儀礼の再現であった。
今では日本こそ失われた末裔の地だというのがラビたちの共通認識となっているといわれる。

いったい、ここ日本ははどのような地なのか?

日本には古代ユダヤの血が息づいている。
それは間違いなく、だからこそロスチャイルドも日本になみなみならぬ関心を寄せ、自分で淡路島に立ち、その土地を買った。

-引用終わり-

フリーメーソンしか知らない、富士山の“重大な秘密”!? メーソン会員証に描かれた、日本ピラミッドの謎!!

http://tocana.jp/2014/06/post_4151_entry.html   

念願が叶い、世界遺産に登録された富士山。
日本一の標高を誇る霊峰だ。秀麗な姿は海外でも有名で、日本の代名詞になっている。
はからずも、それを実感したのは、秘密結社フリーメーソンの会員証を拝見したときのことだった。
日本のロッジに所属するフリーメーソンが所持する会員証には、富士山が描かれているのだ。

富士山には火口がある。横から見ると、火口部は水平で、ちょうど富士山は台形のような姿となる。
フリーメーソンの会員証に描かれた富士山も、しかり。
その上に、万物を見通す目、通称プロビデンス・アイが光っている。

そう、これは、まさに1ドル札の裏に描かれたピラミッド・アイ、そのものである。富士山は霊峰であると同時に、ピラミッドに見立てられているのだ。

実際、“日本ピラミッド”という概念がある。
古史古伝のひとつ『竹内文書』には、広島の葦嶽山や長野県の皆神山など、超古代文明の神殿として日本ピラミッドが建設されたことが記されている。
日本ピラミッドとはエジプトのピラミッドと違い、自然の山を利用して、巨石などを配して整形された山岳祭祀遺跡のことで、秋田の黒又山などは山頂部から縄文土器が発見され、学術的にもその存在が認められている。

今回、世界文化遺産として認められた富士山は、まさしく霊山であり、日本ピラミッドにふさわしい。富士山山頂には神社があり、周辺には磐座や巨石遺構が多数存在し、まさに日本一の山岳祭祀遺跡である。
フリーメーソンがいうまでもなく、富士山はピラミッドなのである。

 ちなみに、お札の都市伝説として、100円札とピラミッド・アイなるものがある。
描かれた富士山を透かすと、山頂部に裏に描かれた野口英世の
片目が見えるというもの。フリーメーソンの会員証、もしくは1ドル札と同じ構図だ。もちろん、これは偶然ではない。
明らかに仕組まれたものだ。

 フリーメーソンは知っているのだ。
富士山がいかなる山であるかを。
たんに霊峰という意味のみならず、もっと重大な秘密が存在することを認識している。
中でも、彼らが注目しているのは富士山山麓に存在した超古代文明である。
度重なる噴火によって滅んでしまったが、かつて富士王朝なるものがあった。

その富士王朝を開いたのは、はるかシルクロードの彼方からやってきた神々である。
そう伝えるのが、もうひとつの古史古伝『宮下文書』である。
秦始皇帝の命を受け、不老不死の仙薬を求めて旅立った徐福が目指した蓬莱山とは、まさに富士山のとであり、彼が文書としてまとめたのが『宮下文書』の始まりであるというのだ。

徐福は童男童女のほか、さまざまな技術者を引き連れて出航している。
彼らは、ある意味、古代のフリーメーソンである。
秦始皇帝の陵墓がきれいな四角錐であり、かつ徐福ともどもユダヤの血を引いているという説を鑑みるとき、あらためて富士山の存在がクローズアップされてくる。

本書『富士王朝の謎と宮下文書』は、これまで深く語られることのなかった『宮下文書』を手掛かりに、失われた富士王朝の実像に迫っている。
世界遺産に登録された今こそ、富士山の封印を解く時ではないだろうか。


表示: 171

このディスカッションに返信

〝闇の封印〟の外にある『契丹古伝』の発見

以下、http://www.asyura2.com/10/bd59/msg/848.html 様から抜粋。

--------------------------------------------------------------------

【第3章 古代日本は中国に占領された―漢字文化に抹殺された真実】

神代文字を抹殺した恐るべき〝黒い勢力〟がある

奈良時代以前の日本に文字があったことは、文献にもはっきり書かれているし、遺物にもは
っきり刻まれている。したがって、文献と遺物の両方から、日本に古代文字があったことはす
でに立証済みである。


にもかかわらず、そのことがこれまで周知の事実とならなかったのはなぜだろうか。古代史
の権威が口をそろえて神代文字を否定したり、日本の古代文字を無視してきたのはいったいな
ぜなのか。


ここには私たち日本人のすべてが、いまだにその真相をつかんでいない歴史上の大きなトリ
ックがあるように思われる。そこには、これまでの権威すらも呑みこんでしまう歴史上のブラ
ック・ホールのようなもの、つまり私が先に〝漢字の呪縛〟と名づけた、私たちの目には見え
ない巨大な意志が存在し、この恐るべきカが日本の古代文字資料を抹殺して奈良時代以前の歴
史を封印してきた背景があるように思われるのだ。


その恐るべき力の正体とは何か。


私たち日本人の奈良時代以前の歴史に、誰が考えても異常としか思えない巨大な空白をもた
らした力の実体とは何か。日本古来の文字で書かれた文献を奪い取った、途方もない勢力とは
いったいなんだったのだろうか。


私には、その力の実体がどんなものであったのか、今のところすべてを正確に述べることは
できない。が、一つだけはっきりしていることは、その勢力が今から千三百五十年ほど前の大
化改新(六四五年)と白村江の戦い(六六三年)の時代に、日本海周辺のほぼ全域に台頭し、
それまでの日本にあった固有の文字と文化、王家と有力氏族の記憶をほとんど消し去ってしま
った、という点である。


私たちはこれまでの教育のなかで、日本は滅亡に瀕した百済の請いを受けて唐・新羅の連合
軍と白村江で戦い、手痛い敗北を喫したあとは〝連合軍〟の侵攻を恐れて都を近江に遷したと
しか教わっていない。いわんやその戦いに敗れたときに、そのまま日本が唐の軍隊に占領され
たこと、そして、この時代以後につくられた日本の都城や古墳の設計単位が、それまでの高麗
尺(唐によって滅ぼされた高句麗の尺度)から、唐尺に全面的に改めさせられたことなどは
一度も教わっていない。


したがって、この時期に中国東北部と朝鮮半島、日本を占領した中国の軍隊が、この地域に
伝わる固有の文字資料をことごとく抹殺し、漢字で書かれたもの以外は絶対に後世に伝えない
ようにした、などということは考えたことすらなかったはずである。


