関東大震災の人工地震波形

「関東大震災は日本経済破壊のためにフリーメーソンによって引き起こされた人工地震であった。」という理解なしで日銀や田布施エスタブリッシュの正体を知ることは不可能だと言われている。

https://www.facebook.com/notes/597534217017079/?pnref=story

不況に関東大地震が追い打ちをかける。経済は破綻する。3.11のようなドクトリンショックを利用して日本を略奪する。

このパタ-ンは1995年に起きた阪神大震災でも繰り返し使われている。田布施一味の橋本龍太郎と日銀の関係と阪神大震災とサリン事件と日銀の完全株式化のシナリオを総括すれば真相が浮かぶとも言われている。

以下の転載内容は、500社以上の企業の設立に関わり“日本資本主義の父”と呼ばれた渋沢栄一がフランスロスチャイルド(大東社)メンバーであるという事実を知った上で読む必要があるらしい‥

「三菱こそフリーメーソンの牙城だ!」

投稿者 ロバート・オッペンハイマー

http://www.asyura.com/sora/bd13/msg/481.html

以下転載です。

三菱財閥

第一次大戦の勃発は、日露戦争後の不況にあえいでいた日本経済に、天佑をもたらした。日本のアジア各国むけの輸出は急増し、イギリス、ドイツなどの交戦諸国への軍需品その他の輸出も順調に伸びた。日本は輸入国から輸出国に転じ、債務国から債権国になった。

しかし大戦の終結によって、日本経済の前途に翳りが生じてきた。1920年3月15日、東京株式取引所の株価暴落をきっかけに、戦後反動恐慌が起こった。平均株価は半値以下に暴落し、主要商品の価格崩落も大きかった。預金取り付け騒ぎや、七十四銀行の破

綻も起こった。

大戦中にふくれあがった不良企業とそれに結び付いた2、3流銀行の経営は、いちじるしく悪化していた。このような情勢のなかで、政府・財界には、1917年以来の金輸出禁止を解き、緊縮財政・財界整理を行って、日本経済の国際競争力を強めるべきだという意見が高まりつつあった。

そこに降ってわいてすべてをぶち壊してしまったのが、関東大震災であった。1923年(大正12)9月1日正午2分前、相模湾西北部を震源地とする、マグニチュ-ド7.9の大地震が、関東地方の南部を襲った。罹災者340万人、死者・行方不明者10万人以上。家屋の全焼44万7000余戸、全・半壊あわせて24万戸、被害総額45億7000万円にのぼる大惨事であった。これは、1922年度一般会計予算額の3倍を越える額である。

関東大震災は日本経済破壊のためにフリーメーソンによって引き起こされた人工地震であった。不況に地震が追い打ちをかける。経済は破綻する。このパタ-ンは1995年に起きた阪神大震災でも繰り返し使われている。

山本権兵衛内閣の蔵相井上凖之助は、9月7日、被害地の銀行・会社を救済するため、支払猶予令を出して、債務の支払を一ヵ月猶予する措置をとった。続いて9月27日には、震災手形割引損失補償令を勅令のかたちで公布した。これは、震災前に銀行が割引いた手形のうち、震災のために決済できなくなったものは、日本銀行が再割引して銀行の損失を救い、それによって日銀に損失が生じた場合には、1億円を限度として政府が補償することを定めたものである。これを震災手形と呼んだ。

政府の予想を上回って、日銀で再割引された震災手形は巨額に達した。震災手形のなかには、震災前からの不良貸付・放漫経営による不良手形が含まれており、それらが、震災手形の名のもとに再割引されてしまったからである。1926年末には、なお2億700万円の震災手形が残っていた。

これらの震災手形を所有していた銀行は約50行あったが、そのなかでも台湾銀行は最高の1億円にのぼる震災手形を抱えていた。これに対し、震災手形の大口債務者、手形を振出していた企業は、1924年末現在、鈴木商店関係が筆頭で、その金額は約7190万円。

第一次大戦中の好況期に、鈴木商店の大番頭・金子直吉は積極的に事業を拡大し、台銀もそれに応じて融資を拡大した。ところが、戦後恐慌・関東大震災を契機に、鈴木商店はその放漫経営がたたって、しだいに経営を悪化させていく。しかし金子直吉は、鈴木が潰れたら日本財界が潰れる、だから政府も決して鈴木を潰さないであろうと豪語し、台湾銀行からの借金を重ねていた。

台湾銀行は台湾銀行で、鈴木商店への貸付を打ち切ろうにも打ち切れない。すでに巨額の貸金が累積しており、取引停止を行えば、大損害にもなるし、台湾銀行の存立そのものが危うくなる。それでまた貸すという悪循環が続く。

保存

表示: 1424

このディスカッションに返信

安倍内閣は裏天皇内閣~裏天皇と八咫烏と田布施一族

307134
>秘密組織の八咫烏は、神官=シャーマンの集団と考えられ、古代からの国体を継承する裏天皇一派の頂点に立っているのではないかと考えられます。

裏天皇(堀川勢力)と八咫烏の関係、八咫烏(秦一族)と田布施一族の関係について書かれた記事を紹介します。

◆安倍政権と統一教会と裏天皇(リンク
安倍内閣の最大の支持母体は統一教会ではありません。約8万社の神社包括団体である神社本庁を基礎とし、神道政治連盟や日本会議といった団体こそ彼の最大の支持母体です。
その証拠に安倍内閣の19閣僚中16人が神社本庁を母体とする政治団体「神道政治連盟国会議員懇談会」のメンバーであり、そして、安倍晋三首相はその神政連国議懇の会長をつとめています。

では、神社本庁、神道政治連盟、日本会議とはどのような思想を持った団体なのでしょうか。
彼らの主張をまとめると
①天皇が政治における決定権を握る絶対君主制を復活させる
②軍の「統帥権」を天皇に帰属させる
つまり、神社本庁という組織自体は天皇を中心とする祭政一致をなす「国家神道」復活を目的に作られた団体なのです。
戦前、この国家神道から、国民には天皇への絶対的な忠誠が強要され、日本だけが他の国にはない神聖な国のあり方をもっているという『国体』という観念が生まれました。『神国思想』、『皇国史観』などはユダヤ教における選民思想と全く同じだと言ってよいでしょう。
そして『国体』は八紘一宇という思想に発展し、戦争を正当化していったわけです。

安倍首相や神社本庁、日本会議、右翼、統一教会が仕えている本当の主人とは誰なのでしょうか? 
それが、裏天皇です。
安倍首相が本当に仕えているのは裏天皇であり、裏天皇を中心として日本会議、神社本庁、右翼、統一教会、創価学会などはこれに従っています。さらに言うならば、北朝鮮の金正恩もこれに従い、日本から救世主が現れるという日月神示の予言も彼らが創り上げたものです。
現在の安倍内閣は、裏天皇内閣と言うべきなのです。

明治以降、裏天皇の堀川辰吉郎を守護していた結社に八咫烏があります。八咫烏の存在自体はさらにはるか昔に遡りますが、こちらの裏天皇を守護していた八咫烏は大江山霊媒衆と言い、大本教を中心とする宗教団体の霊媒達の集団です。
彼らの野望を一言で言えば日本を中心とするNWO(新世界秩序)です。これはデイヴィッド・ロックフェラーの米国を中心とするNWOと対立します。
皇統堀川の裏天皇に従うは、京都社寺勢(本願寺から大徳寺)、大江山霊媒(大本から学会)、杉山茂丸の玄洋社(黒龍会はその一部)、薩摩ワンワールド(土佐も入る)、公武合体の徳川(会津、紀州)

◆田布施一族と八咫烏の係わり(リンク
安倍内閣の支持母体である神社本庁の本宗は伊勢神宮ですが、この伊勢神宮の前身(元伊勢)は籠(この)神社」です。「籠神社」の奥の院である「真名井神社」の石碑には裏家紋が刻み込まれていて、「ダビデ王の紋章(六芒星)」です。これが八咫烏の本宗です。

つまり、八咫烏とは日本における古代ユダヤ人組織(レビ族の末裔)です。
彼らは戸籍に入ることを免除され、法律上は存在さえしてなく、生まれながらに、神道儀式、陰陽道、迦波羅を徹底的に仕込まれます。彼らの思想は、天照大 神=イエスキリストとして奉る原始キリスト教徒であり、世界最終戦論(ハルマゲドン)などの思想はここから生まれてきます。

落合莞爾によると「安倍総理の祖先は、物部系賀茂氏の流れを汲む安倍晴明の末裔で、秦氏系天皇を呪詛したかどで平安時代に肥前国(福岡県)に流罪になり、 そこで縁ができた 佐賀の松浦党として平家側に付いたため鎌倉時代に再び流罪となって長門国(山口県)の旧大津郡日置村(山陽側の田布施とは反対側の山陰側)に至る」とあり ます。
このため田布施一族は秦一族に対して積年の恨みがあったとのではと考えられます。

明治になって神仏分離令が出され、八咫烏たちが田布施一族に追い詰められ、大本教(大江山霊媒衆=八咫烏)が弾圧された背景も、そうした事情があるのかもしれません。

日本の近代史は田布施一族と秦一族(裏天皇、八咫烏)との権力争いの構図だとも言えます。現在、安倍内閣が裏天皇の側につきその命に服しているのは支配者同士によるパワーバランスなのでしょう。
田布施一族、秦一族、ネオコン(戦争屋)、ロックフェラー(銀行屋)・・・ 支配者たちは互いに激しく争いながら、時には手を結んで悪事を働きます。犠牲になるのはいつも被支配層である一般国民たちです。

日本の支配構造⑪ 裏天皇の頂点は神官では?

裏天皇とは何か?その実体に迫って行きます。裏天皇は、市場を闇で牛耳る金主様というだけではなく、国体を継承する神官としての役割も担っていると言われています。最近の投稿を基に追求します。


●裏天皇一派の中心となった堀川勢力

>岩倉・薩長政治連合に政権を譲った公武合体勢力は、維新後は在野で国体を支えることとなり、孝明の皇孫堀川辰吉郎を仰ぐ「堀川勢力」に発展しました。
>堀川勢力の本拠は慶喜直参たちと、本願寺を頭とする京都寺社勢力でした。この護衛のための在野部隊として、黒田藩の政治結社玄洋社と、光格天皇以来皇統に仕える丹波大江山衆が、政体に代わって大陸・満州政策に尽力しました。

>在英ワンワールドの日本支部となった薩摩閥は堀川勢力の外郭を成し、実質島津藩の出先だった黒田藩の藩士結社の玄洋社が薩摩藩と堀川勢力の橋渡しをして いましたが、政府内で最も注目すべきは井上馨です。世間では長州閥と目されている井上は、実は長州閥と堀川勢力を橋渡しする立場でした。その一例が旧幕臣 の渋沢・益田の登用厚遇です。後には井上は堀川辰吉郎の戸籍上の叔父となり、後見人をして勤めました。堀川勢力の中枢人物は孝明前帝で、ついで朝彦親王・ 徳川慶喜・岩倉具視・小栗忠順がそれに当たるでしょう。
<「明治維新の極秘計画」(落合莞爾著、成甲書房)>より引用

堀川勢力の実体で注目されるのは、京都寺社勢力と丹波大江山衆です。軍隊を動かし、天皇財閥を儲けさせるネットワークをつくるには、相当な組織力が必要 で、大きな組織を統合するには相当な統合力が必要なはずです。そのような統合力を形成する上で、京都寺社勢力と丹波大江山衆といった宗教勢力が大きく関 わっている可能性があります。


●裏天皇一派の頂点は神官では?

