研修プログラム開発チーム:参加希望者ルーム(公開)

情報

研修プログラム開発チーム:参加希望者ルーム(公開)

プログラム開発チームへの参加希望者はご参加ください。

メンバー: 25
最新アクティビティ:5 月 16, 2016


非公開ルームへの参加を希望されるメンバーはお申し出ください。友達申請を承認されれば招待状を送付します。

メンバールームからウエノさんの発言を転載します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今、このソーシャルネットワークを母体とするが銀河連邦日本おこなおうとしていること、そして、その代表である古谷さんがおこなおうとしていること は、歴史的にも、世界的にも、慎重に事をすすめていくことが大切なイベントであるということは、共通理解の上であると思います。

まず、スケジュールの3段階構成は問題ないと考えます。しかし、個々のスケジュールスパンにおいては、もう少し期間をそれそれの項目ごとに検討する必要があると考えます。

 

その理由として、社会的なスペースファミリーへの受容の期間が短すぎるということがあげられます。物理的に身体を持つ私たちは、生存保存の法則と して、未知なるものに対して、強い警戒心を抱きます。ですから、この期間を短くすることは、スペースファミリーの存在を脅威的な存在として誤認させる可能 性があるからです。

また、スペースファミリーと共同で作業をおこなっていくにあたり、もう少し、私たち自身がスピリチュアルレベルを上げる必要があるかもしれませ ん。高次元の世界では、自らの考えや感情において、隠せるものは何一つありません。考えや感情と行動が異なることは、3次元ではあたりまえですが、まず、 できないのです。

 

そのプロセスで、エゴからくる不安や恐怖、ネガティブなものを適切にとらえつつ、愛と平和の上に立つことが要求されてくるわけですが、この段階に 至るには、個人が抱える(過去世も含めた)あらゆるものの浄化とインナーチャイルドの癒しが必要になると考えられます。この期間は、人によって、さまざま でしょうが、嫌な面と向き合うことの期間ですから、楽しいものではありません。時において、自分は退行しているのではないかと感じてジレンマを抱えること もある時期を乗り越えなければいけないようです。

しかし、このプロセスが終盤に来ると、スペースシップでのコミュニケーションの仕方が大方身についていて、特に驚くことでもないようになってくるのではないでしょうか。

まずは、社会的な受容を促す時期に、私たち自身がスピリチュアルレベルを上げて今後に備える準備期間を設ける、いわゆる研修期間みたいなものが必要になってくると考えられます。

私たち一人一人のスピリチュアルレベルが上がれば、議論される内容が変化してきます。

一人だけ上がればよいのではなく、少なくとも今回のイベントに協力し、スペースファミリーと協力して地球再生プロジェクトに参画していただける方のレベルを上げる必要があるのです。

これがなされなければ、官公庁、メディアへの対応といったものが適切なレベルでなされない可能性が高く、社会的な受容を促していくことが困難になると考えます。

スペースシップへの乗船は、そのあとではないでしょうか。

地球、少なくとも日本を代表してスペースシップに乗るのであれば、スペースファミリーと対等に対応できるレベルにメンバーの研修を行う必要があると考えます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【2013年オープンコンタクト計画】(案)

<オープンコンタクト準備段階>9月24日(火)ー10月12日(土)

非公開のオープンコンタクトメンバールーム(研修会)を設置する。

研修会でETコンタクトの準備を進める。

<オープンコンタクト第1段階>10月13日(日)ー11月30日(土)

各地でミーティングを開催する。
銀河連邦に予定を知らせて、デモンストレーション飛行を要請する。

遠隔コンタクトを実施する。

<オープンコンタクト第2段階>12月1日(日)ー

近距離コンタクトを実施する。

銀河連邦メンバーとの対面コンタクトを開始する。

<オープンコンタクト第3段階>未定

スペースシップ乗船
この段階で記者会見を行いメディアに報道を要請する。
銀河連邦と共同で地球再生プロジェクトを開始する。
政党関係者との打ち合わせを開始して、放射能汚染浄化活動を開始する。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ディスカッション フォーラム

【読書会】プレアデス覚醒への道(太陽出版)