中国の日本占領〝GHQ〟は大宰府に置かれていた

けれども、古代の日本が六六三年の白村江の戦いに敗れたあと、中国の占領支配を受けたこ
とは、『日本書紀』の天智天皇の条のなかにそれとなく記されている。

すなわち、天智四(六六五)年の記事では、この年、日本へやってきた唐の使節団の人数が
二百五十四人であったのが、同八年と九年には二千人にふくれあがっている。天智八年十二月
の条にはこうある。

もろこしかくむそうよつかはきた


……大唐、郭務悰等二千餘人を遣して來らしむ。……

敗戦後の日本へ二干人という大量の使者が続々とやってきたのは異常といわなければならな
い。このことは、唐の使者がただの使者ではなく、占領軍司令部の要員であったことを暗示し
ているのだ。


また、天智六(六六七)年の記事によれば、この年には、すでに九州の太宰府が「筑紫都督
府」という呼び名に変わっているが、この〝都督府〟という表現は、唐の軍隊が高麗と百済の
都をそれぞれ占領したときに「平壌都督府」「熊津都督府」と称した例をみてもわかるように、
唐の占領軍司令部が置かれた外国の都をさしている。したがって、九州の太宰府が六六七年以
降、中国による日本占領支紀の拠点となっていたことは明らかである。


いってみれば太宰府が、第二次大戦後に皇居前の第一生命ビルに置かれたマッカーサーの占
領軍司令部(GHQ)と同じようになっていたのである。そして、戦後の日本が英語使用を強
要されたのと同じく、いやそれ以上に、白村江の敗戦後の日本は、全面的な漢字使用を強制さ
れたのだ。


天智天皇はこの年の春、近江京に遷都し「漢字使用令」を出した。こうした近江京の文化が
漢字文化そのものであったこと、そして、天智天皇と天武天皇に代表される勢力が六七二年の
壬申の乱で激しい死闘を演じたことなどは、これまで、この時期の中国による日本占領支配と
のかかわりのなかで論じられたことはなかった。


この問題については、ごく少数の学者か天智天皇は百済系で天武天皇は新羅系または高句麗
系であったということを述べる程度にとどまり、白村江の敗戦以後、日本と朝鮮、中国東北部
にまたがるかつての高句麗王国が解体したことや、その後、壬申の乱を機に高句麗の旧領に渤
海・新羅・日本の三国が、唐の承認を必要とするかたちで成立したことなどは論じられていな
い。


しかし、この時期の唐帝国の周辺を見渡せばわかることだが、この頃からインドと日本を結
ぶ南海ルートの影が薄くなっていく。つまり、私流にいえば、インド以東のアジアには漢字以
外の文字文化が、それ以前にはなかったような印象が強くなる。


七世紀の初めに隋の陽帝が率いる百万の大軍と戦ってこれを退け、ついに隋を滅ぼす糸口を
つくった高句麗は、六六八年に唐によって滅ぼされるまで、七百年以上もの歴史を誇っていた
古い国であるが、このような国にさえ固有の文字で書かれた記録はなかったことになっている。


秦・漢帝国以来の中国諸王朝が、周辺諸国にみずからの漢字文化を押しつけ、中国の宗主権
を認めない国を侵略して、その国の文字文化を破壊したことは、中国の史書に王家の記録を没
収した記事がたびたび登場することをみても確かだ。


このような中国の支配者による歴史抹殺の手口、すなわち漢字以外の文字で書かれた他民族
の記録を抹殺し、そのことによって他民族を中華帝国に従属させていくやり方の最も顕著な例
が、秦の始皇帝による焚書坑儒だ。


中国における漢字の成り立ちを調べてみても、漢字のなかには、それ以前に大陸の各地で使
われていた日本の古代文字を並べ替え、それによって元の意味を消し去る手法で新たにつくら
れた例がいくつかあることが確認できる。


〝日本解体〟を目にした天武天皇の憤慨

これまで日本人は、中国の漢字文化を受け入れることによって、原始の日本が開明化したか
のように教えこまれてきた。が、それははたして本当だろうか。実際は逆ではなかったか。


中国の日本占領支配の実態は、目にあまるものがあったように思われる。壬申の乱に勝利し
て、中国の日本占領支配にいちおうの終止符を打った天武天皇も、国内の中国人に対し、憤慨
してこう述べている(『日本書紀』天武六<六七七>年の条)。

なんじ
「汝らのやからは、もとより七つのあしきことを犯せり、
はか
……常に汝らは謀りごとをもって事わざとなす」

つまり、中国人がいつも陰謀を企て、国家の解体をはかってきたことを天武天皇は糾弾して
いるのである。こうしたことはおよそ、戦争に敗れた国が占領軍に対して種々感ずることであ
ろう。通常の日本人が、史上初の被占領体験と孝えている第二次大戦後の約十年間にも、同様
のことをアメリカに対して抱いたと聞く。


いや、それ以上のものだったろう。被占領時にその国の歴史に根ざす貴重な遺産ともいえる
言葉や文字を剥奪された例はたくさんあるし、戦勝国の文字を押しつけられた国は古今東西を
問わず多くの実例で確かめることができる。


しかし、である。まさか私たちの国にもこのような屈辱的な歴史があったとは、讀者は夢に
も思わなかったであろう。そう、日本は白村江の戦いに敗れて中国に占領され、漢字使用を押
しつけられるなかで神代文字を喪失したのだ。


稗田阿礼は神代文字の〝通訳〟だった

天武天皇は、二度目の被占領時の首相・吉田茂にたとえられるかもしれない。完全な再独立
こそできなかったにしても、主権の回復はなしえたことと思われる。その一端が『古事記』の
成立である。また、天武の即位後しばらくして「筑紫都督府」の呼称も消えている。

ちなみに、さきにもふれた壬申の乱だが、通常、天智と天武は兄弟であり、この内乱は皇位
継承をめぐって天智の子・大友皇子との間で戦われたとされている。


しかし、そうした考えからは天智と天武の政策の遠いがまったく説明できない。そこに〝歴
史の闇の封印〟が介在していることは明らかだろう。


前述した系統の違いはその意味でも注目される。そして、これを詳述するには紙面に限りが
あるため、ここでは皇室の菩提寺(京都の泉涌寺)に天武天皇の墓がないことだけをいって
おこう。


さて、稗田阿礼が〝誦み〟、それを太安万侶が漢字で書きとめてつくられたといわれる『古
事記』だが、私はなんらかの圧力(たとえばそれ以前にあった日本の古代文字の記録を漢字に
改めるようかかった圧力)と、日本の解体を憂慮した天武天皇の意思とが相乗されて撰録され
たと考えている。