裏天皇一派の統合力はどのようにして形成されているのか?という観点で注目される投稿があります。

★八咫烏とはどのような組織か

>神道に表と裏があるということは、天皇にも表と裏があることを意味します。われわれが目にする天皇は、もちろん表の天皇ということになります。

>明治時代以降の天皇は、表の仕事も非常に忙しいのです。明治時代において天皇は国家元首でしたし、民主主義になってからの現在の天皇は、外交儀礼や民間の行事などに関わり、古来の儀式を十分に行う時間がなくなってきています。
 
>そのため、皇位継承などの重要行事は別として、その他の神道行事については、裏天皇が天皇に代わって神道儀式を祭司として執り行うことが必要になってきたのです。この裏の天皇に率いられる組織が秘密組織八咫烏なのです。
 
>八咫烏――漢波羅秘密組織は、天皇の祭祀のいっさいを仕切るとともに自らも神道儀式を行うのです。

>専門家によると、秘密組織八咫烏の人数は数十人――推測では70人前後の規模といわれています。組織の一員として生まれたときから神道儀式全般、陰陽道、迦波羅を徹底的に仕込まれるのです。そして一生八咫烏の組織の一員としての使命を果たすといわれています。

>表の天皇は1人ですが、裏の天皇は3人で1人なのです。絶対三神が唯一神を形成するように3人で裏天皇を務めているのです。
<天皇と裏天皇と八咫烏。彼らこそが日本と世界を操る最大の秘密組織なのか>より引用
リンク


表の皇室行事とは別に、裏天皇が表天皇に代わって神道儀式を執り行う八咫烏という秘密組織が存在するということですが、この秘密組織が天皇の祭祀のいっさいを仕切るとされており、八咫烏が表と裏を含めた天皇組織の頂点に立っている可能性があります。

堀川政略を実行してきた中心人物である朝彦親王は、新政府には加わらず、京都寺社勢力のネットワークの頂点に立つ伊勢神宮の最高祭主となり、明治15年に 国家神道の神職を育成する神宮皇學館(私学)を設立しています。国体維持を担う裏天皇一派の頂点に立つのが神官であると考えれば、なぜ朝彦親王がそのよう な役割を担ったのかも辻褄が合います。

古代邪馬台国の卑弥呼の時代から、国を統合するうえでの頂点の位置に神官=シャーマンがいました。秘密組織の八咫烏は、神官=シャーマンの集団と考えられ、古代からの国体を継承する裏天皇一派の頂点に立っているのではないかと考えられます。

イルミナティが天皇中心の世界統一政府を樹立しようとしていることを裏付ける幾つかの客観的事実。

http://rapt-neo.com/?p=30855

ハロウィンももともと悪魔崇拝者たちの行う生贄儀式でした。ハロウィンとバアルと秦氏と大正天皇との奇妙なつながり。
 
さて、話を元に戻す。スプリングマイヤーによればイルミナティの頂点に君臨しているファミリーは、イルミナティ13血流と呼ばれており、13家族存在する。
 
13家族の各ファミリーは、アスター家、バンディ家、コリンズ家、デュポン家、フリーマン家、ケネディ家、李家、オナシス家、ロックフェラー家、ロスチャイルド家、ラッセル家、ファン・ダイン家、ダビデ血流である。
 
この13家族がイルミナティの頂点に君臨している。さらに13家族に従属する形で、影の世界政府が存在しており、影の世界政府は、行政、司法、立法に分類できるという。
 
(影の世界政府)
行政部門:13人評議会(新世界秩序を指揮)
司法部門:サンヘドリン(古代ユダヤ最高会議、70名が在籍)
立法部門:300人委員会(13人評議会のすぐ下に位置、13人評議会を助ける機関)
 
これら3部門の下に、ビルダーバーグ会議、円卓会議、王立国際問題研究所、ローマクラブ、外交問題評議会、三極委員会といった数々の国際機関が存在している。
 
次にイルミナティ13血流に関して、『イルミナティ悪魔の13血流』から転載する。
 
(アスター家)
南ドイツで特異な魔術能力者の一族として知られていた同家は、18世紀に渡米し、300人委員会の命を受けたジェファーソン大統領ら政府中枢から、海上輸 送・毛皮取引・麻薬取引の独占的特権を授与され、突如として全米一の富豪にのしあがる。 フェビアン協会や共産主義の育成、禁酒運動の肩入れ、ヒトラーへの支援、ローズ奨学金への関与、ピルグリム・ソサエティ創設など精力的にイルミナティ活動 をこなしてきた。チェース・マンハッタン銀行を核に、H・G・ウェルズ、オールダス・ハスクリー、バーナード・ショー、フランシス・ベーコン、ベンジャミ ン・フランクリンなど秘密結社のイデオローグたちの関連も深い。アスター家を一躍巨大財閥にしたのが、悪名高きジョン・ジェイコブ・アスターである。
 
(バンディ家)
アメリカ東部のエスタブリッシュメント。「本当の権力の在処を知りたければ横から助言している者を見ること」・・・グラント、ガーフィールド、チェス ター・A・アーサー、ルーズベルト、ケネディ、ジョンソン・・・各大統領府の要職を占めてきたのが、バンディ家のメンバー。そして、スカル&ボーンズ、 MJ12、薔薇十字会などの重鎮も兼ねてきた。
 
(コリンズ家)
知名度は低いが、オカルト界では最高峰に位置する血族であり、イルミナティ13家族の中でも危険なファミリー。コリンズ家から代々「闇のグランドマザー」 が出ている。不気味な黒魔術の家系である。ただし、コリンズ家の中から裏切り者が出て、その者がスプリングマイヤーに情報を提供。これがイルミナティ13 家族の正体を暴く重要なソースとなった。
 
(註: この裏切り者とは、昨日の記事に出てきた「ジョン・トッド」のことですね。昨日の記事はこちら
 
(デュポン家)
アメリカでは有名な一族。フランス革命時のフランスにおいて、デュポン家はイルミナティの仲間入りし、スイスの寡頭ファミリーに気に入られる。彼らの支援もあってアメリカへ移住。火薬産業で成功する。以後、同家はGMを傘下に収め、化学業界も独占した。
 
(フリーマン家)
フリーマンの一族からは、シオン修道会のトップ、OTOの共同創設者、スカル&ボーンズのメンバー、ADLの有力メンバー、悪魔派魔女集団のメンバーなどがおり、オカルトと非常に関係が深い。
 
(ケネディ家)
アイルランド出自のケネディ家は優秀なイルミナティ一族と見なされている。麻薬や禁酒法時代に酒密輸入などマフィア犯罪で財を成す。英国王室とも深く関与 し、歴代大統領の私設顧問も勤めて世界統一計画を推進してきた。ケネディ家にはアメリカ大統領ジョン・F・ケネディがいる。ケネディはホワイトハウスで不 特定多数の魔女たちとプールでのヌード・パーティーなどを催し、情事・密会を重ねていた。ケネディ家の先祖を辿ると初代はブライアン・ケネディ(スコット ランド貴族)である。
 
(李家)
億万長者で香港を仕切る李嘉誠、中国前首相の李鵬、元首相の李先念、シンガポール元首相の李光耀など。李一族はイルミナティと密接な連携のもと、世界最強 の犯罪同盟である秘密結社「三合会」を従え、新世界秩序構築に貢献している。孫文や毛沢東の中国革命や共産中国経営も、権力中枢部に巣食う李一族の協力な しではありえなかった。ちなみに李家は日本の最大の敵として位置づけられる家族である。
 
(オナシス家)
海運王やケネディ未亡人ジャクリーヌとの再婚で知られているアリストテレス・ソクラテス・オナシスとは、「イルミナティの王」とされ、麻薬・ポルノ・政 治・事業経営部の担当だった。「秘教のメッカ」トルコのユダヤ人の影濃厚なスミルナ、サロニカに出てニクソンを陰で操った成金王ハワード・ヒューズ謀殺、 JFK暗殺、身内の殺人事件などオナシス家には血なまぐささがつきまとっている。
 
(ロックフェラー家)
初代石油王ジョン・D・ロックフェラー1世により、瞬く間に財を成したアメリカ・ドリームを体現した一族。現当主のデビット・ロックフェラーは、アメリカ の影の政府といわれる「CFR」のトップに君臨している。また、多数の名家がロックフェラーと手を組んでおり、ロックフェラーに仕えることで富を得てい る。その中には、ジョン・D・アーチボルト、ハークネス家、ベッドフォード家、チーズブロー家、カトラー家、フラグラー家、フォルジャー家、ペイン家、ピ アス家、ロジャース家などがある。ところで、ロックフェラー家の中からは多数の上院議員も輩出している。特に有名なのが元副大統領のネルソン・ロックフェ ラーである。
 
(ロスチャイルド家)
イルミナティの中でも最強の一族。「世界の富を半分支配している」「ユダヤの王」など、いろいろな噂が飛び交っている。ロスチャイルド財閥の傘下には、シ フ家、オッペンハイマー家、モルガン家など巨大財閥がいる。政治、経済、マスコミとあらゆる分野を牛耳るユダヤ巨大財閥。
 
(ラッセル家)
エノク魔術やピラミッド学、プレアデス崇拝、薔薇十字思想などを盛り込んだオカルト教団「ものみの塔」の創始者が、同家のチャールズ・ティズ・ラッセルで ある。また、ウィリアム・ハンティントン・ラッセルはスカル&ボーンズを創設。ラッセル家の出自は、ドイツから始まり、スコットランドを経てアメリカへ 渡っている。ラッセル家はユダヤ財閥とも深い交流があり、ブナイブリスを通して国際金融資本から膨大な資金援助をされてきた。熱烈なシオニスト一家でもあ る。また、モルモン教とも繋がっている。
 
