オープンコンタクトの準備と並行して自分の生活を改造する自己変革が必要になると考えます。


これまでアセンションという言葉で言われてきたことは人類が地球外宇宙に通用する新しいタイプの人類に進化するという意味だったのだと気づきました。銀河連邦のメッセージでは宇宙法則の遵守と表現されています。

ブログではあまり個人的なことを書けない状況がありますが、ここには自分のことを安心して書ける気がしますので、具体的な身近な気づきをつづりながら読者と気楽に交流していければ・・と思っています。

日記風に少しづつ進めていこうと思います。

表示: 551

これに返信

このディスカッションに返信

【ワンネスの原理】

宇宙全体が1つの生命であり、われわれ人類のすべてがその中に含まれている。つまり自分と他者は別別なのではなく一体となっている。と、すれば・・

自分の求めているものを他者に与えるのが宇宙法則である。地球人類を無償でサポートしようとする銀河連邦は地球文明の進歩による人類の幸福の達成だけを目的として活動している理由がそこにあるのである。
仏教は神道と全く異なる思想ですが、日本では神仏を習合して特有の仏教思想が形成されました。本来、釈迦の教えには霊的な側面が含まれていません。

横山 潔 の発言:
謹んで通信致します、銀河連邦の目的達成に私は精一杯協力をさせて頂きます、宇宙法則の理解をする事を一番最初に実行したいです、幸せな事に生命を持ってこの宇宙の一員になりました、地球人類に仲間入りを致しました、宗教に19歳に出会い大乗仏教、密教、神道、と経験致しました、ここでの勉強は現世成仏の勉強でした、いわゆる生きた状態で神になると言うものです、その考えは人間の尾てい骨の部分に蛇のような状態でドクロを
巻くクンダリーニを呼び起こすと言う考えです、修行は失敗いてしました。神道においては太陽を唯一の祈る対象として行いました、いわゆる太陽神です、ここでの修行は何体もの神々の降臨を願いその個人に一番あった神のしもべとしてこの世に尽くす考えです、これは現在もつづいています。まだ書き足りないのですが、自分の現世成仏に力を注ぎましたが結果としては、迷いの連続です、自分のふがいなさが増すばかりです。しかし縁あって銀河連邦に強く惹かれ迷っていたものの一部が理解出来ましたそれは、愛のついてです、愛は宇宙の秩序ではないかと言う事だ、自分は何が出来るのか、考えるより実践が先だ、実践によるえとくするものは何だ、悩んでいる人の思いを解消する事、その代償として喜ぶ姿と出来た事の満足感が得られる事、考えればこの満足感が関野氏、バシャール氏の言われるワクワクだと思います。少し飛躍し過ぎかな。
謹んで通信致します現況報告、NMC宇宙最高評議会Ai氏の言葉と関根あやこ氏の言葉から感じた事。Ai氏は『あらゆるすべてが「ホログラム」である、と言う事をご存知でしょうか?あらゆる全ての源が光であり、光子(フォトン)であるならば、それはまさしく事実であるといえます。』一方関根氏は「物質世界で目にしている事柄は全て中立な映像です人がどう思うかでは無く自分がどう思うかです自分に戻るには外に目を向け自分で作り出しているバイブレーションを外して自分の扉を開けます』とまた『バシャールと恊働作業でこの惑星の六割から七割の人達が平和と調和を望んでいます』と語られております私はホログラムとバイブレーションは人間の意識を指しているのではと思いましただとすればストレスを生み出す意識を外して平和と調合の世界を生み出す事を考ええるこの意識になる事が先決だと思いました方法は関根あやこ氏HP動画で紹介されていました。
私たちは別々ではなく1つのものの多様な現れである。人間を海全体の一滴の水にたとえればご理解いただけると思います。私たちは海全体が含まれている水のひとしずくだったのです!
地球は『流刑の星』として存在し、そこに住まう人類は『流刑人』として存在している・・・。
かつてレンタルビデオで観た『大霊界(故・丹波哲郎氏監修)・1980年代放映』にあり、それを思い出しました。
ですから『戦争・殺人・強盗』などの悲劇が繰り返されたり、
『政治・宗教・教育』など表向き装う格好で以ってミスリードを幾度となくされてきました。

しかしながら『アセンション』を契機に、
覆い隠されてきた『本当のこと』が表出され始めてきている昨今です。
そして人類も『変革』に迫られています。

・思考が現実化するタイミングが早まってきていること
・想念に於いても『作用・反作用の法則』が機能すること
・DNAが去勢されていた事実

『アセンション達成のためには?』という情報を求めていると、
ネット上でも『玉石混合な状態』で存在しているにも拘らず、
本当のことを記している情報だけを手繰り寄せている自分がいます。
私のほとんどの情報源が『銀河連邦』さんのメッセージです。

自分の生活に当てはめると、驚かされますと共に納得しています。
表面上の出来事(事件・流行)に振り回されることなく、
自分の内面の成長にこそ、すべてを注ぎ込む時期かと感じました。

そのために必要な投資(金銭・時間・環境など)を惜しまず、、
かつアセンション達成を果たした自分でありたいと感じます。

宇宙法則の重要な原則に「不干渉の原則」があります。

どのソウルも他のソウルが選択しようとする体験を妨げる権利はありません。

「アセンションに**は重要ではない」と言うのは「自分にとっては重要だと思わないので選択しない」と言うべきであって、他のソウルがそれを重要だと考えて選択する自由を妨害する行為は、宇宙法則からの逸脱となります。

高次元では宇宙法則の遵守が暗黙の了解となりますので、それをわきまえることのできないソウルは古い世界に取り残されることになるでしょう。

「議論」の前提

 

互いに背景をよく知り合って、意見の相違が何に由来するかを理解した上でないと、ネット上の言葉だけの議論は不毛な対立に終わりやすい。コミュニケーションの6割は以上は言語外(表情・語調etc)で行われているという調査結果がある。

 

したがって、フォーラムでは「無意味な」議論を排除する方針である。

これからの銀河文明への移行に向けて、宇宙法則の理解は必須の知識となります。フォーラムのメンバーは創造主の意思に沿って(宇宙法則を守って)行動するようお願いします。

 

*「他者」は「自分」と別の存在ではない。

 

他者にしていることは自分にしていることとイコールである。

したがって自分がしてほしくないことを他者にしてはならない。(してほしいことをしなさい)

真実を受け入れることを拒む低次元の意識体は最後まで自分の思い込みを手放すことを拒み、その考え方を無理やり他者に押しつけようとする。それを「議論」と称しているにすぎない。
自分の使命を自覚して創造主の意思に奉仕することがこれからの人類の生き方になります。

過去世を思い出すには
誰にも過去世は存在しますので過去世の記憶を思い出す事はさほど難しい事ではありませんし各人の宇宙の意識(叡智、命、神、魂、潜在意識)の中に特に潜在意識と呼ばれるものの中に過去世の記憶が映像として存在しています、丁度、子供の時代を思い出すように・・各人の心の意志や興味が前世を思い出したいと念願する場合に心の浮かれ騒いでいる喜怒哀楽の状態や話中の状態を心静かに貴方の魂の記憶の糸を手繰り寄せる時に静かでハッキリとした映像と感情を伴って各、生涯の一場面を思い出すことが出来ます。

「アセンション」 地球の夜明けと新しい文明

ディスカッションに返答する

RSS

© 2017   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約