その証拠に、『古事記』には、稗田阿礼が神代文字で書かれた記録を〝読んだ〟ものを、安
万侶が漢字に改めていったという意味合いのことがはっきり書かれている。たとえば、安万侶
自身が『古事記』序文でこう述べている。

そこで天皇(天武天皇のこと)は阿礼に命じて、帝皇の日継及び先代旧辞を誦み習わせ
たり……。


ここに天皇(持統天皇のこと)は、帝紀及び旧辞の違いを正そうとして、臣、安万侶に
命じて、阿礼が誦むところの先帝(天武天皇)の御命令になられた旧辞の類を撰録して差
し出すようにと仰せられた……。

つまり、安万侶は「阿礼が誦む(=読む)ところの帝紀・旧辞」を手がかりとして、『古事
記』を編纂したのである。もし帝紀や旧辞が漢字で書かれたものであるなら、漢文の達人だっ
た安万侶がそれを自分で読めばすむことで、わざわざ阿礼の口を借りる必要はないはずだ。


これはどういうことを意味するのか。そうだ、『古事記』の元になった『帝紀』や『旧辞』
(注12)は、阿礼には読めても安万侶には読めない文字、つまり日本の古代文字で書かれてい
たのだ。そして、阿礼は神代文字で書かれた記録と漢文の橋渡し役、いわば通訳として安万侶
のために働いた、ということではないか。


記憶力バツグンといわれた阿礼は、「読み習ったもの」を記憶した。しかしそれは、神代文
字で書かれていたものを読んで、それを記億にとどめたということなのだ。


正史編纂という国家の重大事業にあたって、おそらく阿礼は、神代文字で書かれた『帝紀』
や『旧辞』を暗誦するくらい念入りに讀み、それをていねいに安万侶に読んで聞かせたものと
思われる。


ヒエタノアレモコロサレキ―知りすぎた男の悲劇

こうして日本人は、八世紀の初めに『古事記』と「日本書紀』というかたちで、漢字に置き
替えられた日本の歴史書をもったが、その元になった『帝紀』や『旧辞』などの書物、あるい
は日本に古くから伝わる固有の文字で書かれた由緒正しい歴史の記録を失うことによって、本
来の日本人がもっていた自由な精神や創造的な見方さえも失ってしまったのではないか。


私がこのことを痛感するのは、ほかでもない。宮崎県の高千穂で見つかったという碑文(郷
土誌『すみのえ』一〇四号所収)を私なりに解読した結果、そこに以下のような恐るべき一文
が刻まれていたことを確認したからである。

「ヒエタノアレモコロサレキ」(稗田阿礼も殺されき)

この短いが驚くべき一文について、説明は要すまい。稗田阿礼は『古事記』の完成した七一
二年以後のある日、突然、何者かの手によって暗殺されたことを、この高千穂碑文は物語って
いるのである。


もしこのことが事実であるとしたら、彼の死は、日本の古代文字資料に記されていた真実の
歴史が、闇の力によって葬られたことを意味するのである。


そして、このことはまた、そのような力がつい最近まで、すべての日本人の無意識に働きか
け、私たちの歴史解明の努力を歪めてきたことをも意味している。


『古事記』と『日本書紀』が日本の古代文字で書かれず、漢字を使って書かれた背景には何が
あったのか。日本人の言葉と歴史が漢字に置き替えられたとき、そこにはどんなトリックが用
意されていたのか。稗田阿礼は、その秘密をあまりにも知りすぎたために消されてしまったの
ではないだろうか。


おそらく阿礼と同じ運命にあった者は一人や二人ではなかったろう。「稗田阿礼も……」と
いう記述からそれを察することができる。


ベールに覆われた日本人の祖先の歴史

私は漢字以前の日本の古代文字の存在について検証してきた。


日本には漢字以前に文字がなかった、という定説がなぜつくられてきたのだろうか。それは、
この高千穂碑文の解読の結果、「稗田阿礼も殺されき」という言葉によっても推測されるよう
に、意図的に日本の過去の歴史が消されていった事実を示しているのだ。

時の権力者、この場合は中国(唐)の日本占領軍の指令によって、日本古来の文字を使うこ
とが禁止され、占領国の文字(漢字)を使用することが強制されたのである。


とはいうものの日本は古い国である。古代の「残存遺物」は多く残されているし、「古史古
伝」と呼ばれる「記紀(『古事記』と『日本書紀』)以前の書」にも伝えられている。


これらの文書は、もちろん日本の古代文字で書かれていたにちがいないが、古代文字の使用
が禁止されたあとは、漢字を当てはめて書き写され、伝えられてきた。


古史古伝が偽作、偽書とされる理由は、その内容が記紀と異なる部分が多いことにある。し
かし記紀の記述が一〇〇パーセント正しいという証明はなされていない。『魏志倭人伝』に記
述されている邪馬台国や、その女王の卑弥呼について、記紀は一言もふれていないではないか。


逆にいえば、『魏志倭人伝』を中心にみるなら、記紀こそ偽作、あるいは偽書だという疑いす
ら出てくる。


まして、古史古伝には、ほぼ共通したテーマ、あるいは目的のようなものがある。それは、
そのほとんどが古代の権力闘争に敗れた側の豪族の家系に伝わった文書というかたちをとって
いることである。戦争に勝利した新しい権力にとっては、これらの敗北者の過去の歴史は抹殺
の対象になるべきものであったにちがいない。だからこそ、文書を保存しようとする敗者の側
は、さまざまなカムフラージュを施すことになる。


したがって、後世の私たちが読むと、難解で奇想天外な話として映り、それが歴史的事実だ
ということがわからなくなってしまいそうである。


しかし、それは史実を史実でないようなものに変えて伝えたために、そうなってしまった、
と受け止めるのが正しい見方であろう。


だとすれば、古史古伝を読む場合は、意図的になされたカムフラージュのべールを一枚一枚
たんねんにはがしていけばよいわけである。するとそこには、消されたはずの私たちの祖先の
歴史が、白日のもとに浮かび上がってくるにちがいない。


〝闇の封印〟の外にある『契丹古伝』の発見

このような視点に立って、読者とともに古史古伝を読みながら本書を進めていこうと思うの
だが、まず最初にあげられるものは『契丹古伝(きったんこでん)』であろう。


『契丹古伝』は九四二年に編纂された遼(契丹)王家の史書である。遼は、文献史上では五世
紀に内モンゴルのシラムレン河流域に現われた遊牧狩猟民族・契丹(キタイ)が十世紀に打ち
立てた王朝で、モンゴルから中国東北地方と華北の一部にまたがる地域を支配していた。宋か
から燕雲十六州を奪うなど、いわば中国(漢人〈漢民族〉)と対抗していたといっていい。しか
も『契丹古伝』は一九〇五年に現在の中国・吉林省で発見されるまで長い間王家の人々によっ
て守られてきたため、漢民族の〝闇の封印〟にあっていない。