(ファン・ダイン家)
15世紀半ばにオランダからニューヨークに移り住んだオランダ代表のイルミナティ一族。しかし、謎に包まれており、情報も少ない。この家族の中に米国家族 計画連盟創設者、大地主、秘密情報将校がいることが判明している。中でもエドワード・S・ファン・ダインは1933年「米国家族計画連盟」を発足してお り、この連盟は、イルミナティ系各種財団から多額の寄付金を得ながら、出生率の調整管理を行うことを目的に、避妊、妊娠中絶、断種、不妊化などを推進して いる。
 
(ダビデの血流)
イエスと堕天使ルシファーの血が流れていると自称するのが、13番目の「聖なる」ダビデの血流である(イルミナティのリーダーたちは、ルシファーとキリス トは兄弟と考えている)。ユダヤのダン族を源流とするバビロン的カラバ魔術とドルイドに行き着く「全てを見通す目」のエジプト魔術を駆使する。英国王室を 中心にすべてのヨーロッパ王室に貫流するオカルトの血筋メロビング王朝(ハップスブルグ家)の系譜でもある。この血族から、ワシントン、クリントン、ブッ シュなど幾人かの歴代米大統領を輩出している。
 
以上がイルミナティ13血流であるが、13血流以外にも、その周辺血族として2家存在する。
 
(レイノルズ家)
レイノルズ家は婚戚のデューク家とともに全米資産トップ13に入り、煙草・麻薬コネクションとオカルトを介し、他の13血流と結ぶ。
 
(クルップ家)
ドイツ最大の工業帝国をもってヒトラーを支援し、第1次・第2次両大戦の陰の主役として世界を動乱させた。
 
(補足)
スプリングマイヤーはイルミナティ13血流に関して興味深いことを述べている。
 
「13血流のならわしとして、重要な子は派手な祝いなどせず、秘密裏に目立たぬように産み落とされて、別の家へ養子に出される。こうしてその子は別の姓を名乗り、血流を隠す。
 
他方、オカルト儀式では実の親が進み出る。例えば、闇のマザーになろうとする娘を実の父親が孕ませなければならない。
 
彼女の最初の子は実の父親の子でなければならず、彼女自身の手で、その子を悪魔の生贄として捧げなければならないのである。
 
イルミナティの子は、その多くが養子に出される(事実、合衆国のクリントン大統領もそうである)。
 
イルミナティの系図をたどろうとすることほど難しいことはない。
 
つまり私が何をいいたいかというと、さまざまな理由により、多くの人物が私のあげてきた上位十二姓(および私がイルミナティ13血流としてあげたいくつもの姓)とは違う姓を持ってはいるが、彼らもまたイルミナティ13血流に属している、ということなのである。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

秦氏の正体はロスチャイルドでした。

http://rapt-neo.com/?p=26552

「秦氏」というと、日本の建国に大きく関わったとされる重要人物ですが、実に謎多き人物です。
 
これまで数多くの人たちが「秦氏」をテーマに様々な論説を展開してきましたが、では一体「秦氏の正体」が何なのかというと、人によって言うことがバラバラだからです。
 
ウィキペディアを見てみても、やはり諸説紛々としています。
 
----------------(以下、ウィキペディアより転載)
 
■秦氏
『日本書紀』において、応神14年(283年)、天皇に仕えた弓月君を祖とし、百済より百二十県の人を率いて帰化したと記されている。(別名は融通王)を祖とする。
 
『新撰姓氏録』によれば弓月君は秦の始皇帝の末裔とされるが、その氏族伝承は9世紀後半に盛んになったものであって、その真実性には疑問が呈せられており、その出自は明らかでなく以下の諸説がある。
 
●秦の遺民が朝鮮半島に逃れて建てた秦韓(辰韓)の系統。(太田亮)
 
●百済系渡来氏族。弓月の朝鮮語の音訓が、百済の和訓である「くだら」と同音である。また『日本書紀』における弓月君が百済の120県の人民を率いて帰化したとの所伝もこの説を補強する。(笠井倭人・佐伯有清)
 
●弓月君は中国五胡十六国時代の羌族が興した後秦に由来する。また、羌族がチベット・ビルマ語派に属するチベット系民族であって、同言語においてハタは辺 鄙の土地、ウズは第一、キは長官を意味することから、ハタのウズキとは「地方を統治する第一の長官」を意味する。同様に、マは助詞「の」、サは都を意味す ることから、ウズマサは「第一の都市」を指す。(田辺尚雄)
 
●景教(キリスト教のネストリウス派)徒のユダヤ人とする(日ユ同祖論)。(佐伯好郎)
 
『隋書』には、風俗が華夏(中国)と同じである秦王国なる土地が日本にあったことが紹介されており、これを秦氏と結び付ける説もある。
 
----------------(転載ここまで)
 
このように、韓国人であるとか、チベット系民族だとか、ユダヤ人であるとか、景教徒であるとか、秦の始皇帝の末裔だとか、色々なことが書かれてあります。これでは、何が何だかよく分かりませんね。
 
しかし今日、私がその正体をはっきりと明かしましょう。「秦氏」とはズバリ、ロスチャイルドのことなのです。
 
なぜそんなことが言えるのか、その根拠をご説明します。
 
昨日、私は「密教」がロスチャイルドのために作られた宗教であるというお話しました。ロスチャイルドは「スサノオ」と「アマテラス」の両方を信じていて、「アマテラス」を最高神としていますが、これは「密教」の考え方と全く同じだからです。
 
で、この「密教」は「景教」の影響を大きく受けて作られたと言われています。
 
「景教」とはネストリウス派のキリスト教のことですが、もちろんこれは本物のキリスト教ではありません。いわゆる悪魔教です。一応、表向きにも異端とされています。
 
ネストリウス – Wikipedia
 
で、空海は「景教」の教えを「密教」の中にふんだんに取り入れました。
 
日本の歴史-空海と景教
 
(ちなみに、空海が悪魔崇拝者であったという証拠は「こちら」をご覧下さい。)
 
で、「秦氏」もまた景教の信者であったという話は有名です。上のウィキペディアにも書かれていますね。つまり「秦氏」は純粋なクリスチャンではなく、悪魔崇拝者だったというわけです。
 
と、ここで早くもロスチャイルドと秦氏のつながりが見えてきました。
 
秦氏は「景教」を信じていて、その「景教」の要素を空海が「密教」の中に取り入れ、その「密教」をロスチャイルドが信じている……というわけですから。
 
しかし、問題はここからです。
 
「秦氏」は「八幡神社」と「稲荷神社」の建立に深く関わったとされています。これは俗説ではなく、定説です。(最上の画像は、伏見稲荷大社の「千本鳥居」)
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
秦氏は広隆寺をはじめ、八幡 神社や稲荷神社等、多くの寺社の建立に長年関わってきたことが知られています。
 
----------------(転載ここまで)
&nbsp
で、「八幡神社」も「稲荷神社」もどちらも「赤」にペイントされています。「赤」というとロスチャイルドのシンボルカラーですよね。


  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

GHQが封印した【靈】という漢字

突然、【靈(霊)】という漢字が出てまいりました。漢字の成り立ちには意味がありますが、ひょいとこの漢字の成り立ちを調べてみたのです。色々な解釈があるようですが、【巫】が関係しているのは以前から知っておりました。

三つの【口】に関しては、マヤ文明の前記事の関係なのでしょう、オリオン座が頭をかすめました。しかし、まさか、GHQによって≪靈から霊に変えられた説≫には目からウロコでした。信憑性があると思います。フェイスブックからの転載です。


≪隠された霊の本来の意味!≫

【れ】 禮、成り立ち、神に供え物をして行う祭礼を表します
【い】 息吹き、息吹く、生命の根本原理を表します


言靈はすべてに意味がありますが、日本民族は戰前は意識レベルが高く優秀な民族でした。意識レベルの高さの秘密に、言靈が関係しています。日本語は50音訓すべてに母音(あ行)が含まれており、母音は唯一宇宙と繋がる言靈になります。

要するに自然エネルギーと同調するようにすべてに意味を持っているのが日本語になるのです。なので、日本語が世界で一番周波数の高い言語の秘密は母音にあるのです。

それぞれの母音に象徴される意味

あ段・・感情、感受性を表す。直観力、宗教や芸術、思想、哲学など。

い段・・生命、超然、創造力を表す。意思、宇宙、エネルギーなど。

う段・・感覚、欲望を表す。また、産業や経済活動とも関わりが深い。

え段・・選択、叡智、実践、実行力、慈悲を表す。道徳心、政治的発想なども司る。

お段・・経験、知性、好奇心を表わす。思考、科学やその他学問なども含む。
そろそろ話を戻しますが、霊は本來「靈」と書きます。“れい”自体が言靈で意味のある言葉になりますが、漢字の意味では巫女が口を開いて雨を受け取っている圖が象徴化されています。

シャーマンである巫女が農耕に大切な雨期などの自然現象を知るため、天のメッセージや自然の聖靈のメッセージをエネルギーとして受け取っていることを現しているのが靈という漢字なのです。ちなみに3つの口はシャーマンに必要な三位一体の態度を示します。

(肉体の入口、心の入口、魂の入口の調和=三位一体)

つまり靈とは本來、宇宙や大自然の高次のメッセージである自然エネルギーを現します。ですから、そういった高次の智慧であるエネルギーを受取った人は靈的存在として、人々の進化を導くマスターになるのです。

そして、日本民族は元々がシャーマン的な素養を全員が供えており、それは“靈”という漢字が表していたのです。これをGHQが霊と変えることにより、實は想像を遙かに越える恐ろしい意味があります。

本來、巫女とは、天と地をつなげる存在でした。見えない天のメッセージやエネルギーを受け取る器です。世界的に高名なシャーマンが女性なのにはきちんと理由があるのです。

しかし問題として巫女自身はそのメッセージを受け取るだけで、解釈は出来ません。そこで、そのメッセージが人民にとって有効かどうか、論理的、思考的に判断解釈する存在が必要です。これが審神者(サニワ)と言います。

巫女 =女性的、直感的、右脳的、陰性
審神者=男性的、論理的、左脳的、陽性


つまり、巫女である女性が天や自然の声(メッセージ)を捉え、サニワという男性が、その声を一般の人民にも理解できるような言葉に翻訳し、人々に伝える。

これが本來の「マツリゴト(政)」=天の声を祭ることでした。このマツリゴト(政)で築き上げられる文明は、巫女のメッセージを根源としているので常に、宇宙や大自然と調和した文明となります。これが女性原理文明です。
ところが、現代社会はサニワである男性が力を持ってきます。男性は、マツリゴトの根源である巫女のメッセージを切り離し、論理性を中心とした政治を行うようになります。これは生物学的身体レベルでの右脳性(直感性)の切り離しも象徴します。