続行

タグ:healing

"古谷 茂 10 月 11, 2013" さんが開始。

コメント ウォール

コメント

コメントを追加するには、研修プログラム開発チーム:参加希望者ルーム(公開) のメンバーである必要があります。

8:42am の 5 月 16, 2016 にある 結暢子 のコメント
必ずその日は来るから毎日を目の前にある問題や課題を出来るだけ心から取り組み、ただ生きて行く
結果は求めずに
信じる、既に寝てる時や覚えてなかったりするが、コンタクトはあるかもしれませんし、意識や想念は時間空間超えて伝わる事があるのを確認したから
見えないトリッキーな意識を構いたい〔自分の中の捨てた方がいい意識、〕

肉体着てると忘れさせられたり、五感が邪魔したり、自己保身から来る全体一体感からの分離など、しんどいですね

次に行く地球は幽界、五次元?
既に出来てるそうですね

意識を持ったまま、肉体の質量が変わると聞きました。
寿命も長くなると聞きました。
ただ今心を開き、意識を柔らかくしないと〔お金や個人、自分の家族だけ幸せにという思想の人〕、変化は破壊として捉える人もいるから、ふれあいながら〔言葉だけでない心を込めた情報共有〕
はあるといいのかなとも感じます
何が大切かを再確認するのは
3:13am の 5 月 16, 2016 にある 古谷 茂 のコメント

アセンションのプロセスは各個人の資質と状況に応じた固有の道であるために、それぞれが試行錯誤して自分の道を切り開くしか方法がないのかもしれません。公式コンタクト開始後にアセンディドマスターが地球を訪れて、直接指導を受けるのを待つしかないのでしょうか?それとも、メンバー同士で情報を共有しあいながら共通の方法を探し出すことは可能なのでしょうか?現在の私には答えが見えません。

11:54am の 5 月 14, 2016 にある 結暢子 のコメント
情報の共有にちいては、直接に会うのが必須または重要と思います。
今伝えることが出来るとしたら、瞑想
メディアを疑う、
発している情報がヒーロー思想でない事
普遍な事
自然の触れ合いに叡智があること
宇宙エネルギーの物を親しみ触れ合い取り入れる

自我を極力縮小して全体を感じる事

広大無辺な事に思い込みや物差しを解放して行くこと

それには瞑想だけでなく、子育てや
様々な事を通してでしたが
人知を超えた場所に同調するには、調和やエゴのなさ
また様々な要因や宿命などうまく短く伝えれず
すみません
個人名、製品名はあえて割愛しました。
2:50pm の 5 月 9, 2016 にある 古谷 茂 のコメント

研修プログラムは私たちにも未知の領域です。結暢子さんを非公開ルームに招待しますので、ご自分の研究された方法をご報告ください。

1:47pm の 5 月 9, 2016 にある 結暢子 のコメント

よろしくお願いします 

 波動を上げようとしたり思いやりの心を内観したり色々と工夫や勉強しています 

いろんなやり方や試みに興味があります

12:03pm の 3 月 3, 2016 にある 野々井完誠 sadanobu のコメント

皆様はじめまして。四国、特に香川はこおいった情報が伝わってきにくい地域です。最近の情報・状況を知りたくて参加させていただきました。今後とも宜しくお願いします。

9:35am の 10 月 30, 2015 にある タイムマシン のコメント

素晴らしいです 非公開ル一ム参加熱望いたします よろしくお願いいたします( ^∀^)

9:23am の 10 月 30, 2015 にある タイムマシン のコメント

よろしくお願いいたします(*´∀`)ノ

3:38am の 4 月 27, 2015 にある 古谷 茂 のコメント

友達リクエストに承認をお願いします。

折り返し非公開ルームへの招待状をご送付します。

詳細はまた・・

8:33pm の 4 月 26, 2015 にある 前野和彦 のコメント

古谷様、非公開ルームへの参加を希望します。よろしくお願いします。
波動を上げるには、ヒーリングが有効かと思います。私はヒーラー、クレアボヤントです。

 

メンバー (25)

 
 
 

© 2017   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約