そしてこの、『契丹古伝』の編纂目的は、建国まもない遼(九一六~一一二五)の王家がみ
ずからの歴史的背景と正統性を明らかにしながら、漢民族の中原(ちゅうげん)支配に抵抗する周辺民族の団結をリードし、鼓舞するところにあった。


が、同書は結果的に、私たち日本人が今となっては入手できなくなった『秘府録』(後述)
をはじめとする八世紀以前の古代史料を駆使することによって、記紀や他の古史古伝から洩れ
てしまった渤海滅亡以前の高句麗・日本の太古史を明らかにする数少ない貴重な資料となった
のである。

これは、同書の編纂に携わった契丹の史官・耶律羽之(やりつうし)の歴史家としての資質が優れ
ていたこと、すなわち憶説にたよらず「史料に語らせる」という客観的で実証的な叙述方法の
賜物である。


『契丹古伝』は『秘府録』その他の資料を忠実に引用することによって、私たちがもはや知る
機会のなくなった太古日本の歴史の真相を間接的に物語ることになった。


さらにこの書物は、契丹王家の源流を明らかにする試みを通して、アジア全土にかつて栄え
た高句麗・日本の王家の失われた歴史をよみがえらせ、今は亡き契丹人の祖先とともに私たち
日本人の祖先が西方からの侵略者と勇敢に戦ったことや、漢帝国の成立以前に彼らが世界各地
で活躍した事を伝えてくれるのである。


紀元前の日本史と世界史の虚構が暴かれる!

さて、『契丹古伝』が私たちに垣間見せてくれる太古日本の歴史は、その内容があまりにも
通説とかけ離れているため、これまで欧米や中国の学者たちが流布してきた世界史の常識に従
えば、まったくの空想としか思えない。

が、『契丹古伝』によれぱ、私たち日本人と契丹人の共通の祖先である「東大神族(シウカラ)」(『契丹
古伝』では「東大古族(とうたいこぞく)」とも記される)の歴史は、過去三千年にわたってエジプト、シュメー
ル、インダス、黄河の地を次々に侵略してきたアッシリヤ人、つまり中国で漢人(あやひと)として知られ
る欧米の支配階級アーリヤ人の手で抹殺され、改竄(かいざん)されてきたという。


つまり、私たちがこれまで教わってきた紀元前の日本と世界の歴史、とくに秦・漢帝国、ロ
ーマ帝国以前にカラ族=東大神族が地球の各地で都市文明を興した史実を抹殺した世界史はこ
とごとく虚構である、というのが『契丹古伝』全体を貫く基本テーマとなっている。


私たちの祖先の真実の歴史、カラ族(クル族)と呼ばれてきた東大神族がかつて地球のすみ
ずみに築き上げてきた輝かしいムー文明(太古日本の宇宙文明)の歴史は、アトランティス人
(漢人/アーリヤ人/アッシリヤ人)の手で巧妙に流布されてきた歴史の通説にひそむ大ウソ
を暴かないかぎり明らかにすることはできない、と同書は訴えているのである。


「漢字の発明者・蒼頡(そうきつ)」の碑文がいまだに解けない漢字国・中国の謎

たとえば『契丹古伝』は、紀元前の中国大陸の主人公はあとからやって來た漢民族ではなく、
もともとそこに住んでいた日本人の祖先だった、と記す。


そこで、これから述べることは拙著『超古代世界王朝の謎』(日本文芸社刊)のなかですで
に紹介したことだが、きわめて重大なことなので再び取り上げながら、目を中国自体に向けて
みよう。


中国の歴史の記録は、前漢の武帝が司馬遷に命じて編纂した『史記』に始まる。この『史
記』の記録に基づいて、これまで紀元前の中国には、夏(か)とか殷(いん)、周(しゅう)(西周)という王朝があったとされ、やがて秦という強大な王朝が台頭して中国全土を統一した、ということになってい
る。秦による中国の統一以前の歴史は、一般には次のようにいわれている。


すなわち、紀元前七七〇年頃から東周の時代が始まり、諸侯の一つであった大国の晋(しん)が紀元
前四〇三年頃に分裂したあと、戦国時代になった。そして紀元前五世紀に始まる戦国時代から、
斉(せい)・晋・楚(そ)などの覇王の戦いが激しくなっていった。そして、戦国諸国を統一したのが秦の始
皇帝である、と。


しかし、このように教えられてきた中国の歴史がはたして真実だったのかどうか、日本の場
合と同様、考え直してみる必要がありそうだ。


その好例として、中国の西安郊外に碑林(碑文の林)というところがある。その碑林に、漢
字の発明者といわれる蒼頡(そうきつ)という人物が残した碑文がある。


漢字を発明したのがほんとうに中国人であるとしたら、この蒼頡碑文はとっくに中国の学者
が読み解いていていいはずだが、いまだに中国では謎の碑文として、未解読のままなのである。


しかし、そこに書かれている文字は、101ページをご覧になればわかるとおり、日本に伝わっ
ている北海道異体文字(アイヌ文字)とそっくりである。また一部、トヨクニ文字に似ている
ものもある。そこで、この蒼頡碑文を、日本の北海道異体文字とトヨクニ文字の混用文として
読んでみるとどうだろう。

死後に富むを得
幸い子々孫々まで
満たしめよ
いわん
とくれぐれ言はれけむこと
つつしう
たみたみ慎み思ふ

ここには、古代の日本語として意味をなす、すばらしい文が刻まれているのである。そこで
疑問となるのは、なぜ古代の中国に日本の神代文字で書かれた碑文があるのか、ということだ。
これは大問題である。もしかしたら漢字の発明者と伝えられる蒼頡という人物は、中国人では
なく、古代の日本人ではなかったか。こんな途方もない想像さえ生まれてくる。


中国・戦国時代の斉(せい)は出雲の国の事だった!?