それにより築き上げられる文明は、徐々にエスカレートして宇宙や自然との調和を欠いた文明へと進んでいきます。これが現在の人類の文明。つまり男性原理文明です。男性原理文明においては、巫女に象徴させる女性的、直観的、右脳的で陰性な見えないエネルギーを嫌います。

つまり、理解できない怖さの幻影が、本来高次であるべき靈という本質を幽霊に代表される低次の霊という影に押し込んでいきます。霊という文字に変えることにより高次元の自然エネルギーはオドロオドロしいものへと変わっていきます。シャーマニズムや自然療法の迷信化、魔女狩り、女性蔑視はすべてはここの文字から始まるのです。

これも独自に調べましたが、ここまで恐ろしい意味があり、GHQに変えられてるとは思っていませんでした。わたしが靈という漢字を最近難しいのを使うようになったと疑問に感じていた方々も多くいると思いますが、GHQの思う壺に嵌まって民族性を劣化させてたまるかという思いがあるからです。

女性軽視で、靈的事實をねじ曲げられた背景に、必ずこの文字の意味も関与しています。靈的とは、本來は自然エネルギーのことを表しますが、その意味をねじ曲げれば支配は容易く出來ます。日本民族は元々が全員がシャーマン的能力を備えているのを封印するために文字を劣化させたのは間違いありません。

この漢字をどう受け止めるかは自分次第になります。わたしは女性軽視などしたくないので靈に絶対に変えるようにします。実際、前の漢字よりもエネルギーをすごく感じます。

漢字は意圖的に変えられてるのが非常に多いですが、この秘密までたどり着く人はまだまだ少ないと思います。ですが、世の中の根本原理をねじ曲げられるほどのチカラがある漢字なので、絶対に“霊”とは使ってほしくありません。

「廣瀬 仁氏 FB投稿記事 シェア柳田剛二」
https://www.facebook.com/mirai.harmony/about

(参考) 漢字辞典-OK辞典⇒⇒⇒「霊/靈」という漢字
霊長類という語の「霊」という漢字はどういう意味があるのだろうか?(Yahoo!知恵袋)

【日本語ブログ記事】 2020年東京オリンピック買収疑惑の主犯4人と電通は【田布施マフィア】だ!


【画像】:今回の買収を仕掛けた陰の実力者元電通専務の高橋治之氏

いつもお世話様です。                         

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰する【市民革命派】のネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。    

昨日日曜日(2016.05.22)に放送しました【英日語放送】の『メインテーマ』の日本語部分を加筆訂正して【日本語ブログ記事】にまとめました。

【放送録画】 38分27秒

http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/273265467

【放送録画】


【日本語ブログ記事】

■ 2020年東京オリンピック買収疑惑の主犯4人と電通は【田布施マフィア】だ!

昨日の放送のメインテーマは、『2020年東京リンピック買収疑惑の主犯は、安倍晋三首相、森喜朗招致委員会評議会議長、猪瀬都知事、竹田招致員会理事長 と電通だろう!』だったが、今日の放送のメインテーマは、『買収疑惑の主犯4人と電通は全て【田布施マフィア】』である!

①安倍晋三首相:

アミン・ディアック前国際陸連会長とのツーショット

安倍晋三は今【田布施マフィア】の司令塔として、山口県田布施町出身の【田布施マフィア】総司令官だった尊敬する祖父岸信介ができなかった四つのことをどんな手段を用いても実現しようとしている。

1)『憲法改正』の偽名の下現憲法を廃止する

2)現憲法を明治の『大日本帝国憲法』に差し替える

3)戦前の『天皇制軍事独裁体』を復活する

4)戦前の『大日本帝国』を復活する

②森喜朗招致委員会評議会議長:

森喜朗は岸信介が自民党内に作った派閥『清和会』の後継代表を二度務めた、文字通り【田布施マフィア】の幹部である。

③猪瀬都知事:

2020年東京オリンピック招致運動は、当初石原慎太郎都知事が中心となって推進していたが、石原都知事が2012年10月31日突然知事を辞任したため猪瀬が後任者となった。

石原慎太郎が13年間も都知事の椅子を独占してきたのは、『都知事利権』が米国支配層と自民党清和会と財界にとって最大の利権だったためであり現在も続いているのだ。

『都知事利権』は【田布施マフィア】が牛耳る大きな利権なのだ。

④竹田恆和致員会理事長:

竹田恆和は竹田宮出身の旧皇族で明治天皇のひ孫にあたる。

この明治天皇は、明治維新で【田布施マフィア】の司令塔伊藤博文が公武合体を主張する孝明天皇を殺し、明治天皇となった嫡子睦人をも殺して、田布施村出身の大室寅之助に差し替えた偽装天皇である。

従って偽装明治天皇のひ孫の竹田恆和は立派な【田布施マフィア】の一員だ。

⑤電通

今回の買収を仕掛けた陰の実力者元電通専務の高橋治之氏

電通の前身は、陸軍中央が1932年12月に満州国に設立した国策通信社『満州帝国通信社』であり,初代主幹となったのが、後に『阿片王』と呼ばれた里見機関の里見甫(はじめ)である。

戦後里見甫は、GHQにA級戦犯容疑者として逮捕・拘留されるが、岸信介、児玉誉士夫、笹川良一らとともに釈放されその後電通の初代社長となっている。

電通の源流は【田布施マフィア】の司令塔岸信介が実質的に支配していた満州国である。

戦後里見甫は電通の初代社長となった。彼は、戦前軍隊の別部隊とし働き、侵略、破壊、殺人、誘拐、麻薬生産などの戦争犯罪を犯したのだ。

今回の東京オリンピック利権を独占するためにIOC委員を買収したのがたまたま発覚した.戦後の巨大利権は【田布施マフィア】が独占してきたのだ!

(終わり)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************

日本の中のCIAエージェントその1

アメリカ→官邸→マスコミによる支配
309206 日本の中のCIAエージェントその1
 
惻隠之心 ( 59 大阪 会社員 ) 15/11/08 PM04 【印刷用へ
日本の政界、財界、マスコミ、学者、評論家、右翼・暴力団などあらゆる分野に張り巡らされたCIAのスパイ・エージェントの数は一体どのくらいになるのであろうか

浮世風呂さんより引用です
リンク
日本で活動する実行部隊(オペレーション担当)は工作員指揮官として、まず3人の現地工作員の指揮に当たる。そして、工作員はそれぞれ3人の配下(協力 者)を抱え、3人の配下もさらに3人の部下を抱える。つまり、1人の指揮官が3×3×3=27人の工作要員を指揮して情報収集などに当たっている。CIA エージェントとされる中には、本人が意識せずにCIAに対して情報提供をする者も含まれる。

外交官や軍人に偽装するOCS(Official Covers)と民間人に偽装するNOCS(Non Official Covers)とに分かれ、それぞれ活動しているというが、最近はNOCSを増やしつつあると分析されている。その理由は、2001年9月11日、米国で 起きた同時多発テロが関係する。

 要するに、通常総勢、数百人もの工作要員が活動しているというのである。スパイ防止法すらない日本はまさにスパイ天国というわけである。

★吉田茂

幼児に横浜の富裕な貿易商、吉田健三の養子となり、東京帝国大学政治科を卒業後、外務省に入省した。大久保利通の次男、牧野伸顕伯爵の長女、雪子と結婚。

 天津総領事、奉天総領事、イタリア大使、イギリス大使を歴任した。
 吉田茂は取り巻く人間を通して、ロスチャイルドの影響を受けていた。

太平洋戦争の前夜に日本の対米英戦争を決定した1941年9月6日の「帝国国策遂行要領」に関する所謂「御前会議」の内容を細大漏らさず、敵米国の駐日大使に通報していた、日本最大の売国スパイ=暗号名「ヨハンセン」とは吉田茂。

元自民党総裁=麻生太郎の祖父。

★辰巳栄一 (1895年1月19日ー1988年2月17日)

コードネーム「POLESTAR―5」

元陸軍中将
戦後の連合軍占領中は旧軍の反共主義工作機関「河辺機関」を率いた。警察予備隊の幹部人選に駐英武官当時からの上司であった吉田茂の腹心として関与。
内閣調査室や後の自衛隊の設置に関わる資料をアメリカ政府に流していた事が2009年10月、有馬哲夫・早稲田大学教授のアメリカ国立公文書記録管理局における機密解除資料調査で確認された。1975年1月から1978年12月まで偕行社会長を務めた。

★緒方竹虎 (1888年1月30日 - 1956年1月28日)

コードネーム「POCAPON(ポカポン)」

ジャーナリスト、政治家。朝日新聞社副社長・主筆、自由党総裁、自由民主党総裁代行委員、国務大臣、情報局総裁、内閣書記官長、内閣官房長官、副総理などを歴任。栄典は正三位勲一等旭日大綬章。三男の緒方四十郎は元日本銀行理事。

緒方は12月にA級戦犯容疑者指名、1946年8月に公職追放、1947年9月戦犯容疑解除、1951年8月に追放解除となっている。A級戦犯容疑者指名 がなければ、敗戦で社内の緒方派と反緒方派の対立が再燃して自らも調停に乗り出し、村山長挙社長が辞任していた朝日新聞社の社長に就任するはずであった。

追放解除の翌年にあたる1952年10月、第25回衆議院議員総選挙で福岡1区(当時)から出馬し、中野正剛の地盤を引き継いだうえに地元財界の支持を得て当選する。

第4次吉田内閣で当選1回ながら、国務大臣兼内閣官房長官、さらに副総理に任命され、翌1953年5月成立の第5次吉田内閣でも副総理に就任した。

なお、緒方は政界復帰前の1952年4月、吉田茂、村井順とともに、アメリカのCIA、イギリスのMI5、MI6などを参考にして、内閣総理大臣官房に「調査室」という小さな情報機関を設立した。これが現在の内閣情報調査室の源流である。

緒方は、これとは別に強力な情報機関、いわゆる日本版CIAを新設する構想を持っており、吉田内閣入閣でこの構想は一挙に表舞台に登場したが、国会や外務 省、世論の激しい批判を浴び、第5次吉田内閣の下で内調の拡充・強化を図るにとどまった。しかし、このときの緒方の動きを、アメリカCIAは高く評価し た。

★岸信介 (1896年11月13日 - 1987年8月7日)

言わずもがなスパイ。岸の『系譜』の政治家は、CIAのスパイである。
政治的に岸は日本の歴代首相のだれよりも右寄りだった。岸は、APACL(アジア人民反共連盟)、MRA(道徳再武装運動)、統一教会など、右翼組織やCIAのフロント組織に深く関わっていた。

 首相をしりぞいた二年後の1962年9月には、東京で5日間にわたって開催されたAPACLの会合で基調演説を行なっている。また、日本郷友連盟や祖国防衛同士会など、民主主義の粉砕と天皇の政権復帰を擁護する極右団体の顧問もつとめた。
 岸は首相在任中に、日本を訪れたMRAの代表達に次のように挨拶している。「諸君は全世界に対して道徳的バックボーンを与えるようにしておられる。私は MRAが6週間にわたって(1960年5月から6月までの期間)我が国に与えた圧倒的な影響力に対して感謝の気持ちを表明したい」時あたかも、岸打倒を叫 ぶ運動がピークに達しており、MRA代表団の訪日のタイミングのよさには目を見張るものがあった。

 岸は日本でもっとも反動的な首相だった。1957年から60年までの短い首相在任中に、岸内閣は史上まれに見る反進歩的な法案を提出した。一つは 1958年、警察官の権限を拡大強化する警職法(警察官職務執行法)改正案であり、もう一つは1948年に廃止された紀元節の復活であった。統一教会とい えば、CIAの命によりKCIA(韓国中央情報局)が組織し、操る宗教団体であることが後に明らかになった。岸と教会との密接な関係を示す一例として 1974年5月、東京の帝国ホテルで開かれた『希望の日』実行委員会主宰の大晩餐会がある。『希望の日』とは、教会の世界的宣伝キャンペーンの一環の集会 名だが、同実行委員長が岸信介だった。(『週刊新潮』1974年5月23日号より)>

続く

日本のイルミナティについて

大陸から渡って来た天皇一族ですが、出雲方面から入って来た人達と、
鹿児島から入って来た人達がいた。
日本上陸ルートには、出雲ルートと鹿児島ルートの2つがあったのでした。
出雲から入って来た人達は出雲大社を作った。
そして鹿児島から入って来た人達は、伊勢神宮を作った。
だから伊勢神宮と出雲大社を結んだ線は、高句麗(北朝鮮)のピョンヤンと一直線になる。

d158j2014_00002144.jpg

日本と高句麗の皇族は同じということです。

今まで主にヨーロッパのイルミナ亭の人達しか書いてなかったのですが。
もちろん日本内部にもイルミナ亭の人達は存在する。

日本のイルミナティの皆様というのはご存じ藤原家ですよね。
天皇家周辺の五摂家というか藤原一族。

ちょっとここら辺は書き出すといくら書いても書ききれないのですが。

参考になる文章を張っておきます。

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=271667
天皇家の南朝と北朝の分断の始まり

日本は1万5000年以上も前の世界最古の縄文文化発祥の地。
現在の東日本が縄文文化の中心。
自然の恵みや災いと共生し八百万の神々に感謝して生活を営んでいた。

日本列島は、古代天皇家を中心とする
地方分権の集団指導体制であった模様だ。

しかし、西洋で突如現れたシュメール文明。
彼らは唯一絶対神の思想の下、自然破壊と侵略を繰り返す。

そして弱肉強食、極悪非道の殺戮を開始。
神の名のもとに全ては正当化されていく。
宗教を乱立させて対立と争いの道具とする。
洗脳された民衆は、互いに殺しあう。

彼らは見学して楽しむ。
勝者こそ正義。
彼らにとって有色人種は人間ではない。
これが人種差別の根源である。

やがてアジア大陸は、彼らによって支配される。
彼らの魔の手は、極東の日本列島に及ぶ。

日本列島の先住民であった縄文人は、
渡来人と融合した弥生人によって駆逐されていく。

そして、大化の改新という渡来人による
クーデーターによって律令政治を導入。

彼らは法によって人民を支配。
己の権力保持の為には、どんな手段も厭わない。

出雲を中心とした古代天皇家は、彼らの手先となった朝鮮半島の百済王族の末裔によって浸食されていく。

藤原鎌足が百済王族の子孫で無いとしても、桓武天皇の母親は百済系渡来人の子孫である事は定説である。
2001年、今上天皇が上記についてのご発言をされている。

百済の武寧王の子孫が高野新笠であり、桓武天皇の生母とされている。
藤原一族による天皇家乗っ取りの初代天皇は桓武天皇。

参考:蘇我入鹿慘殺から?國日本は百濟に乘つ取られてゐた 藤原五攝家とは百濟亡命王族だつたのだリンク

くどい様だが、在日特権・パチンコ・K-POP・朝鮮総連・民団・統一教会・創価学会・・・これらは全て関連がある。

地球原住民として最後まで生き残っていた縄文系日本人。

南は九州南部、沖縄、台湾。
北は関東以北へと追いやられる。

日本の歴史と縄文人は、藤原不比等によって抹消捏造される。
古事記・日本書紀によって古代天皇家は神話とされる。

藤原家は天皇家と婚姻による融合を図る。
藤原不比等の4人の息子は藤原南家・藤原北家・藤原式家・藤原京家を興す。

やがて、暗黒の平安時代の到来である。

藤原家は縄文人の抹殺を画策。
征夷大将軍とは、縄文人討伐の大将。

つまり、坂上田村麻呂は縄文人抹殺の司令官。
この坂上田村麻呂は、後漢霊帝の末裔。

藤原式家は、百済系桓武平氏を中心とした軍事力の強化を図る。
傀儡軍事政権の幕開けである。

やがて藤原式家と藤原北家による内部権力抗争が始まる。

この代理戦争が平氏(式家)と源氏(北家)の抗争である。
清和源氏(藤原北家)が鎌倉幕府設立。
そもそも清和源氏とは、清和天皇系の武家である。
清和天皇の生母は、藤原明子。

勝者となった藤原北家は5摂家に衣替えして天皇家と融合していく。
敗れた式家は、桓武平氏系の北条氏として存続する事となる。
鎌倉幕府とは、藤原北家を頂点とする藤原式家による傀儡武家政治である。
天皇家は藤原式家(南朝)と藤原北家(北朝)に分断されていく。

【YYNewsLive】■【放送後記】昨日(月)の放送で取り上げた二つの問題点(①日本国憲法は大日本帝国憲法の「改正法案」②日本国憲法...

いつもお世話様です。                          
【YYNews】【YYNewsLive】【杉並からの情報発信です】【YYNewsネット世論調査】を主宰する市民革命派ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。

本日火曜日(2017年10月03日)午後8時30分から放送しました【YYNewsLiveNo2381】の放送台本です!

【放送録画】 66分30秒

http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/408537684

☆今日の画像

①日本国憲法は大日本帝国憲法第73条「憲法改正」に基づいて「修正帝国憲法改正案」として1946年10月29日に昭和天皇が出席した枢密院本会議で満場一致で可決された。

▲枢密院とは?(by Wikipedia)

枢密院(すうみついん)は、枢密顧問(顧問官)により組織される天皇の諮問機関。憲法問題も扱ったため、「憲法の番人」とも呼ばれた。1888年(明治21年)創設、1947年(昭和22年)5月2日、翌日の日本国憲法施行に伴い廃止。

☆今日の推薦本(朗読)

■鈴木啓功著『炎上する世界経済 日本人だけが知らない国際金融の残酷な現実』(イースト・プレス2017.08.21発行\1700+税)

・本書は「悪魔の計画」を打破するために書かれていく。本書の目的は「予測を的中させること」ではない。それは「占い師の本願だ」。本書は「悪魔の未来」を覆すことが目的だ。(「はじめに」より抜粋)

・2020年には世界経済が大崩壊する。だがそれは「過去の体制が崩壊する」ということで、それで困るのは「ぬくぬくと飯を食ってきたパラサイト集団なのだ。大逆転の時代は「大構築の時代にできた体制が崩壊する」から「既成勢力」にとっては「危機」である。だが大逆転の時代の「大崩壊情勢」は「新規勢力」にとっては「ビッグチャンス」なのである。日本国民は「ビッグチャンス」を作り出せ。(「おわり」より)抜粋)

・真面目な日本国民は「世界経済体制」が「永遠に続く」と信じている。だがそれは「愚かな幻想」だ。自由市場や株式市場などは「金融破壊されることになる」。現在の「一神教世界」は崩壊する。(「おわり」より)抜粋)

*第21回 朗読 (2017.10.03)

第1章 現代世界情勢の背後に「地球支配階級」が存在するー日本国民は「世界の奥の院」を透視するべし

▲地球支配階級は「有色人種の皆殺し」を計画している P.84-85

☆図表の書き起こし

▲ 図表1 (P35) 地球支配階級が仕掛ける『悪魔の世界支配戦略』を透視する

1870年代=地球支配階級は「3度」の「世界大戦計画」を策定した

1914年=第一次世界大戦が勃発する(~1918年)

1939年=第二次世界大戦が勃発する(~1945年)

第二次世界大戦後の世界は「大謀略世界」として構築された

1990年代=日本国の「バブル経済崩壊」は「テロと戦争の時代」を告げる号砲

2010年代=地球支配階級は「第三次世界大戦」に向かって驀進している

2016年=地球支配階級は「悪魔の戦略」を始動させた

●2016年4月=パナマ文書が公開された

●2016年7月=英国が「EU離脱」を決定した

●2016年11月=米国大統領選挙で「トランプ候補」が当選した

2017年 地球支配階級は「トランプ大統領」を登場させた

●2017年1月=米国でドナルド・トランプが「大統領」に就任する

●2017年4月=ロシアで「地下鉄爆破テロ事件」が発生する

●2017年4月=米国は「シリア攻撃」を開始する

●2017年4月=北朝鮮は「ミサイル」を発射する

●2017年5月=フランス大統領選挙で「マクロン候補」が当選する

●2017年5月=英国で「自爆テロ事件」が発生する

●2017年6月=日本国で「共謀罪」(テロ等準備罪)が成立する

●2017年6月=英国で「自動車暴走テロ事件」が発生する

2018年 地球支配階級は「現代世界資本主義経済体制破壊」を開始する

●2018年1月=欧州中央銀行ECBの利上げが「バブル崩壊」を引き起こす

2020年=地球支配階級は「現代世界全体」を徹底的に破壊する

(1)今日のメインテーマ

■【放送後記】昨日(月)の放送の中で取り上げた二つの問題点(①日本国憲法は大日本帝国憲法の「改正法案」②日本国憲法と大日本帝国憲法の基本構造を同じ)を捕捉しました!