古代中国に日本人がいた!?しかもこの日本人は漢字の発明者らしい。


私は不思議に思って、改めて日本神話と斉の国の神話を読み直してみることにした。


するとどうだろう、これまで誰も考えつかなかったような、もっとすごいことがわかってき
たのである。


それはプロローグにも記したが、日本神話と斉の国の記録のなかにみられる「国譲り」の話
が驚くほどよく似ていることだ。かいつまんで話すと、こうなる。

斉の最後の王である王建は、秦の始皇帝に国譲りをしている。一方、出雲神話のなかにもオ
オクニヌシがニニギノミコトに国譲りをしたという話がある。


そこに登場するオオクニヌシの祖父はサシクニヲホといい、母はサシクニワカヒメという。


この二人の名前を北海道異体文字で表わしてみると、105ページ図10のようにそれぞれ、「敫(きょう)」
「君王后(くんこうおう)」という字になる。


もうお気づきだろう。斉の最後の王、王建の祖父と母は、オオクニヌシの租父および母と、
ピッタリ一致してしまうのだ。


ということは、出雲神話のサシクニヲホとサシクニワカヒメが、それぞれ斉の国の?と君王
后という人物にすり替えられた、ということではないだろうか。


そう思って、ほかにもいろいろ調べているうちに、それを裏づける証拠が次々と出てきた。
まず、それぞれの国譲りをした場所と、そのあと移った場所について、さきほどのようにし
て調べてみると、これまたピッタリ一致することが判明した。すなわち、日本神話のイナサノ
ヲバマが斉の「荊」に、タギシノヲバマが「松柏」という字になるのである。


このことは何を意味しているのだろうか。これは、中国大陸を舞台とした出雲のかつての真
実の歴史が、のちに漢字に書き改められ、中国の歴史にすり替えられてしまった、ということ
を意味していないか。


さらに、この頃(戦国時代)の貨幣を調べてみると、戦国諸国が現在の中国大陸にあったな
ら、当然、それぞれ独自の貨幣をもっていたはずなのに、どれも斉の貨幣と同じものを使用し
ていたことが判明している。しかも奇妙なことに、その貨幣にはすべて、たとえば「アマフユ
キヌ」のように、当時の出雲の王の名が神代文字で刻まれているのだ。


この事実からも、戦国時代の斉の正体は、日本神話でいままでその実在性が疑問視されてき
た出雲の国だったことがよくわかるのである。が、決定的なのは次の事実だ。


出雲を神代文字で表わし、それを組み合わせてみると、なんと〝斉〟という字になる。これ
をみれば、中国の歴史がすり替えられたことは一目瞭然である。どうやら中国においても、
『史記』以前の記録のすり替えが行なわれたことは間違いないようだ。


いってしまえば、漢の武帝が紀元前一〇八年頃、司馬遷に書かせた『史記』とは、とんでも
ないクワセモノということになる。


司馬遷は『史記』の執筆中、獄につながれていた。完成後には解放される約束であったにも
かかわらず、まもなく殺されてしまった。


これはちょうど、『古事記』の編纂に携わった稗田阿礼が、やはり『古事記』完成後に殺さ
れたという事情とよく似ている。両者は偶然の一致とは思えない。日本の太古史と中国の古い
歴史を抹殺しようとした勢力が、それぞれの背後にあったことは間違いない。


紀元前の中国史を書き換えた〝西から来た人〟とは何か?

私はその正体を追ってみた。その結果私が得た結論は、さきの『契丹古伝』に記されたとお
りだった。『契丹古伝』が語るところを引用してみよう。

その昔、地球は大異変に見舞われ、恐るべき洪水が発生して、海と陸の形はすっかり変
わってしまった。


この異変で地軸が傾いた結果、大地は中国の北西部で縮んで盛り上がり(ヒマラヤの隆
起)、南東部で引き裂かれて沈没した(フィリピン海溝の形成)……。


尭・舜の時代に地球の全土は戦火に包まれ、禹(う)は洪水の後始末に追われた。


ところが、このような戦争と異変の混乱に乗じて、人身牛首の神を祀るもの、蛇身人首
の鬼を祀るものが、西から東へ次々とやって来て、我らの地に住みついた……。

前述したように、『契丹古伝』はここで、紀元前の中国大陸のもともとの主人公は今の中国
人ではなかった、と述べている。現在では漢民族が最初から中国五干年の歴史の主人公であっ
たかのように説かれているが、それは事実ではないらしい。紀元前の中国の歴史は、西から来
た人々によって書き換えられてしまった、というのである。その先をもうすこしみてみよう。

彼らはみずからを我ら東大古族の神の子孫と偽ったばかりでなく、伏犠(ふくぎ)や神農(しんの
う)、黄帝(こうてい)、少昊(しょうこう)なる人物を、我らの王の祖先に仕立てあげ、その系図に自分たちの祖先をつなげて、これら偽りの神と王に対する崇拝を我らに強制して、みずからを聖帝の子孫なりと誇らしげに語っている。

ここに書いてあることは非常に重大である。私たち日本人と契丹人は〝東大古族〟といわれ
ていたが、西から侵入してきた人たちが、自分たちこそ東大古族の神の子孫であると偽り、系
図や歴史まで自分たちのものとしてでっちあげたというのである。さらに先がある。

けれども彼らは、みずからの祖先と思っていた尭と舜が、彼らの思惑に反して、東大古
族の王であったことをはたして知っているのだろうか。


西から中国の地に移住して帰化した人々が、我らの王に仕えたのは、尭・舜のときでは
なく、その後久しく續いた夏王朝の創始者たる禹のとき以来のことである。彼らは禹を、
あたかも彼ら中国人の王であり、中国大陸だけを治めた王であったかのように記している
が、これはとんでもない間違いだ。

これらのことがもしも事実だとすると、これはゆゆしきことである。つまり、中国大陸のも
ともとの主人公は、いまの中国人の祖先ではなく、東大古族といわれていた日本人と契丹人の
共通の祖先だった、ということになるからだ。さらに『契丹古伝』はこう語る。

『史記』に記された禹は、大洪水を生きのびてティルムンの楽園に住んだシュルッパクの
王、ウトナピシュティムをさしている。彼の治めた地域は、息子のギルガメシュが活躍し
たメソポタミアのウルクだけでなく、全世界に及んでいたのである。


我ら東大古族の王である禹は、中国だけの王ではなく世界全体の王であったことが、西
族の伝承によっても確かめられるのである。

ここに「西族の伝承」と記されているのは、中国大陸に西から侵入したアッシリヤ人(漢
人)が今のイラクあたりに残した粘土板文書に登場するシュメール伝説をさしている。

しかし私たちは、そのシュメール伝説のティルムンの王がはたして我々日本人とどんな関係
があるか調べてみなければ、ここに書いてあることをにわかに信じるわけにはいかない。
私はさっそくアッシリヤの歴史を調べ、「西族」の宮殿跡から出土したといわれる粘土板文
書にあたってみた。すると……。

漢代の銅鏡文字について

文字が鋳込まれている銅鏡(参照)を手に入れたので、この文字を解読しているのですが、これがなかなか難解なのです。お判りの方はぜひご教示お願いいたします。

この文字に似たものが見つかりました。

これがそうですが、この文字は中国・西安市の碑林に建っているという漢時代の蒼頡そうけつの書碑に刻まれているものです(参照)。川崎真治氏によると、蒼頡書体の中には中国の文字学者にも読めないものがあるということで、

これは、上に紹介したサイトでは載せられていない分ですが、

この碑文に含まれている、
の3文字で、ガシャンと発音するそうです。これはウル語、あるいはシュメール語で「主(主 神)」という意味だということです(
参照)。

「白村江史観」及び「GHQ史観」を打破し、真の日本の歴史を明らかにする!