①問題点1:日本国憲法は大日本帝国憲法の「改正法案」である

▲日本国憲法への移行 (Wikipediaより抜粋)

1946年(昭和21年)10月29日、「修正帝国憲法改正案」を全会一致で可決した枢密院本会議の模様。

1945年(昭和20年)8月、日本政府がポツダム宣言を受諾して終戦を迎えた。同宣言には、「日本国政府ハ日本国国民ノ間ニ於ケル民主主義的傾向ノ復活強化ニ対スル一切ノ障礙ヲ除去スベシ」、「言論、宗教及思想ノ自由並ニ基本的人権ノ尊重ハ確立セラルベシ」などと定められたため、ダグラス・マッカーサー率いる連合国軍最高司令官総司令部(GHQ/SCAP)は、大日本帝国憲法の改正を日本政府に求めた。

政府は内閣の下に憲法問題調査委員会(委員長・松本烝治国務大臣、松本委員会)を設置して、憲法問題の審議にあたらせた。政府は松本委員会が要綱化した案を元に閣議で審議し、1946年(昭和21年)2月8日に「憲法改正要綱(松本試案)」として総司令部に提出した。この間、国民の間でも憲法改正論議は高まり、さまざまな憲法改正案が発表された。
政府による「松本試案」の提出に先立ち、2月1日付『毎日新聞』が「松本委員会試案」なるものをスクープした。スクープされたものは松本委員会の委員の一人である宮澤俊義が作成した試案であって、松本試案とは異なるものであった。そのため、政府もその報道された内容が政府案と異なるとする声明を発表した。

しかし、総司令部はその記事内容が真正な松本委員会案であると判断した。総司令部はその記事に示された「松本委員会試案」は受け入れがたいと考え、自ら憲法改正案を作成し、日本政府に提示することを決定した。総司令部は、2月3日から13日にかけて、いわゆる「マッカーサー草案」をまとめた。

(1946年)2月13日、総司令部は、松本国務大臣と吉田茂首相に対し、2月8日に提出された「松本試案」に対する回答として、「マッカーサー草案」を手渡した。政府は「松本試案」の再考を求めたもののいれられず、あらためて、「マッカーサー草案」に基づいて検討し直し、「日本側草案(3月2日案)」を作成した。

政府は総司令部と折衝の上、(1946)年3月6日に「憲法改正草案要綱(3月6日案)」を政府案として国民に公表した。「憲法改正草案」をみると、改め文方式ではなく、新法制定形式を採用しているようである。新法を制定し、旧法を廃止する場合には、附則において「○○法は、廃止する。」と記述しなければならないが、本草案中には「大日本帝国憲法は、廃止する。」という文言はない。

この政府案を元に国民の間で広く議論が行われ、4月10日には第22回衆議院議員総選挙が行われた(もっとも、国民の最大の関心は新憲法より生活の安定にあった)。政府は、選挙が終了した4月17日に、要綱を条文化した「憲法改正草案」を公表した。

4月22日から枢密院において憲法改正案が審査が開始され、6月8日に可決された。6月20日、政府は、大日本帝国憲法73条の憲法改正手続に基づき、憲法改正案を衆議院に提出した。6月25日から衆議院において審議が開始され、若干の修正が加えられた後、8月24日に可決された。続けて、8月26日から貴族院において審議が開始され、ここでも若干の修正が加えられた後、10月6日に可決された。翌7日、衆議院は貴族院の修正に同意し、帝国議会での審議は結了した。憲法改正案はふたたび枢密院にはかられ、10月29日に可決された。天皇の裁可を経て、11月3日、大日本帝国憲法は改正され日本国憲法として公布され、翌1947年(昭和22年)5月3日に施行された。

②問題点2:日本国憲法と大日本帝国憲法の基本構造を同じである

昨夜の放送のメインテーマの中で私は次のように述べた。

「GHQ(米国支配階級)は、新憲法を旧憲法を廃止したうえでゼロから制定せずに旧憲法を『改正』して新憲法を制定した。GHQ(米国支配階級)は、旧憲法第一条の天皇条項を新憲法の第一条としたように憲法の基本構造を同じにしたのだ」

▲二つの憲法の基本構造の比較!

□大日本帝国憲法

告文(こうもん)

(現代語訳はじめ)

http://samrai308w.blog.fc2.com/blog-entry-395.html

私(明治天皇)は神武天皇から始まる我が国歴代天皇の御神霊に誓って国民の皆さんに告げます。

私は三種の神器とともに御神霊の皇位を正統に継承し、伝統文化を保持し、決して失墜することのない様にし、また、我が国の歴史をかえりみて、世の中の進歩・向上していく機運や傾向、人倫の発達を我が国歴史の遺訓に則り(我が国の良き伝統)としてこれを推進していく所存です。

ここに皇室典範と憲法を制定しその条章を明示し、皇室では子孫がこれにより従うところとし、臣民(国民)には天皇(国家運営)を補佐する道を広めて永遠に憲法に従うようにして、益々大事業(国家運営統治)の基礎を強固にして臣民(国民)の幸福を増進する為にここに皇室典範および憲法を制定するものです。

良く考えればわかりますが、これは以前から続いてきた我が国の良き伝統として我が国歴代天皇が子孫である私(明治天皇とその子孫)に言い残した国家運営の規範に従うこととに他なりません。

時代が私(明治天皇)の番となり、国家運営をするにあたり、神武天皇から始まる我が国歴代天皇の御威光と我が先帝(孝明天皇)の御威光に頼り、そのお助けを祈願して、あわせて私(明治天皇)の現在および将来に於いて、率先してこの憲法を実行し、憲法に背くことが無いようにすることを誓います。

<憲法発布勅語>

私(明治天皇)は国家の隆盛と臣民(国民)の幸福が我が国の栄光だとの理念を持ったこの憲法を、神武天皇から始まる我が国歴代天皇から受け継いだ大権によって、現在から将来にわたる臣民(国民)に対し広く公布する。

我が国があるのは、神武天皇から始まる我が国歴代天皇と我が国臣民(国民)の祖先が一致協力して国を創ってきたからであり、神聖なる皇統の威徳と臣民(国民)の忠実さと勇武、愛国の心で公に殉じた臣民(国民)のこの光輝ある我が国の歴史が我が国を創ってきたのである。我が国臣民(国民)は即ち、皇統の忠良なる臣民(国民)の子孫なのだから、私(明治天皇)が望む我が国の栄光を和衷協同して成し遂げ、永く維持していけることに何らの疑いもない。

<上諭>

私(明治天皇)は神武天皇から始まる我が国歴代天皇の功績を受けて、万世一系の帝位を受け継ぎ、我が親愛なる臣民(国民)は、我が皇統が恵み、愛し、慈しみ、養ったところの臣民(国民)であることを思い、その幸福を増進し、その徳と才能を育成させることを願い、またその補佐により、ともに国家運営を補助してくれることを希望します。

そこで明治十四年十月十二日の勅命(国会開設の勅諭)を実践し、ここに憲法を制定し、私とともに憲法に従うことを示し、私の子孫および臣民とまたその子孫によって永遠に命令に従い実行してくれることを知らしめる。

 
国家統治の大権は私(明治天皇)がこれを皇統より受け継ぎ、また子孫へと伝えていくものである。私または私の子孫は将来、この憲法の条文に従って政治を行うことから外れてはならない。

私は、我が臣民の権利および財産の安全を貴び重んじ、これを保護し、この憲法および法律の範囲内においてその享有を完全に確かなものだと宣言する。

帝国議会は明治二十三年を以てこれを召集し議会開会の時を以てこの憲法は有効となる。
将来、この憲法の条文を改定する必要が生じたときには、私または私の子孫はその改正を発議する権利を行使し、これを議会に付して、議会はこの憲法に定められた要件によって議決するとの方法以外では改定してはならない。私の子孫および臣民は決してこの方法以外の方法に掻き乱して憲法を変えてはならない。

私を補佐する大臣は私のためにこの憲法を施行する責任を全うし、私の現在および将来の臣民(国民)はこの憲法に対し永遠に従う義務を負わなければならない。

御名御璽

明治二十二年二月十一日

内閣総理大臣 伯爵 黒田清隆
枢密院議長 伯爵 伊藤博文
外務大臣 伯爵 大隈重信
海軍大臣 伯爵 西郷従道
農商務大臣 伯爵 井上馨
司法大臣 伯爵 山田顕義
大蔵大臣兼内務大臣 伯爵 松方正義
陸軍大臣 伯爵 大山巌
文部大臣 子爵 森有礼
逓信大臣 子爵 榎本武揚

(現代語訳終わり)

第1章 天皇

第2章 臣民権利義務

第3章 帝国議会

第4章 国務大臣及枢密顧問

第5章 司法

第6章 会計

第7章 補則
 第73条 憲法改正

□日本国憲法

前文

第1章 天皇(第1条-第8条)

第2章 戦争の放棄(第9条)

第3章 国民の権利及び義務(第10条-第40条)

第4章 国会(第41条-第64条)

第5章 内閣(第65条-第75条)

第6章 司法(第76条-第82条)

第7章 財政(第83条-第91条)

第8章 地方自治(第92条-第95条)

第9章 改正(第96条)

第10章 最高法規(第97条-第99条)

第11章 補則(第100条-第103条)

(終り)

(2)今日のトッピックス

①「希望の党」の政策協定書全文

2017.10.03 時事通信

https://www.jiji.com/jc/article?k=2017100300947&g=pol

希望の党が公認候補と取り交わした政策協定書の全文は次の通り。

 希望の党 小池百合子代表殿

 政策協定書

 私は、希望の党の公認を受けて衆院選に立候補するに当たり、下記事項を順守すること、当選した場合には希望の党の所属する会派に所属して国会活動を行うこと、希望の党党 員として政治活動を行うことを誓います。

           記

1、希望の党の綱領を支持し、「寛容な改革保守政党」を目指すこと。

2、現下の厳しい国際情勢に鑑み、現行の安全保障法制については、憲法にのっとり適切に運用する。その上で不断の見直しを行い、現実的な安全保障政策を支持する。

3、税金の有効活用(ワイズ・スペンディング)を徹底し、国民が納める税の恩恵が全ての国民に行き渡る仕組みを強化すること。

4、憲法改正を支持し、憲法改正論議を幅広く進めること。

5、国民に負担を求める前に国会議員が身を切る改革を断行する必要があること、および、いわゆる景気弾力条項の趣旨を踏まえて、2019年10月の消費税10%への引き上げを凍結すること。

6、外国人に対する地方参政権の付与に反対すること。

7、政党支部において企業団体献金を受け取らないこと。

8、希望の党の公約を順守すること。

9、希望の党の公認候補となるに当たり、党に資金提供をすること。

10、選挙期間が終了するまで、希望の党が選挙協力の協定を交わしている政党への批判は一切行わないこと。

  年 月 日

 第48回衆院選 立候補予定者(署名欄)

②小池代表の「排除」発言に反発 連合は希望の支援見送りへ

2017年10月3日 日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/214765

民進党最大の支援団体「連合」が希望の党の支援を見送る方向で調整に入ったことが分かった。

希望の小池代表が、民進からの合流希望者について「全員受け入れ、さらさらない」「排除する」と選別していることに対し、連合内部で「何様なのか」「カネとヒトがほしいだけか」などと反発が広がっているためだ。

連合は5日に開く臨時の中央執行委員会で支援見送り方針を正式に決定するとみられる。
連合は民進からの出馬予定者ら約170人に推薦を出しているが、今後は政党に関係なく、推薦候補を個別に支援するという。小池代表の「排除」発言には、連合の神津里季生会長も「おかしい」と激怒していた。

③「希望」が1次公認192人 立憲民主、共産は共闘

2017年10月3日 共同通信・東京新聞

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017100301002021.html

希望の党(代表・小池百合子東京都知事)は3日、衆院選(10日公示―22日投開票)の第1次公認候補として計192人(小選挙区191人、比例代表1人)を擁立すると発表した。合流に伴う民進党出身者は計110人。若狭勝前衆院議員は、公認された候補は全員、憲法改正に賛成する立場だとの認識を示した。

立憲民主党と共産党は選挙協力の動きを見せた。

自民党は公認が未定の選挙区の対応に関し、二階俊博幹事長らに一任すると決めた。

小池氏は1次公認について「一つの旗の下、集ってくれた。同じ方向を向きながらそれぞれが戦える態勢を整えたい」と都内で報道陣に語った。

④小池氏、衆院選出馬を改めて否定 「100パーセントない」

2017年10月3日 共同通信・東京新聞

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017100301002000.html

新党「希望の党」代表の小池百合子東京都知事は3日、自身の衆院選出馬について「100パーセントない。最初から申し上げている」と改めて否定した。出張先の鹿児島県庁で五輪関連イベントに出席後、記者団に述べた。

小池氏は、小泉純一郎元首相から「都知事で頑張れ」と言われたと説明。「(小泉)進次郎さんが(出馬を求めて)キャンキャンとはやし立てるが、お父さんと約束しているから出馬はない。都知事としてしっかりやっていく」と断言した。

希望の党が掲げる「原発ゼロ」の実現性を問われ「原発ゼロはできないのではなくて、これから意思を持ってどうするかだ」と強調した。

⑤カタルーニャがゼネスト実施へ、スペイン警察に抗議 大学や観光名所も

2017年10月3日 AFP日本語版

http://www.afpbb.com/articles/-/3145307?cx_position=19

【10月3日
AFP】スペイン北東部カタルーニャ(Catalonia)自治州で実施された独立の是非を問う住民投票をめぐり、政府管轄の治安警察が実力行使で投票所の封鎖を強行したことに抗議するため、同州全域で3日にゼネストが予定されている。

複数の労働組合が警察の対応を「強硬に非難する」としてストライキを呼び掛けていることから、航空便や列車の運行、港湾業務などに影響が出る可能性がある。

州都バルセロナ(Barcelona)にある複数の公立大学やサッカースペイン1部リーグFCバルセロナ(FC
Barcelona)のほか、市内の人気観光地で建築家アントニ・ガウディ(Antoni
Gaudi)が手掛けたサグラダ・ファミリア(Sagrada
Familia)教会や現代美術館などもストに突入する予定だという。

州政府は投票の結果について独立賛成票が90%に上ったと発表しており、カルレス・プチデモン(Carles
Puigdemont)州首相は「このストライキは広く追随されるものと確信している」と語った。

一方、中央政府は国内総生産(GDP)の2割を占めるカタルーニャ自治州の独立阻止を明言しており、住民投票を違憲とみなし「茶番」だと一蹴している。

⑥地球の生命、隕石落下の「暖かい池」で誕生か 研究

2017年10月3日 AFP日本語版

http://www.afpbb.com/articles/-/3145364?cx_position=15

【10月3日
AFP】地球上の生命はどのようにして始まったのだろうか──。数十億年前に「暖かい池」に飛び込んだ隕石(いんせき)が、生命の材料の形成に不可欠な要素をもたらしたとする仮説を裏付ける研究結果が2日、発表された。

カナダ・マクマスター大学(McMaster
University)が発表した研究の概要によると、今回の論文は天体物理学、地質学、化学、生物学などにおける「綿密な調査と計算」に基づくものだという。

このいわゆる「小さな暖かい池」が生命を育んだ可能性については、進化論の父として有名な英生物学者のチャールズ・ダーウィン(Charles
Darwin)が1871年に友人に宛てた手紙の中で言及している。

研究者らはそれ以来、生命が出現したのは池の中か、海底の熱水孔かをめぐって論争を繰り広げてきた。

今回の研究は、池の中の方がその可能性がはるかに高かったことを明らかにしている。その理由は、池の中にある基本的な分子の構成要素が結合して自己複製するリボ核酸(RNA)分子をつくるには、湿潤から乾燥に至るサイクルが必要だからだ。

論文は、このRNA分子が地球上の生命の最初の遺伝情報を構成し、その後にDNAが登場したとしている。

論文の共同執筆者で、独マックス・プランク天文学研究所(Max Planck Institute
for Astronomy)のトーマス・ヘニング(Thomas
Henning)氏は「生命の起源を理解するには、数十億年前の地球の状態を理解する必要がある」と指摘。「今回の研究が示しているように、生命起源の謎に対する答えの肝となる部分を天文学は提供している。太陽系がどのようにして形成されたかに関する詳細が、地球上の生命の起源に直接的な影響を及ぼしている」と述べた。

今から45億年前から37億年前までの間、地球には現在より約8~11倍高い頻度で隕石が衝突していた。

論文によると、当時の地球は、大気の「主成分が火山ガスで、大陸が全球海洋から隆起している途上だったため、乾燥地に乏しかった」のだという。

最終的に、RNA高分子化合物を形成するために必要な構成要素は、降雨、蒸発と排水のサイクルを通じて、池の水位が上下する中で十分な濃度に到達した。そして、この初期のRNA生命体が進化して、高等生物の遺伝子の青写真であるDNAの出現を引き起こした。

今回の論文の完全版は、査読学術誌の米科学アカデミー紀要(PNAS)に掲載されている

(3)今日の重要情報

①希望の党が候補者に党への上納金500万円

銭ゲバ・希望の党が候補者に党への上納金500万円を要求!
民進党の政党交付金も自分たちのものに

2017.10.03 Litera

http://lite-ra.com/2017/10/post-3487.html

小池百合子・希望の党代表が公認候補予定者との“ツーショット写真”に3万円を徴収したことが波紋を広げている。政党の代表が候補者と写真を撮るのにお金をせびるなんて聞いたことがないが、報道によれば、この異例の“撮影会”には現金を握りしめた候補予定者が列をなしていたという。まるでアイドルの「チェキ商法」みたいではないか。

もっとも、小池氏と希望の党の“銭ゲバ”ぶりはアイドル商法とは段違いだ。当初から、民進党議員の“引き抜き”は金庫のカネ目当てだと指摘されてきたが、ここにきて極めてエゲツないカネ集めの実態が次々露呈している。

たとえば、しんぶん赤旗9月30日付の記事によれば、小池代表は、民進党を離党して希望の党の公認を希望する前議員に対し、公認申請料として300万円、それ以外に党への寄付金200万円の計500万円を振り込むよう求めていたという。また、日本経済新聞(10月2日付)は、1日に開かれた都内での候補予定者向けの会合で、側近の若狭勝氏が「皆さんは公認内定者だが、今後の調整次第で内定取り消しもある」と述べ、小選挙区と比例代表の重複立候補を望む新人に対し〈供託金や党への寄付金など計700万円をすぐに用意するよう要求し、出席者からは困惑の声があがった〉と報じている。

つまり「公認をもらいたければカネを出せ」ということらしいが、立候補に必要な供託金や、選挙活動のための資金を自前で賄えというだけでなく、党への寄付金まで要求するとは、もはやヤクザの“みかじめ料”さながらである。

しかも、公認希望者がウン百万円もの大金を支払う意思を見せ、公認内定を水面下でもらっていても、本当に希望の党から出馬できるのかわからないというような、驚くべき状況すら起きているらしい。毎日新聞9月30日付記事がある〈西日本の小選挙区で希望の党からの出馬を目指す男性〉のエピソードを報じている。

記事によると、この出馬希望者の男性は、9月16日に若狭氏が主催する「日本ファーストの会」の政治塾・輝照塾に参加し、そのわずか3日後に電話で若狭氏から出馬を打診された。そのとき男性は「供託金と新党事務費の計700万円を用意できるか」と聞かれたが「全力でやります」と即答。その後、若狭氏からの連絡で「あなたが希望する選挙区で決まった。準備を始めてほしい」と告げられたという。

衆院選小選挙区の供託金は300万円だから、400万円が新党事務費、つまり、希望の党への“上納金”ということだ。

希望の党が候補者に要求している上納金は400万円?500万円

ところが、小池氏が希望の党の旗揚げを表明した9月25日の翌日ごろから突然、男性は若狭氏と連絡がとれなくなったというのだ。

すでに、この男性は事務所スタッフや選挙カーの確保、のぼりなどの選挙用の備品も調達していたというが、例の「供託金と新党事務費の計700万」のための振込用請求書すら届かない。そして、9月29日になってようやく若狭氏から携帯電話に届いたメールには、無慈悲にも公認について「調整中です」との文言が書かれていたという。

もし、この男性が希望の党から出馬できなければ、“公認するする詐欺”とでも呼ぶ他ないだろう。いや、それ以前に、そもそも公認をちらつかせながら、「寄付金」や「公認申請料」、あるいは「新党事務費」等の名目で大金をふんだくるなんて、そんなあこぎなやり方が許されるのだろうか?