古代天皇が世界を統治した!…ティルムン(東大国)

神代文字

<ティルムン(東大国)…古代天皇が世界を統治した!>
1、偽書「続日本紀」
①日露戦争当時、満州に派遣されて川村景明陸軍中将と、その参謀だった浜名寛祐は、ラマ教寺院で古代に存在した契丹国の史書「契丹古伝」を発見、これがきっかけで明治政府も東アジアの古代史研究に着手しました
②ただ、東アジアの古代史については、日本にも日本書紀の"ウラ本"と言われる「続日本紀(しょくにほんぎ)」という平安時代初期に編纂された勅撰史書があります。
③ その「続日本紀」によると、古代、はじめ朝鮮と満州、さらには日本海方面全域を支配した高句麗という国があったが、白村江の戦いの後、高句麗は崩壊、代 わって唐が支配した。が、その後、高句麗最後の宝蔵王の息子(天武天皇)が抵抗運動を展開し都を平壌から飛鳥に移転(壬申の乱)、
④さらにその後、天武天皇は満州の独立を目指し大伴氏を大陸に派遣、渤海国を建国し、大伴氏は渤海国の王・大氏となって日本の天皇に忠誠を誓いたびたび使者を送ってきた。そういう経緯から、日本と渤海国は兄弟関係の国であると結論づけています。
⑤ ちなみに、「続日本紀」には、「桓武天皇の生母・高野新笠(たかののにいがさ)が、人質として来日していた百済の『武寧王』の子孫である」との記述があ り、先年、今上天皇がこれを引用し、「朝鮮半島にゆかりを感じます」とした発言がありました。が、『武寧王(国境味)』は、応神天皇の五世孫だった彦太 (ひこふとに)尊が海を渡って百済王となり、その後、後継者不足になった日本の「継体天皇」に即位し日本の天皇を兼任したのが真相で、「継体」というの は、国体を継続したという意味です。
⑤ところで、この「続日本紀」は、はじめは文武天皇元年(697年)から天平宝字元年(757年)、孝謙天皇の治世までを扱う30巻の曹案として作られました。
⑥が、内容に疑義があるとして光仁天皇が修正を石川名足らに命じましたが、天平宝字元年紀を紛失し、未遂に終わったとされています。しかし、この前後には政争事件も多かったため、意見を纏めることが出来ずに"紛失"という事にしたとする説もある"怪しい"文書です。
⑦ 現に、平安時代初期は、”天孫族(騎馬民族秦氏系、藤原氏系)"の影響力が拡大しつつある時期で、漢字使用の強要と神代文字の封印、古事記・日本書紀以前 の古史古伝の焚書等、日本の支那化政策に抵抗した菅原道真(後の南朝系海人族)の太宰府左遷等が起きた時期でもありました。
(次回に続く…) 
2、「日本民族半島起源説」は誤り
⑧ が、近代に入ってからも「ロシアへの対抗」という狙いでしたが、「満鮮経略」という日本国の大方針として、漢族、朝鮮族、満州族、蒙古族の融和を目指す 「五族協和」による「大亜細亜主義」が説かれました。が、近年の遺伝子研究の結果、日本人と朝鮮族、漢族の共通性は薄いことが明らかになっています。
⑨ すなわち、日本人のDNAにはYAP(-)ハプロD系という古代ユダヤ人、チベット人、中南米のインディオに見られる因子が含まれていることから、日本人 の祖先は中東、中央アジアを起源とするスキタイ系北方民族と、沖縄で人骨が発見された「港川人」などの海洋民族である可能性が高いと考えられます。
⑩ そういう意味で、古代の満州、朝鮮北部に存在した「渤海国」、さらにその後成立した「契丹国」との関わりは否定できませんが、この点に関して、支那の戦国 時代の史書「山海経」によると、「平壌あたりにあった『蓋国』は倭人の国であり、朝鮮半島には元々、倭人(日本人)が住んでいた」と書かれています。
⑪ だとすれば、江上波夫の唱えた「日本人の起源は朝鮮半島にある」という「江上騎馬民族説」は全くの誤りで、逆に、元々日本人が朝鮮半島にいた。が、その 後、支那の力を背景にした朝鮮族の祖先であるツングース系扶余族に押され半島から撤退した、という説が説得力を帯びてくるのです。
⑫これを裏付けるように、支那の他の史書「史記」や「漢書」「後漢書」「三国志」には、朝鮮半島南部は倭人が治め、朝鮮半島史「三国遺事」では、スサノオを神とする「辰王(=秦氏?)」とその宗主下にある「月支国」「日華国」は倭国に帰ってしまったと記されています。
⑬ さらに、支那の西安郊外に碑林というところがあって、そこには漢字の発明者といわれている「蒼頡(そうきつ)」という人物が残した碑文があり、未だ未解読 のままですが、なんと日本の神代文字である「アイヌ文字」と「豊国文字」で解読できることから、蒼頡は日本人だった可能性も考えられます。 
3、「契丹古伝」にみる世界の超古代史
⑭そこで、カギを握るのが冒頭に挙げた「契丹古伝」になってきます。以下は、世界で唯一人これに詳しい「日本探検協会・高橋良典氏」の仮説や、「藤原氏の正体(関裕二氏)」を引用しながら説明します。
⑮さて、古代日本に「カタカムナ文字」など、53種類に上る独自の「神代文字」があったことはすでに明らかですが、いわゆる"古代史の権威"が、口をそろえてこれを否定し、これまで定説とならなかったのはなぜでしょうか。
⑯それは、約1300年前、満州と朝鮮半島、日本海周辺域に台頭していた唐の軍隊が、新羅と連合して「白村江の戦い(663年)」で勝利した結果、日本の国政に干渉し、日本にあった固有の文字文化や、古代天皇家の記憶を消し去ってしまったからなのです。
⑰ 実際、古代日本が白村江の戦いに敗れ、唐に事実上占領されたことは、「日本書紀」の天智天皇の条のなかに記されています。すなわち、天智四(665)年、 日本へやってきた唐の使節団の人数が254人だったのが、同八年と九年には2000人にふくれあがったとされています。
⑱ また、天智六(667)年の記事によれば、この年に九州の太宰府が「筑紫都督府」という呼び名に変わっていますが、この〝都督府〟という表現は、唐の軍隊 が高麗と百済の都をそれぞれ占領したときに「平壌都督府」「熊津都督府」と称した例をみてもわかるように、唐の占領軍司令部が置かれた外国の都をさしてい ます。
⑲したがって、九州の太宰府が667年以降、唐による日本占領支紀の拠点となっていたと推測できます。さらに、天智天皇はこの年の春、近江京に遷都し「漢字使用令」を出しました。
⑳ 秦・漢帝国以来の支那の諸王朝が、周辺諸国にみずからの漢字文化を押しつけ、支那の宗主権を認めない国を侵略して、その国の文字文化を破壊したことは、秦 の始皇帝による"焚書坑儒"など、支那の史書に他の王家の記録を没収した記事がたびたび登場することをみても明らかです。
㉑これまで私たち日本人は、「支那の漢字文化や律令制度を"積極的"に取り入れることによって、古代の日本が開明化した」などと教えこまれてきましたが、それは事実ではないようです。