もともと、国政政党は候補者の囲い込みの意味もあって、政党の金から供託金や選挙資金などを「公認料」などと称して候補者に与えることが多いが、もちろん「公認をカネで売る」というようなことはないわけではない。たとえば2012年衆院選の際の日本維新の会(大阪維新の会の国政進出)の場合、基本的に供託金と選挙資金は候補者の自己負担、ほか「広報費」名目で候補者から党が100万円を徴収していた。だがそれでも今回の希望の党のように、「寄付金」や「公認申請料」として500万円もの大金をせびるというのはかなり特殊なケースと言っていいだろう。

希望の党は公認候補者について、表向きは「政策や理念で一致できる人」などと言っているが、結局、金を持っている人間しか立候補させないということだ。

これは、民進党との合流についてもまったく同じことがいえる。

小池代表は9月29日の会見で「(民進党の)お金欲しさに(合流した)うんぬんと批判される方、それは全くの間違いでございます。今回、しがらみのない政治をやっていくためには、お金のしがらみからつくってはいけません」とうそぶいていたが、よく言えたものだ。薄汚いほどの“カネ目当て”は誰の目にも明らかだろう。

前述したとおり、民進党が持っている約150億円とも言われる巨額の資産が目当てなのは間違いない。実際、民進党はこれまで候補者に「公認料」を渡してきたが、今回も希望の党への合流組には2日までに一人頭約2000万円の金が配られているという。そして、読売新聞の報道によれば、民進からの希望合流組の人数は約130人。ざっくり見積もって30億円近くと思われる莫大なカネが、事実上、民進党の金庫から希望の党のフトコロに入るわけだ。

政策協定書に「党の支持する金額を提供しろ」の文字が

しかも問題なのは、その民進党の金庫に収まっている金の多くが、政党交付金ということだろう。政党交付金は所属国会議員の人数などに応じて国庫から支出されるもので、いわずもがな原資は国民の血税だ。つまり、民進党には16年度に約93億円、17年度もすでに半分の約44億円が交付されているが、そのほとんどが、民進党の合流というかたちで希望の党に移されることになるのである。

総務省によれば、政党交付金の交付を受けた政党は解散などによって政治団体でなくなった場合、総務大臣によってその残額の国庫返還が命じられる(事実上の返還義務)。逆に言えば、今回の総選挙にあたって民進党を解党せずに「民進党所属のまま希望の党の公認を得る」という奇天烈な形式にしたのは、希望の党が民進党の政党交付金を“略奪”するために他ならないのだ。

資金調達能力の有無で公認候補者を選別し、他党の政党交付金を抜け道的なやり口でまんまと手中に収める──結局のところ、こうした希望の党の“銭ゲバ”体質が意味するのは、重要なのはとにかくカネをかき集められるかどうかで、候補の政治家としての能力など二の次ということだ。これがいま、メディアで注目を集めている小池新党の偽らざるレベルなのである。

しかも、どうやら希望の党は、民進党からの合流希望者には、いま報じられているような500万円や700万円どころではなく、“言い値でカネを持ってくること”という条件までつけるらしい。2日付の読売新聞が、合流組に署名をさせる「政策協定書」の最終案の全文を報じている。

〈私は、希望の党の公認を受けて衆院選に立候補するに当たり、以下を順守すること、当選した場合には希望の党の所属する会派に所属して国会活動を行うこと、希望の党党員として政治活動を行うことを誓います。〉

こう始まる「政策協定書」最終案には、順守すべきことのひとつとして〈本選挙に当たり、党の指示する金額を党に提供すること〉とある。ようするに、希望の党が「お前は10億円を貢げ」と言えば、合流希望者はその金額を差し出さねばならないのだ。悪徳闇金融も真っ青な話だが、だいたい“言い値でカネを持ってくること”なんて「政策」でもなんでもないだろう。頭のネジがぶっ飛んでいるとしか言いようがない。

政策協定書に「改憲」はあるのに「原発ゼロ」はなかった

しかも、読売が報じた「政策協定書」最終案には、他にもトンデモなことばかり書かれていた。項目は全部で8つあるのだが、そのなかには〈限定的な集団的自衛権の行使を含め安全保障法制を基本的に容認し、現実的な安全保障政策を支持すること〉〈憲法改正を支持すること〉など、リベラル派根絶のための“踏み絵”はもちろん、さらには〈外国人に対する地方参政権の付与については反対すること〉なるものまで含まれていた。小池代表の本質たる極右排外主義がにじみ出ていると評さざるをえない。

 希望の党はそのあと、内容をややソフトに書き換えたものに差し替えたが、それでも本質は何も変わらない。そして、もうひとつ注目すべきなのは、この「政策協定書」最終案でも、変更後のものにも、「原発ゼロ」が一文字も存在しないことだ。小池代表は、希望の党の結党表明時に「原発ゼロ」を目玉公約として打ち出し、安倍自民党との差別化をはかったが、それからわずか一週間で脱原発に本気で取り組む気などまったくないことをさらけ出したわけである。

本サイトはもともと、希望の党が「原発ゼロ」をぶち上げたときから、小池氏がこれまで脱原発的スタンスをとったことが一度もなかったことや、ましてや過去の雑誌での対談のなかで“東京への核ミサイル配備”まで賛意を示していたことなどを根拠に「選挙のためだけのインチキだ」と指摘してきたが、それにしても、こんな一瞬で本音が露見するとは驚きである。

しかし、これではっきりしただろう。いずれにせよ、小池代表率いる希望の党の頭のなかは、どうやってカネを集めるかばかりで、文字通りの“「原発ゼロ」白紙化”に象徴されるように、改憲や安保など安倍自民党と瓜ふたつの政策の他はたんなる選挙対策のハリボテにすぎないということだ。

「反安倍で野党の一本化」などという夢を見ている人は、たいがい目を醒ましたほうがいい。安倍と小池という独裁者気質のポピュリストによる“極右二大政党制”が誕生した暁に、この国がどこへ向かうのか。現実的に考えるべきである。

(編集部)

(4)今日の注目情報

①ブラックリストの芸能人、国情院の予告どおり追い出し

2017.09.30

http://japan.hani.co.kr/arti/politics/28614.html

ハンギョレ21、国情院の文書内容を確認
李明博政府時代の国情院のいわゆるブラックリスト芸能人に挙げられ退出させられた放送人と芸能人たち。

左側から放送人のソン・ソッキ、キム・ミファ、キム・ジェドン、映画俳優のキム・ミンソン「4月にキム・ミファ」「7月にキム・ヨジン」も取り上げ 芸能人追い出し時期など細かく記載 
 
オン・オフ「世論工作」試みの情況も 
保守マスコミ協力下に不正疑惑が浮上 

国家情報院(国情院)の「ブラックリスト芸能人」追い出し作業は想像以上だった。29日、「ハンギョレ21」が確認した芸能人ブラックリストに関連した国情院の文書14件の内容によると、国家情報機関が全方位的に、また持続的に該当する芸能人たちの追い出しに尽力した具体的な情況を把握することができる。

まず、国情院がブラックリストの芸能人らの追い出し時期と方法まで子細に言及した部分が目を引く。2011年7月に作成した「MBC左傾向出演者の早期追い出し施行」報告書によると、「4月にキム・ミファ、7月にキム・ヨジンを降板」、「後続措置としてユン・ドヒョン、キム・ギュリを8月ごろ交替予定、10月秋の改編の際にシン・ヘチョル、キム・オジュンも降板させ交代させる方針」など、多くの芸能人らの追い出し時期と方法を言及している。実際、ユン・ドヒョンは同年9月に文化放送のラジオ番組「2時のデート」から、キム・オジュンは10月に「風変わりな相談所」からそれぞれ降板した。

オン・オフラインの「世論工作」が試みられた情況も見られる。「VIP(大統領を指す)に言葉テロを加えて国家元首の名誉を失墜」させたと名指された放送人のキム・グラや歌手のキム・ジャンフンの場合、「アンチ勢力を活用した萎縮」を試みた。実際、国情院が報告書を作成した時点を基点に、キム・グラの場合、過去の暴言の動画などがコミュニティサイトに配布され、キム・ジャンフンは偽りの寄付論議に巻き込まれた。当時は国情院心理戦団と軍サイバー司令部の活動が活発だった時期でもある。

ブラックリストの芸能人追い出しのために保守的なマスコミを言及したことも注目に値する。国情院は文書の「措置および考慮事項」に「(保守マスコミの協力下で)不正疑惑を浮き彫り」にし、「不信の世論を造成」と言及している。同年9月の報告書にも「(左派の芸能人の)放送会社の経営陣と協力し、現業の復帰遮断、永久退出、即時退出対策を講じる」などとともに「保守メディアを通じて雰囲気づくり」という部分が再度登場する。この報告書には「キム・ミファ、ソン・ソッキなどが(依然として)健在だ」という評価とともに「左派の芸能人に対する温情主義の拡散の兆候を厳しく談判」という言及も出ている。追い出し対象者に対する擁護世論に積極的に対応したことを思わせる内容だ。

同年10月26日に作成された「文化芸能界の左派の実態および純化策」報告書も衝撃的だ。この文書は「左派の芸能人に対するオン・オフ対応活動で純化および追い出しの世論づくり計画」を明らかにし、中心の問題人物100人余りを取り上げもした。映画監督のパク・チャヌク、ポン・ジュノの場合「左傾向の映像制作で政府に対する不信感のを注入」などの“罪状”を挙げた。2009年当時、パク監督はソン・ガンホ主演の映画『渇き』、ポン監督はウォンビン、キム・ヘジャ主演の『母なる証明』を開封している。また、主要な標的であるキム・ミファと歌手のユン・ドヒョンには「旗デモとコンサートで若者層のゾンビ化の先頭」に立ったと指摘した。

さらに、国情院は11月5日に作成され「従北勢力追い出し心理戦の強化」という文書の題から分かるように、ブラックリストの芸能人たちを「従北」(北朝鮮盲従)フレームにまとめ、管理しようとしたものと見られる。「強硬派は徹底管理」という内容の後に「シン・ヘチョル、キム・ミファなど各省庁、自治体、経済団体が協調」となっており、彼らを排除するための作業がどこまで及んだかをうかがわせる。国情院はコメディアンのパク・ミソンと歌手のイ・ハヌルに対して「広告主にモデルの交代を圧迫」しなければならないともした。

結局、国情院の主な追い出しの対象だったキム・ミファは2011年4月、文化放送ラジオから降板した。これに対して構成員たちが反発すると、文化放送はハン・ハクス、イ・ウファンPD(プロデューサー)などに対して1カ月後に非制作部署への発令を下した。いわゆる「配所」の人事の信号弾だった。

キム・ワン、チョン・ファンボン「ハンギョレ21」記者(お問い合わせ
japan@hani.co.kr )

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************

前原誠司外相が、「北朝鮮の工作員」と「米国CIA要員」という「二重スパイ」の嫌疑をかけられる(板垣英憲)

◆〔特別情報〕
 「前原誠司前外相は、『北朝鮮の工作員』、『米国CIA』でもあり、二重
スパイではないか」という疑惑が、巷で取り沙汰されている。以下、疑惑の数
々を列記しておこう。

 ①部落解放同盟青年部長を務めていた。(いまは、経歴から外している)
 ②京都府会議員時代の1992年、「日朝友好京都議員連盟代表」として北
朝鮮を初めてした。北側から休戦ライン板門店まで見て回わる。。
 ③支援者である北朝鮮系企業の絹織物会社である河村織物株式会社の相談役
となる。伝統的な手作業を守ってきており、皇室に最高級シルクを納品する有
名な会社である。河村織物が北朝鮮に工場を建設する計画を立てる。その際、
関西地方の大物在日工作員を介して北朝鮮と折衝する。
 ④国会で、日本政府が北朝鮮による日本人拉致事件の解決に専念。その最中、
朝鮮に友好的な国会質問を繰り返し行う。
 ⑤北朝鮮が河村織物の要望を聞き入れて工場建設を認める。この際に、北朝



http://foomii.com/00018/201108290700005276  

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

RSS

© 2018   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約