 ㉒これを裏付けるように、唐による日本の占領支配の実態には、目にあまるものがあったようです。後年、「壬申の乱」に勝利して、唐による日本占領支配に終 止符を打ち、独立を取り戻した古代の英雄「天武天皇」も、日本国内を跋扈する唐人に憤慨し、以下のように述べています。
㉓「汝らのやからは、もとより七つの悪しきことを犯せり、…常に汝らは謀りごとをもって事わざとなす (「日本書紀・天武六<六七七>年の条」)。」
4、古代支那においても歴史の改ざんが
㉔ここで、話を「白村江の戦い」以前に戻して事実を突き詰めていくと、古代においては支那による日本支配どころか、漢字の発明者といわれている「蒼頡」が日本人だった可能性も含め、むしろ逆に古代の日本人である「倭人」が支那大陸に先住していた可能性すら見えてきます。
㉕というのは、支那においても、「史記」以前の歴史のすり替えが行なわれた形跡が窺われるからです。すなわち、漢の武帝が司馬遷に書かせた「史記」は"偽書"であり、司馬遷は「史記」の執筆中、獄につながれ、完成後には殺されてしまったことがこれを物語っています。
㉖これはちょうど、古事記の編纂に携わった稗田阿礼が、やはり古事記完成後に殺されたという事情と共通しており、この点を鑑みると、日本と支那両国の真の古代史を抹殺しようとした勢力がいたことが推測されます。それは〝西から来た勢力”?
㉗ここで、「契丹古伝」を引用します。;「その昔、地球は大異変に見舞われ、恐るべき洪水が発生して、海と陸の形はすっかり変わってしまった。
㉘この異変で地軸が傾いた結果、大地は支那の北西部で縮んで盛り上がり(ヒマラヤの隆起)、南東部で引き裂かれて沈没した(フィリピン海溝の形成)。尭・舜の時代に地球の全土は戦火に包まれ、禹(う)は洪水の後始末に追われた。
㉙ところが、このような戦争と異変の混乱に乗じて、人身"牛首"の神を祀る者、"蛇身"人首の鬼を祀る者が、西から次々とやって来て、我らの地に住みついた…」。
㉚ 「彼らは自らを我ら"東大古族"の神の子孫と偽ったばかりでなく、伏犠(ふくぎ)や神農(しんのう)、黄帝(こうてい)、少昊(しょうこう)なる人物を、 我らの王の祖先に仕立てあげ、その系図に自分たちの祖先を繋げ、これら偽りの神と王に対する崇拝を我らに強制して、自らを聖帝の子孫なりと語っている。」
㉛現在では、漢民族が支那5000年の歴史の先住者であったかのように説かれていますが、これ事実ではなく、「東大古族」といわれていた人々こそ倭人(日本人)と契丹人の共通の祖先だった。が、"西から来た人々"によって書き換えられてしまったというのです。
㉜ そして、史記にある先住者である「禹」は、大洪水を生きのびた「東大国(ティルムン)」の王「スサダミコ」をさしており、「禹」の治めた地域は、息子のギ ルガメシュが活躍したメソポタミアだけでなく、全世界に及んだと書かれています。そして実は「スサダミコ」とは"スサノオ"をさしていると推測されます。
㉝ 以上は「西族の伝承」と記されたものですが、「西族」とは、支那大陸に西から侵入した「アーリア人(漢人)」を指し、「伝承」とは、現在のイラク近辺で発 見された粘土板に登場するスサダミコが残した「シュメール伝説」をさしていると考えられます。ちなみに、日本のスメラミコト(天皇)は、シュメール語で 「シュメールの王」を意味しています。 
そして、決定的なのは、 「人身"牛首"の神を祀る者、" 蛇身"人首の鬼を祀る者が西からやってきた」とありますが、"牛"を神とし、"蛇(龍)"を鬼(悪魔)と考えるのは典型的な欧米思想であり、その淵源は 「アーリア人=アッシリヤ人=アトランティス人」だと考えられるからです。
 (次回へ続く…)
5、世界王朝だった「鵜芽葺不合朝」 
㉞また、「契丹古伝」には「耶摩駘記」の他「秘府録」という書があり、そこには「東大国(ティルムン)の王スサダミコは、アジア、アフリカの他、豪州、南北米大陸を五つに分け、"高天使鶏(こまかけ)"とう乗り物に乗って統治していたと記述されています。
㉟この記述は、「古事記」「日本書紀」以前に書かれた「竹内文書」「宮下文書」「九鬼文書」「上記」「和田家文書」「安倍文書」等に書かれた、「日本のスメラミコト(天皇)が、"天之浮船"を使って世界を統治していた」との記述に符合するものです。
㊱例えば、神武天皇が大和朝を開く以前の王朝として「鵜芽葺不合(うがやふきあえず)朝」がしばしば登場します。「宮下文書」によれば、この「不合朝」を開いた「鵜芽天皇」は、スサダミコ(ホホデミ天皇)の息子とされ、旧約聖書のヨセフの息子エフライムだったようです。
㊲ また「竹内文書」によると、「日本神話のイザナギ天皇は、アッシリアの王女イザナミとエルサレム郊外ゲラサに避難した。この事を知ったヨモツクニ(欧州) の白人王はイザナギを追い返せと二人を追ってきたが、イザナギとイザナミは逃げ道に桃を高く積み上げ、追っ手を交わし、
㊳その後、イザナギ天皇は、白人王に『汝をローマ国王に任ず。ネゴイ山の王城に居るべし』と告げたところ、白人王は受け入れた」とあります。
6、世界で発見された日本の神代文字
㊴この傍証として、アルプスのチロル地方に「竹内文書」で"カムナ(神字)”と呼ばれるのと同じ名称をもつエトルリア系の「カムナ族」がおり、かつて古代日本のアイヌ文字を使っていたことが、カモニカ渓谷やピネローロの谷にある遺跡から明らかになっています
㊵一方、インド、エジプト、南米、アフリカなどの古代遺跡でも神代文字が発見されており、高橋良典氏によると、豊国文字とハングルの類似性から「古代朝鮮も神代文字を使用しており、約6000年以前から日本にあった豊国文字を参考にして作った」としています。
㊶ また、愛媛県越智郡の樹ノ本古墳から出土した漢代の鏡と、国立博物館にある漢代の「単圏銘帯鏡」にある漢字を出雲文字や豊国文字で解読したところ、「ニニ ギキヲタタエマツル」と「ヒツキヲアタエム」と読めた。「ニニギ」とは"ニニギノミコト"=天皇であり、「ヒツキ」とは王権を表しています。
㊷さらに、3000年以上前の中国・殷の甲骨文字と「阿比留草(アヒルクサ)文字」には44の類似文字があり、「阿比留草文字」が30万年前の文字である事からして、甲骨文字は「阿比留草文字」の草書体であると結論づけています。
㊸この点に関して、「契丹古伝」によると、「漢字以前の文字を天字といい、天字以前をト字、ト字というのは殷字であり、殷は元これ倭国(日本)」とあります。
㊹ インドでも日本の神代文字が見つかっています。インダス文明の遺跡モヘンジョダロにある仏塔の刻印をトヨクニ文字で読むと「ユニコーンカムイ(ユニコーン 神)」と読め、"象の洞窟"の入り口付近でも「阿比留草文字」と豊国文字を発見、風化が激しい中「……マツラバヤ(祭らばや)」と。
㊺ 更に驚くべきことに、"現代の書聖"といわれる神代文字研究家の安藤妍雪氏によると、「地球上の一切の文字の源はカタカナで、神の御働きに由来する象神 名をアイウエオ、カキクケコなどのカタカナ(カタナムナ文字)で表したものを後年、弘法大師空海が48の平仮名に表現し今日に至っている」、
㊻さらに、「キリストが日本で習得し故国に持ち帰ったのが「イスキリ文字」、釈迦が持ち帰ったのが「梵字」そして「サンスクリット語」となり、これらがローマ字になった」と研究成果を発表しています。
 
(次回へ続く…)
7、抹殺されてきた祖先"カラ族"の歴史
㊼以上の内容は、平安時代に編纂された日本の氏族の系譜を記した「新撰姓氏録」にもあり、「カラ(クル)族が日本人の祖先であり、支那、インド、中東、アフリカまで進出、活躍していた」としています。
㊽また、インドの古典「マハーバラータ」でも、太古、デカン高原に「カラ族の宮殿」があったが、アーリア人の侵略で廃墟と化したとされ、実際、モヘンジョダロは核戦争でもあったのではないかと思わせるほどの廃墟と化していることは有名です。
㊾このように、「契丹古伝」が伝える超古代日本と世界の歴史は、その内容があまりにも通説とかけ離れているため、これまで欧米や支那の学者たちが流布してきた世界史の常識からは"トンデモ話"に思えます。
㊿ が、「契丹古伝」によれぱ、日本人と契丹人の共通の祖先である「カラ族(クル族=シウカラ)」の歴史は、エジプト、シュメール、インダス、黄河の地を次々 に侵略してきたアッシリヤ人、つまり、支那で漢人(あやひと)として知られる欧米系アーリヤ人の手で抹殺、改竄されてきたと考えられます。
51、 私たちがこれまで学校で習ってきた古代の歴史、すなわち、支那人、欧米人が流布してきた世界史(=西大国史観)は、秦・漢帝国、ローマ帝国時代以前に、私 たち日本人の祖先「カラ族」が、世界各地で文明を築いた事実を封印するための"虚構"であるというのが、「契丹古伝」に貫かれたテーマとなっています。
52、 ところで、「カラ族」の起源は「ムー大陸」にあったという説もあります。一方、これと並んで、12000年前には大西洋上に「アトランティス大陸」があっ たとプラトンが唱えており、後年、ヒトラーも「ゲルマン民族はアトランティスを起源とするアーリア人である」と語っています。
53、 ただ、もし「ムー大陸」と「アトランティス大陸」が同時期に消滅し、「ムー人」がユーラシア大陸の東に上陸し西に移動、他方、「アトランティス人」はユー ラシア大陸の西(ヨーロッパ)に上陸し東に移動したとすると、カラ族による「東大国(ティルムン)」が世界統治していた事と矛盾します。
54、 が、「ムー」は「アトランティス」より早く沈んだと考えると、「ムー人」を起源とするカラ族が世界展開の後、「アトランティス」の消滅でアーリア人がヨー ロッパ方面から東に展開して「西大国」を作り、追われたカラ族は最終的に九州に都を置く「東大国(鵜芽葺不合朝)」を作ったとすると整合性が取れます。
55、 が、「まえがき」でも簡単に述べたように、「"天孫降臨"は日本で行われ、日本が世界文明の起源」となって、超古代の源流日本人がユーラシア大陸とムー大 陸を中心に東西に分かれ、西に展開した部族を「カラ族」、東に展開した部族を「クル族」と考えることで、竹内文書にある「天皇が16カ国に皇子を派遣して いた」との記述にも符合します。
56、この仮説の傍証としては、天才物理学者の楢崎皐月が、昭和24年に日本の兵庫県で石器時代に書かれたという「カタカムナ文献」を発見、そこには宇宙の構造や科学技術、哲理などが書かれており、超古代の日本に高度文明があったと指摘しています。
57、 この楢崎は、戦前、満州に渡り、吉林にある道院で道士である蘆有三から瞬間沸騰する茶釜を見せられ、「上古代の日本には"アシア族"という、八鏡文字を編 み出し、特殊な鉄の鋳造技術等の高度文明を持つ人々がいて、それが中華文明の基礎になった」という古伝を聞かされています。
58、 また、創建1万5千年の熊本県・日の宮幣立神宮の御神体「日文石板」は、炭素測定の結果約20~30万年前のものとされていますが、そこには「豊国文字」 で「ひふみよいむなやこともちろら、ねしきるゆいつわぬそを、はたくめかうおえに、さりへてのますあせゑほけれ」と記されています。
59、ともあれ、私たちの祖先・カラ(クル)族が、かつて「一つの世界」として築き上げてきた壮大な歴史は、"アトランティス人"の末裔であるアーリヤ人(アッシリヤ人、漢人)の手で隠蔽され、捏造の歴史が流布されてきたという仮説が成り立つのです。
60、参照;「太古、日本の王が世界を治めた!(高橋 良典)」「藤原氏の正体(関裕二)」

RSS

© 2017   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約